管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

銀行カードローンは保証会社の審査と契約が必要

銀行カードローンを申し込みをすると、そのまま銀行だけが審査を行っていると思っている方が多いです。銀行ももちろん審査を行っていますが、保証会社というところも合わせて、申込者の返済能力があるのか審査を行っています。

銀行カードローンの商品詳細などの項目を見てみると、「保証会社の保証を受けられる方」というのがあり、銀行カードローンでは保証会社との契約も必要ということになります。

一方で、消費者金融の商品詳細には、同様の内容が書かれている項目は見あたりませんので、保証会社との契約は必要ないということになります。

保証会社の役割は、カードローンの審査をすることもありますが、それ以外に「債権の保全」ということが言えます。銀行カードローンの契約者が、何かしらの理由で返済が滞ったり、返済が不能の状態に陥ってしまった時に、銀行側に債務者に変わって返済をする「代位弁済」を行います。簡単に言うと、保証会社が肩代わりしてくれているとなります。

「保証会社が肩代わりしてくれるなんて、何て有り難いのだろう。」と思うかもしれませんが、返済が滞ってしまった債務者が銀行へ返済することはなくなりますが、返済先が保証会社に変わったということになるだけです。

銀行カードローンが保証人なしで借り入れできるのも、保証会社が保証してくれているからと言っても良いかもしれません。

各銀行カードローンの保証会社

銀行名 保証会社
みずほ銀行 オリエントコーポレーション(オリコ)
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱UFJ銀行 アコム
新生銀行 新生フィナンシャル
楽天銀行 セディナ
じぶん銀行 アコム
イオン銀行 イオンクレジットサービス
オリックス・クレジット
住信SBIネット銀行 オリックス・クレジット
SMBCコンシューマーファイナンス
セブン銀行 アコム
オリックス銀行 オリックス・クレジット
新生フィナンシャル
東京スター銀行 新生フィナンシャル
りそな銀行 オリックス・クレジット
じぶん銀行 アコム
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
スルガ銀行「リザーブドプラン」 スルガ・キャピタル株式会社、ダイレクトワン株式会社もしくは株式会社オリエントコーポレーション

保証会社と聞くと聞き慣れない会社名などがありそうですが、大手銀行カードローンの保証会社は、消費者金融や信販会社がなっています。

1つの銀行で2つの保証会社があることもありますし、銀行が違うと保証会社も違うというわけではなく、同じ保証会社を使っている場合がほとんどです。
ですので、消費者金融ではSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスアコムが、多くの銀行の保証会社として名前があります。
アイフルSMBCモビットが保証会社となっている大手銀行はなく、地方銀行などでは見る事が出来ます。

消費者金融が銀行カードローンの保証会社になった背景

銀行カードローンは、昔から消費者金融を保証会社としていませんでしたし、銀行の融資というのは、カードローンのように保証人なし無担保の融資ではなく、企業向けの融資がメインで、個人向けの融資でも「住宅ローン」や「カーローン」などの保証人や担保が必要なものに限られていました。
その理由は、やはりバブル経済と言われていた、経済が右肩上がりの時代だったからだと言えます。

一方の消費者金融は、個人向けの貸付を行っており、初めの頃の金利は年109.5%の今では考えられない高金利で貸し付けていました。
昭和58年3月以前の話になります。

それから、年月が進むにつれて金利は法律によって下がってきましたが、バブル経済の時の1986年11月では上限金利「年54.75%」や、1991年11では「年40.004%」と、まだまだ出資法の上限金利は今よりも高いものでした。
この頃の消費者金融は多くあり、元気のある時代と言えます。

バブル崩壊とグレーゾーン金利

時代が進んで1991年2月ごろまで続いてバブル経済が、泡のごとく潰れていきました。
企業向けの融資を中心に力を入れていた銀行でしたが、企業がバブル経済の崩壊によって、設備投資の減少や企業自体の業績が悪化していく中、銀行自体の業績も悪くなる一方となっていました。
そこで、目を付けたのが個人向けの無担保融資であるカードローンです。

消費者金融は、バブル崩壊後もまだまだ元気でしたが、2000年6月1日に出資法の上限金利が29.2%となりました。それでも、利息制限法の上限金利20%を超える出資法の上限金利である「年29.2%」で貸付を行っていました消費者金融ですが、利息制限法を超える部分の金利範囲である「グレーゾーン金利」の廃止が決まり、その部分である利息の返還を求められる「過払い金請求」が多発しました。

それに伴い、中小の消費者金融は資金量があまりないために、倒産するところが多くありました。

とは言っても、資金量が十分あった大手消費者金融も、多くの過払い金請求は大変なことで、このままでは倒産してしまうような事態でした。

利害関係が一致した銀行と消費者金融

銀行は個人向け融資をしていきたい気持ちはありましたが、それまで企業向けの融資しかしていないので、どのような審査基準でどのような方に貸付すれば安全なのか、などのノウハウがあまりない状態でした。

そのノウハウを持っているのは、やはり消費者金融でしたし、消費者金融も自力で経営を続けていくのに困窮している状態でしたので、銀行の傘下に入ることで存続していく流れになりました。

消費者金融の今まで多くのデータがある事で、銀行カードローンでも早い審査が出来るのも、そのデータによる審査が出来るからと言えます。

銀行と保証会社の審査基準は違う

保証会社は消費者金融や信販会社が行っているのは分かりましたが、消費者金融でカードローンを申し込むのと、その消費者金融が保証会社をしている銀行カードローンを申し込むのでは、審査基準は違うと言えます。

一般的には、銀行カードローンの方が審査基準は高いとされており、消費者金融の方が審査基準が低いと言えます。その理由として、金利が低かったり、限度額が大きいという面があるからと言えます。

では、銀行を変えても同じ保証会社が審査している場合ではどうでしょう。銀行の特色もありますが、同じ保証会社が審査がしている場合は、多少近い審査基準があると言えます。

銀行カードローンを選ぶ場合には、以前にどの保証会社で審査を受けたのか見てみるのも有効である可能性もあります。もし違う保証会社である場合は、審査に通る可能性があるかもしれません。

保証会社が複数社ある銀行カードローン

1つの銀行カードローンで保証会社が2つや3つと複数ある場合、すべての保証会社の審査に通らなければ、銀行カードローンを契約できないというわけではありません。

審査は両方の保証会社で行いますが、どちらかの審査に通ることが出来れば、銀行としても保証してくれる会社が出来るので、カードローンの契約に進むことが出来ます。

私も地方の金融機関のカードローンを勧められた時に、セディナともう1社の保証会社のあるカードローンの審査を受けた経験があります。

オリックス銀行カードローンの保証会社は「オリックス・クレジット」と「新生フィナンシャル」になっていますし、スルガ銀行「リザーブドプラン」になると3社の保証会社となっています。

絶対ではありませんが、保証会社が複数あると審査基準も違うので、審査に通る可能性は高くはなります。だからといって審査が甘いわけではありませんので、落ちる要素がもとからある方は、どこの銀行カードローンでも落ちてしまいます。

銀行の異動情報は保証会社も記録される

銀行カードローンの審査に無事に通り、お金を借りましたが、何かの理由で返済が出来なくなり「長期延滞」を起こすと、銀行が加盟している信用情報期間「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」に、長期延滞の異動情報が記録されます。

銀行カードローンの長期延滞の時点では、保証会社が加盟している信用情報機関には異動情報は記録されませんが、さらに返済が遅れると、状況は変わります。

銀行カードローンで4ヶ月以上遅れてくると、債務者に変わって保証会社が銀行に返済をする「代位弁済」が行われます。KSCには代位弁済の異動情報が付け加えられることになります。

さらに、保証会社は消費者金融や信販会社がなっていますので、消費者金融などは「JICC」や「CIC」と言われる信用情報機関に加盟しています。加盟先となる信用情報機関に「保証履行」という異動情報で記録されることになっています

銀行カードローンが強制解約になったので、新たに銀行カードローンを申し込もうと思っても、異動情報がKSCに記録されているので申し込みを諦めて、消費者金融を申し込んだとします。

例えば、三井住友銀行カードローンであれば、保証会社は「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」となっているので、プロミスはJICCとCICの両方の信用情報期間に加盟しているので、2つの機関に「保証履行」が記録されます。

ですので、銀行カードローンを避けて消費者金融を申し込んだとしても、保証履行などの異動情報があるので、プロミスに限らず加盟している貸金業者は、異動情報が確認できることになります。

さらに、JICCやCICのどちらかの機関にしか加盟されていない保証会社でも、JICCとCICは情報共有はされているので、ある程度の異動情報は確認されてしまいます。異動情報が確認されてしまうと、新たなカードローンの審査は通ることはないと考えてください。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ