管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

銀行カードローン

銀行カードローンの申し込み

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の特徴

三井住友銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンの特徴

新生銀行カードローン レイクの特徴

東京スター銀行カードローンの特徴

カードローンを申し込む時に大切なのが会社選びです。
カードローンと一言で言っても各社様々なサービスを提供しており、そのサービスは一様ではありません。

ゆえに、どのカードローン会社を選択するかによって、メリットデメリットも異なってきます。
そこで、ここでは銀行系のカードローンから見ていきましょう。

銀行カードローンの有り余るメリット

銀行系カードローンのメリットはその圧倒的な信用です。そもそも貸金業界が、なぜ法規制を受けるようになったのか?
そこから考えると銀行系の安心感は絶大と言えますね。問題になったような法外な金利や、違法かつ苛烈な取り立てなども起きようがありませんからね。
「銀行」と言う信用をバックボーンにサービスを提供する銀行系カードローンは安心感と言う意味ではナンバー1と言えるでしょう。

また、信用だけでなく金利面でもメリットが大きいです。圧倒的な資本力からくる金利の低さは他を圧倒します。
上限金利でも10%を切る金利が用意されています。
当然ですが、借入と言うのは金利が低いほど返済が楽になります。しかも、わずか1%違うだけで、返済額に大きな開きが出てくるのが借金でもあるのです。
ですので、返済面の事を考えると、銀行系カードローンの金利の低さは大きなメリットと言えるでしょう。

もう一つ言えば、総量規制の対象外となることです。
総量規制とは年収の1/3以上は借り入れができない規制のことですが、銀行系カードローン会社はこの規制の対象外です。
つまり、自身の年収を超えて大きな借入を行いたい場合は銀行系が最も適していると言うことです。

審査は厳しいという声も…

唯一のネックは、大手であるがゆえに貸し倒れに最も大きな神経を使っており、その審査の厳しさが挙げられます。
有利な点が多い分、他のカードローン会社に比べて利用が難しくなるのが難点と言えるのですね。
最近では、審査も早く借りやすい傾向にある場合もあります。

もう一つ言うならば、借り過ぎる事があると言うことでしょうか。
総量規制の対象外であり年収の1/3を超えて利用できること、金利の低さからくる借りやすさから、借入への心理的な抵抗が小さくなることがあります。
ゆえに、必要以上に借りてしまうことが多々生じていますので、このあたりは注意しておいた方が良いでしょう。

いかがだったでしょうか?

「カードローンを利用するのならば、まずは銀行系に申し込め」の格言通り、最もお得でメリットの大きいのが銀行系カードローン会社なのですね。
信用、金利の低さ、借入額と何をとっても一流ですので、安心して申し込みましょう。

まとめ

①銀行系の最大のメリットは信頼性
②金利が低い
③デメリットは審査が厳しいこと

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ