管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

新生銀行カードローン レイクの審査や申込の口コミや評判

カードローン レイク新生銀行カードローン レイクの有名な特徴は、やはり無利息期間のある銀行カードローンです。

かつては消費者金融として営業していましたが、2011年に株式会社新生銀行のカードローンとして取り扱いを開始しました。
銀行系で無利息期間のあるカードローンは、2016年現在ではありません。
ですので、この無利息期間も消費者金融時代の名残でしょう。

しかも、消費者金融のままでしたら年収の3分の1以上の借り入れが出来ない、総量規制の対象ですが、現在は銀行カードローンとなっていますんで、総量規制の対象外になります。

新生銀行カードローン レイクの詳細
実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
4.5%~18.0% 500万円 3,000円
審査 返済方法 返済方式
申込完了画面に表示 ネット返済
ATM返済
銀行振込
口座振替
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
総量規制 担保・保証人 貸付条件
対象外 不要 満20歳~満70歳の原則安定した収入のある方
主要提携コンビニATM
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート

公式サイトボタン

2種類の無利息期間の新生銀行カードローン レイク

消費者金融でも無利息期間サービスは、1社で1つのサービスとなっています。

しかし、新生銀行カードローン レイクでは、2つの無利息サービスから選べます。
それは、通常よく見られる『30日間無利息』と、5万円までの借り入れ分が『180日間無利息』になる2つのサービスです。

2つの無利息期間の条件
180日間無利息 30日間無利息
利用する為の条件
新生銀行カードローン レイクを初めて契約する方
適用金利
12.0%~18.0% 4.5%~18.0%
極度額
1万円~200万円 1万円~500万円

初めて契約される方に限られますが、どこの消費者金融の無利息期間でも初契約の方に限られています。
それと1つ気をつけることとして、「借り入れ翌日」から無利息期間が始まるのではなく、「契約日の翌日」から適用されるので、知らない間に期間が終わっている可能性もあります。

無利息期間のお得な早見表(金利18.0% 返済30日毎の例)
利用金額
5万円 10万円 20万円 30万円
返済回数 1 両方同じ 30日
3 180日 30日
6 180日 30日
12 180日 30日
24 180日 30日

新生銀行カードローンレイクの公式サイトで、この無利息期間を利用した場合の返済シミュレーションで、どちらがどれだけお得になるか検証できるものもありますので、詳しく知りたい場合はされた方が良いです。

平日14時までに手続き完了で即日振込も可能

銀行カードローンは融資までに時間がかかるイメージを、持っている方も多いと思いますが、新生銀行カードローン レイクは審査結果が申込完了画面に表示され、さらにWeb申込の場合、時間内でしたら、即日振込融資可能になっています。

平日の14時までに申込・審査も終えており、本人確認種類などの必要書類の確認も終わっていればOKです。

なぜ平日14時までに完了する必要があるの?

皆さんも振込で経験されたことがあると思いますが、平日の15時以降の場合は「当日扱い」にならないので、即日で振込が出来ない事になります。
ですので、それまでの時間にすべての契約・書類の確認が終えておく必要があるわけです。

自動契約機の利用で早い借り入れを実現

レイクの即日振込が可能な時間帯を過ぎてしまったりすると、振込は翌営業日に回されます。
ですが、どうしても借り入れが当日中に行いたい場合は、レイクのローンカードの利用する事でATMで借り入れが出来ます

しかし、ネット申込の場合は後日に郵送でカードが送られてくるので、手続きなどで5日前後は届くまでにかかってしまいます。

その場合は、レイクの自動契約機で直接カード発行をすれば、その場で受け取ることが出来ます。
自動契約機は8時45分~21時(毎月第三日曜日は19時)まで営業しており、仕事終わりでも立ち寄ることが可能でしょう。

自動契約機だけで申し込みから契約も出来ますが、まずはネット申込で審査まで終えておくと、契約機では契約だけを済ませる事で終わるので、手続きが早く出来るでしょう。

公式サイトボタン

必要書類は事前に準備しておこう

「新生銀行カードローン レイク」で即日融資を希望されている方や、契約までスムーズな流れで終わらせたい方は、やり方は分かっていても、事前に準備する必要書類を用意し忘れていると、その分時間がかかってしまい、無駄に時間が流れてしまうことになります。
あらかじめ、レイクで必要になる書類は、確かめておいて用意できるものは、なるべく早く準備いておく必要があります。

レイクで必ず必要になる書類

新生銀行カードローン レイクを申し込みする場合には、絶対に必要になる書類は「本人確認書類」になります。
これは、他の消費者金融か銀行カードローンでも同じで、本人であることを証明しなければ、カードローンを契約することは出来ません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

レイクで認められている本人を証明する書類は、上記のいずれかの書類になります。
多くの方が運転免許証を本人確認書類として、提出される方が多いですが、その他の書類でも代用できる形になっています。
また、外国籍の方が、レイクを申し込みする際には、「在留カード」「特別永住者証明書」のどちらかを併せて提出する必要があります。

現住所と違うと書類は増える

お金が必要になる時期の1つと言えば、引っ越しされた後などが多いです。
物入りや人付き合いにお金を使う機会が増えます。

そのような時に、レイクを申し込みする時に、免許証などの住所の書き換えをしておらず、現在住んでいる住所と違ってくる場合もよくあります。
そのような時には、本人確認書類とは別に、新たに提出しなければいけない書類が増えます。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

上の中から1点、6ヶ月以内のもので原本を提出する必要があります。
コピーでは不十分になるので、必ず原本を提出してください。

あと、現住所と記載住所の違いだけでなく、自動契約機で運転免許証の提出ではなく、健康保険証の提出になる方は、上記の書類の提出が必要になるので、自動契約機の利用を考えている方は気をつけてください。

必要になるかもしれない書類

新生銀行カードローン レイクを契約する場合に、限度額100万円を超える契約になる時は、申込者の収入を証明する「収入証明書」の提出が、原則必要になります。
レイクは新生銀行である銀行カードローンですので、総量規制の対象外であり、消費者金融の限度額50万円を超える契約よりは、収入証明書の提出が広く設定されています。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 所得(課税)証明書

上記のいずれかの書類1点を提出するようになりますが、すべて前年度のもの、いわゆる直近分である最新の書類に限られています。

申し込みされる方法によって、提出するやり方は変わり、ネットで申し込みされる方が多いので、メール・アプリで提出される場合は、収入証明書を写してイメージ画像として提出します。
自動契約機では、原本をそのまま持って行き、その場で提示する形になります。
郵送の場合は、原本をコピーして提出するようになっています。

上記3点のどれも用意できない場合には、給与明細書の提出でも代用できます。
しかし、給与明細書の場合は、直近3ヶ月の書類の中で、連続2ヶ月分の給与明細書の提出が必要になります。
「氏名(フルネーム)」「発行年月」「発行元」「月収」のすべてが記載されているものに限り、手書きで発行されているものは「社判」や「社印」が必要ですので、確認しておくようにしましょう。

審査の時の在籍確認

カードローンやキャッシングを申し込むと、必ず申込者本人が記入した項目に誤りがないか、確認作業に入ります。
その中の1つとして、勤務している会社に電話連絡をして、本人がいるかどうかの確認をする「在籍確認」が行われます。
新生銀行カードローン レイクでも、在籍確認は必須項目になっており、、レイク公式サイトを確認しても「担当者の個人名」で電話連絡されるように書かれています。
個人名では逆に怪しまれる可能性が高い場合には、「新生銀行名」での電話連絡も可能になっているようで、事前に相談する形になります。

それでも、派遣社員の方などでは、電話連絡などされる事が少ない方などは、なるべく職場や派遣元への在籍確認は避けたいはずです。
そのような時は、社員証や給与明細書などの提出で代用できる場合も、レイクではあるようです。
しかし、高額な限度額の契約時には無理な場合が殆どで、少額の限度額に限られていると言えます。

新生銀行カードローン レイクを検討されている方なら、一度相談される事をお勧めします。

簡易返済シミュレーション

初めて契約される方の多くは、限度額100万円以内のことが多く、その時にレイクで適用される金利は15.0%~18.0%になります。
その金利の範囲の中で借り入れすると、毎月の返済額や支払総額がどれくらいになるのかシミュレーションしてみます。

金利18.0%の返済シミュレーション
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 3,000円 47回(3年11ヶ月) 138,781円
20万円 5,000円 61回(5年1ヶ月) 304,980円
30万円 7,000円 69回(5年9ヶ月) 479,093円
40万円 9,000円 73回(6年1ヶ月) 656,636円
50万円 12,000円 66回(5年6ヶ月) 782,952円
金利15.0%の返済シミュレーション
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 3,000円 44回(3年8ヶ月) 129,554円
20万円 5,000円 56回(4年8ヶ月) 277,250円
30万円 7,000円 62回(3年) 429,331円
40万円 9,000円 65回(5年5ヶ月) 583,115円
50万円 11,000円 68回(5年8ヶ月) 737,762円

表を見て比べてみると当たり前ですが、15.0%の方が支払総額は少なくなります。

その他に、「新生銀行カードローン レイク」では無利息期間もあるので、その期間を利用したり最低返済額よりも多く返済しておくと、支払総額はもっと少なく出来ます。

公式サイトボタン

新生銀行カードローン レイクの口コミ・体験談・評判

男性30代・男性
レイクで当日中にお金を借りられた


アルバイトのお給料だけでは生活費が足りなくなり、新生銀行カードローン レイクにお申し込みしました。
スマートフォンでお申し込みすると、すぐに審査結果が画面上に表示されると、スピーディーなのが良いですね。

審査に通過した後は、銀行口座に当日中に振り込んでもらえました。
家賃と言った急ぎでお支払いしないといけないものもあったので、新生銀行カードローン レイクを選んでよかったです。

新生銀行カードローン レイクでは30日間無利息と5万円まで180日間無利息の、2つの無利息サービスがご用意されていました。
どちらかお得な方を選べるのが良いですね。

サイトでシミュレーションした結果、180日間無利息の方がお得だったのでこちらを選びました。
他の消費者金融のカードローンとあまり金利面では変わりませんが、無利息サービスがあったおかげで利息のお支払い分は少なかったです。

男性30代・男性
新生銀行カードローン レイクからお金を借りてみて


欲しいブランド時計があったのですが、手持ちの現金がほとんどなく、貯金だけでは足りなかったので新生銀行カードローン レイクからお金を借りました。

最初は買い物のためにカードローンからお金を借りていいのだろうかと思いましたが、使いみちが自由とのことで早速お申し込みしました。

パソコンから申込みすると、画面にすぐに審査結果が表示されました。
以前他の消費者金融でお金を借りたことはありますが、最近はこんなに審査結果が早いのですね。

その後に自動契約機へご来店して、カードを受け取りし、カードを使ってすぐにATMからお金を借りることが出来ました。

そのまま欲しいブランド時計を売っているお店に行って手に入れることが出来ました。
セールで安くなっていたので売切れる前にお金を借りておいて良かったです。
毎月の返済も楽でしたし、無利息期間のサービスで利息の負担も軽減することが出来ました。

男性20代・男性
新生銀行カードローン レイクを使用しています


わたしが新生銀行カードローン レイクを、利用しようと思ったきっかけは、友人の結婚式が続けてあったので、祝儀や経費がかかりお金が足りなくなったので、カードローンでキャッシングしようと思いました。

新生銀行カードローン レイクが、テレビコマーシャルでのイメージが良かったので、キャッシングするのなら新生銀行カードローン レイクにしようと思っていました。

カードローンに申し込んでから、審査までが非常にスムーズだったので、とてもキャッシングがしやすかったです。

金利もすごく低くてありがたかったです。
金利はカードローンのなかでもかなり低いほうだと思いました。
カードローンを利用したのは初めてだったのですが、とても便利で使用しやすいのでカードローンに申し込んで良かったです。

急に現金が必要になった時にいつでもすぐにキャッシングできるというのは非常に助かります。
これからも利用し続けていきます。

女性30代・女性
180日間の無利息期間のおかげで楽に返済が出来ました。


海外に出張に2ヶ月ほど行ったのですが、現地での休みの日の観光などの為に、少し多めにお金を持っていきたかったので新生銀行カードローン レイクで借入れをしました。

選んだ理由は、180日間の無利息期間に興味を惹かれたからです。
借入れ全額に対する無利息期間ではありませんが、10万円しか借りなかった私には充分でした。
5万円までが対象ですので、借りたお金の半分は約半年の間は利息が発生しません。

出張の出発まで日数があったので、契約を急いだりはしていませんでしたが、特にトラブルも無く契約出来ました。
出張から帰ってきてからすぐに入ったボーナスで残っていた借入れは全て返済しました。
結果的に180日間の無利息期間の間で返済できたのでとても得出来たと思います。

初回限定のサービスなので次は使えませんが、充分に役立ってくれました。少額の借入れの方にはオススメです。

女性30代・女性
無利息で借り入れ出来ました。


どうしても欲しいバックを、インターネットショップで見つけてしまいました。
いつもインターネットでの買い物の時には、不安のあるクレジットカードではなくコンビニ払いを選択しています。
この時にもそうしたかったのですが、手持ちの現金がなかった為に、新生銀行カードローン レイクを利用することにしました。

人に見られる心配のないパソコンから、申込みをしました。
名前や住所などの基本事項を入力するだけで、審査待ちとなりました。
審査に通ってから運転免許書の画像をメールで送りました。

そして私の銀行口座にお金が振り込まれました。
あっという間の出来事に正直びっくりしてしまいました。
こんなに簡単に借りれるとは思っていませんでした。

そして私は初めての借入だったので180日間無利子でした!無利子でお金を借りれ、欲しかったバックを購入することができ、とても得した気分になりました。

新生銀行カードローン レイクの口コミや評判の総評

当サイトに寄せられてくるレイクの口コミや、様々な口コミサイトの評判などを見てみると、「無利息期間があるのが良い」「審査が早い」「自動契約機があるからありがたい」「CM広告でイメージが良い」などの口コミが多く見られます。

公式サイトボタン

新生銀行カードローン レイクをオススメする方

  • 無利息期間を利用したい
  • 迅速に契約・借入したい
  • 他社で落ちた経験のある方
  • 専業主婦の方

無利息期間を利用したい方

初めの方でも書きましたが、レイクは珍しいと言える2パターンの無利息期間が用意されているカードローンになります。
少しでも返済金額を抑えたいと思うのが普通ですので、無利息ローンを利用したい方は、レイクを検討されることをオススメします。

プロミスやアコムなどは、30日間の無利息期間で、レイクも期間が同様である30日感無利息を用意したいます。
ですが、さらに期間が6倍長い「180日間無利息」のサービスも提供しています。

180日間の方が期間も長いし、お得であると言えそうですが、申込者の状況によってはどちらがお得なのかは難しいです。
180日間無利息は、借入額5万円までの分が適用される範囲となっているので、それ以上の借入額は、無利息期間であっても通常金利が適用されます。

最初の方で表にまとめたものもありましたが、借入額が少なければ、180日間の方がお得の場合が多いですが、借入額が大きくなったり返済期間が短ければ、30日間無利息の方がお得になるケースもあります。

両方の無利息ローンを併用することは出来ませんし、途中で変更することも出来ませんので、十分に考えてから申し込みされた方が良いかもしれません。

迅速な契約や借り入れを希望される方

急な出費でカードローンを申し込みされる方が多いのは、統計によっても証明されています。
なるべく早い契約と借り入れを実現されたい方は、レイクを検討されても良いと思います。

最短審査時間は公式サイトにはかかれていませんが、口コミなどに審査が大変早いと、良い評判を目にする事が多いです。
審査・契約まで迅速に行えたから、即日融資はいつでも大丈夫とは言えません。

初めの即日融資の項目にも書きましたが、平日14時までに申込と審査を終えている必要があり、必要書類の提出も済ませておく必要があります。
レイクには自動契約機もあるので、自動契約機で申込・審査・カード発行まで終わらせると、レイクATM
や提携ATMで直接借り入れすることも出来ます。

初めから自動契約機に行かなくても、ネット申込で申し込みと審査を終えてから、契約だけ自動契約機に出向く方法もありますので、柔軟な契約方法があるのもレイクの特徴です。

他社で落ちた経験のある方

これは絶対レイクで審査が通るという訳ではありません。
各社の審査基準は違っており、どの項目に重点を置いているかは変わってきます。
レイクで落ちて、他社で審査に通る場合もあります。

「他社で落ちてレイクで通りました」と言う口コミも多く、安定した収入があり、カードローン以外にクレジットカードなどでも、返済の遅延をされたことが無いのに、他のカードローンで落ちてしまった経験がある方は、一度レイクに申し込みされると良いかもしれません。

専業主婦の方

総量規制の対象である消費者金融の殆どは、専業主婦のカードローンの申し込みを受付していません。

「新生銀行カードローン レイク」は、総量規制対象外となる銀行カードローンですので、専業主婦の申し込みは可能になります。
しかし、配偶者に安定した継続性のある収入が無ければいけませんので、その点はご注意ください。
公式サイトボタン

レイク契約後の借入方法を考えよう

  • 振込(即日振込)
  • レイクATM
  • 提携ATM

いつでもどこでも振込依頼

利用している銀行口座などにお金が足りずに、公共料金などの支払いが出来ないときなどありますよね。
そんな時には、レイクでは「本人名義」への口座に振込をしてくれる機能があります。

スマホやパソコンから、会員ページにログインして、そこから振込依頼を出すことが出来ます。

利用可能時間
月曜日 1時~24時
火~日曜日 0時15分~24時

ほぼ24時間振込を依頼することが出来ますが、すべての時間で「即日振込」を可能にすることは出来ません。
平日14時45分までに振込依頼をする事で、即日振込を実施されるようになっているので、それ以降の時間や土日祝日などは、すべて翌営業日に振込される形になってしまいます。
手数料は無料になっています。

手数料が発生しないATMでの借り入れ

その場ですぐに現金が必要な時には、ATMでお金を借り入れる方法が、一番早いと言えます。
レイクではレイクATMも用意されていますが、多くの提携ATMがあることが言えます。

提携ATM一覧
銀行 セブン銀行・イオン銀行・ゆちょ銀行
コンビニ ATM 主な設置店
セブン銀行 セブンイレブン

※セブンイレブン以外にも設置店はあります

ローソンATM ローソン
イオン銀行 ミニストップ

※ミニストップ意外にも設置店はあります。

イーネット ファミリーマート・サークルKサンクス・デイリーヤマザキ・ポプラ・スリーエフ・セーブオン・セイコーマート

※上記以外にイーネット設置店もあります

ATM利用時間
曜日 利用時間帯
月曜日 5時00分~23時50分
火・水曜日 0時10分~23時50分
木曜日 1時30分~23時50分
金・土・日曜日 0時10分~23時50分

上記のように提携ATMは多くて、メンテナンス時など以外では、ほとんど24時間利用できるような形になっています。
多くの場合は、自社のATM以外の提携ATMを利用する際には、手数料が発生する場合が殆どですが、レイクでは提携ATMで借り入れしても手数料が無料になります。
少ない借り入れを繰り返したりする場合には、なるべくコストを抑えやすいレイクは良いと思います。

新生銀行カードローン レイクの返済方法を考えよう

レイクで借り入れをされると、次に返済のことを考えていかなければいけません。
レイクでは「いつ」「どのように」して返済していけば良いのか、あらかじめ予習しておくと安心です。

レイクはいつ返済すれば良いのか?

レイクでいつ返済すればいいのかは、契約者本人の都合の良い日を選択できるようになっています。
給与や収入がある日を目安に、返済日を決めるのが一番良いと思います。

返済方法によっては、給料日当日を返済日にすると慌ただしくなってしまう可能性もあるので、2、3日余裕をもって選択されると良いと思います。

次で紹介する返済方法の中で、自動引き落としの場合は返済日「14日」または「27日」のどっちらかしか選択できません。

どのような返済方法があるの?

  • web返済
  • レイクATM
  • 自動引き落とし
  • 提携ATM
  • 銀行振込

新生銀行カードローン レイクでは、返済方法が数多く用意されているので、都合に合わせた返済方法を選べることが出来ます。

ほとんどは手数料無料だけど銀行振込は有料

「web返済」「レイクATM」「提携ATM」「自動引き落とし」のすべては、返済する際に手数料が発生することはなく無料になっています。

しかし、レイク指定口座へ銀行振込される場合には、各金融機関の所定の振込手数料が発生してしまうことになります。
これが意外と手数料として多く、1回400円以上の振込手数料となってしまいます。
ですので、あまり銀行振込で返済することはオススメしません。

いつでも返済するのなら「提携ATM」「web返済」

銀行振込以外は手数料無料と紹介しましたが、残りの返済方法は、契約者の状況によって便利なのか不便なのかに分かれます。

深夜などの深夜でも返済をしたい事が多くなりそうな方の場合は、「web返済」や「提携ATM」の返済方法がオススメになります。
WEB返済は、パソコンだけでなく、スマホや携帯からでも返済できる方法になるので、外出先でもネット環境があれば実行できるようになっています。
レイクのweb返済対応の金融機関で、インターネットバンキング登録をする必要がありますが、それを済ませると会員ページから手軽に返済できます。

それが面倒な場合には、提携ATMでも深夜の返済が可能になっています。
レイクATMも24時まで稼働していますが、それ以降になると提携ATMとなってしまいます。

一括返済するなら「web返済」「レイクATM」

まとまったお金が入った時など、なるべく早めに完済される方が良いと私は思います。
レイクで一括返済する場合には、銀行振込もありますが、やはり振込手数料が発生するので、オススメしません。
提携ATMでは、一括返済は対応していないので、WEB返済かレイクATMでの返済となります。

オススメの返済方法は「自動引き落とし」「web返済」

レイクで返済する方法のオススメとなるのは、web返済か自動引き落としとなると言えます。

WEB返済なら、場所を選ばずにいつでも返済できる点は、最大のメリット言えます。
web返済に対応している金融機関も、数多くあるので、レイクで確認されることをお勧めします。

自動引き落としの最大のメリットは、返済日「14日」「27日」のどちらかを選択して、レイク指定の金融機関の口座を登録すると、わざわざ出向くことなく自動敵に返済が実行されます。
返済金額以上のお金を入れておかなければいけませんので、それだけ注意してください。

返済は14日前から可能

レイクで、ATMやweb返済される時に、いつから返済できるのか疑問に思う方も多いと思います。
返済日当日には返済しなければいけないと思っていると、その日が忙しい用事などあると返済日が遅れてしまうことになる可能性も高いです。

レイクでは、返済日14日前からその回の返済をすることが可能になっています。
それ以前の日に返済をしてしまうと、前回の返済の追加返済扱いとなってしまい、今回分の返済も行わなければいけません。

公式サイトボタン

新生銀行カードローンの申込・審査に関する質問集

ブラックリストになっても、新生銀行カードローン レイクは契約できますか?
ブラックリストの方が、新生銀行カードローン レイクを契約することは、残念ながら不可能と言えます。
ブラックリストと言うものは、実際にはないもので、返済の長期遅れや債務整理をされたりすると、「金融事故」として「信用情報機関」に情報が記載されることになります。
その情報が削除されるまでに「5年~7年」は必要になるので、それから安定した収入がある状態なら、レイクを契約できる可能性が出て来ます。
パートやアルバイトでも契約することは出来ますか?
もちろんパートやアルバイトの方でも、新生銀行カードローン レイクを申し込むことが可能です。しかし、安定した収入がなければいけませんので、勤続年数が短い場合など、審査が厳しくなると言えます。
学生でも申し込むことは出来ますか?
学生の方でも、新生銀行カードローン レイクを申し込むことは可能です。
当たり前のことですが、学生でも安定した収入がないといけないので、アルバイトをされていて安定した収入がないと出来ません。
さらに、申込条件の年齢制限があり、学生でも20歳以上でなければいけないので、大学生でも申し込める方と申し込めない方に分かれます。
即日で借り入れる為には、何時まで貸し出してくれるの?
初めてレイクを申込・審査を終えて契約される方で銀行振込の「即日振込み」を希望される方は、平日14時までに申込・審査と必要書類の確認が終えている必要があります。
その後、15時までに振込依頼を受け付けているので、即日の借り入れが可能になります。

自動契約機でカード発行される方は、21時まで営業してるので、それまでにインターネットなどで審査完了していれば、その場でカード発行が出来て、提携ATM
で借り入れ出来ます。

以前に契約された事がある方は、会員ページにログインして、14時45分までに振込依頼をすることで、即日振込みが可能になっています。

公式サイトボタン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ