管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

新生銀行レイクで振込融資や提携ATMで素早く借りる方法

新生銀行カードローン レイクで素早く融資を受けるためには、振込キャッシングか提携ATMやレイクATMで借り入れる方法になっています。

レイクでは、スマホやパソコンから申込が出来るようになっていますが、申込完了画面に審査結果が表示されるので、素早く審査結果が分かるようになっています。審査に通ることが出来れば、ネット契約や自動契約に出向いて契約を交わすことが出来ます。

新生銀行カードローン レイクで魅力なサービスと言えば、2つの選べる無利息期間だと思います。プロミスやアコムで実施されている30日間無利息と、レイク独自の5万円までの借り入れは180日間無利息になるサービスです。

カードローンを利用したいなどの理由に、急な出費や細かいお金でも度重なる出費・給料日までの少しの生活費の足しなどが多いです。

こういった場合に借り入れたら、返済日までに通常は利息が付いてきますが、給料日など返済が一括で出来る場合は、利息はない状態でお金を返す事が出来るので、レイクの無利息期間を上手く使うと良いと思います。

レイクで素早く融資を受ける2つの契約方法

レイクのカードローンを申し込みをして、無事に審査に通ることが出来ても、カードローン契約を結ばないと利用することは出来ません。レイクの契約方法は「ネット契約」と「自動契約機」の2つの方法が用意されています

契約方法の違いと当日融資可能時間
契約方法 当日融資可能時間
ネット契約 平日14時まで
自動契約機 22時まで

ネット契約は、わざわざ店舗に出向かなくても、スマホやパソコンがあれば契約可能です。自動契約機は出向く必要はありますが、その場でカード発行が出来る特徴があります。

ネット契約からの振込キャッシングで借りる

今は、パソコンやスマホなどのインターネットで、すべての事を出来るカードローンが増えてきています。新生銀行カードローン レイクでも、インターネットから素早く借りる「振込キャッシング」の融資方法の申し込みが可能になっています。

レイクのローンカードも必要なく、借り入れ指定口座への振込が出来るので大変便利ですが、時間帯に気をつけなければ、契約当日に借りることが出来なくなることもあります。

レイクに初めてカードローンの申し込みをされて、インターネットだけで契約と振込キャッシングを初めてする場合は、平日14時まで申し込みとレイク側で必要書類の確認が出来ていないと、当日の振込キャッシングは無理になります。

さらに、レイクとの契約完了を終わらせてから、平日14時45分までに会員ページから即日振り込み依頼をすることも条件に含まれます。振込依頼自体は、基本的に24時間(月曜日以外:0時15分~24時)受け付けていますが、平日14時45分以降や土日・祝日の場合は、振込が実際に行われるのは翌営業日になります。

自動契約機で契約してATMで借りる

レイクでネット契約するメリットは、わざわざ出向く必要がないことが挙げられますが、平日14時までにネット申込から契約作業まで終わらせることが困難な場合もあります。

自動契約機の申込受付と審査結果お知らせの時間
曜日 申込受付 審査結果
平日・土曜 8時45分~24時 8時45分~21時
日曜・祝日 8時45分~22時
第3日曜日 8時45分~19時

ネット申込の場合は24時間受付をしていますが、自動契約機の申込受付時間は「平日・土曜24時まで」と時間制限があり、審査結果になるとさらに早い時間までとなっています。ローンカードを発行されなければ、ATMなどで借り入れが出来ません。

審査結果のお知らせは通常21時までで、第3日曜日は19時までになっています。申し込みからカード発行まで、約40分ほどかかりますので、少し余裕をもって申し込みをしましょう。

カード発行されれば、併設されたレイクATMで24時まで、全国に設置の新生銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネット端末ATMでは、基本24時間直接借り入れる事が出来ます。

ネット申込から自動契約機の併用がスムーズな借り入れ

ネット申込からネット契約で振込キャッシングを行う場合、時間に十分気をつける必要があります。さらに、自動契約機で申込から始めるのには、契約機内に留まる時間が長くなってしまうことになります。

なるべく申込から契約までスムーズに素早く借りるためには、ネット申込をまず行ってから、契約だけ自動契約機で済ませることが良いと言えます。

ネット申込をしていると、レイク側で審査が行われることになり、その時間は仕事をしていても問題ありません。審査結果が分かってから、仕事終わりなどに自動契約機に出向くことで、時間を気にせずにカード発行が行えるようになります。

自動契約機に出向くと、画面に「初めての申し込み」と表示されているので、タップすると「事前申し込み」の有無があるので、「はい」を選択するとネット申込された方の契約の流れに移行します。

ネット契約でカードレスローンも可能

新生銀行カードローン レイクという名前の通り、申し込みと契約が終われば、ネット契約の場合は自宅に後日、郵送で送られてくることになっています。契約機はその場での発行になります。

しかし、「色々なカードがあるからローンカードは必要ない」「自宅に郵送物をなくしたい」などの理由を考えている方も多くなっています。

レイクでローンカードが必要ない方は、申し込み完了画面で[「カードレスを希望」を選択することで、ネット契約を交わすことでカード発行が行われないようになります。契約書類の郵送もされないので、自宅の家族などにバレる心配も低くなると思います。

2017年2月から利用できるようになったレイクのカードレスですが、利用するためには金融機関口座の用意と、WEB自動引き落としサービスの登録が必ず必要になっています

振込キャッシングは、カードがあってもなくても平日14時45分までに振込依頼を出すことで、当日振込されることは変わりません。時間的に不都合が多い場合は、あとから自動契約機でカード発行が出来るようになっているので、まずはネット申込からカードレスにすることも良いかもしれません。

土日の申込でもレイクで素早く借りれるのか

土日や夜間にお金が必要になった時、新生銀行カードローン レイクで素早く借りれるのでしょうか?

答えとしては、土日や夜間にレイクで素早く借りることは出来ません。2018年以降の銀行カードローンは「警察庁  反社データベース」で反社会勢力でないか照合作業をしなければならなくなり、照合作業の回答が最短翌営業日で、土日の回答は出来なくなっています。

もし土日や夜間に即日融資を受けたい場合は、消費者金融のカードローンを申し込みすることが良いです。プロミスアコムアイフルSMBCモビットであれば自動契約機を設けていますので、土日に関わらず22時(一部店舗で時間は異なる)まで営業しているので、時間内に申込から契約を交せば、即日融資が可能です。

1つ注意することは、会社への在籍確認が可能ということです。勤務先の会社自体が土日も営業しているところであれば大丈夫でしょうが、休業されている会社の場合は、電話連絡の在籍確認が出来なくなります。

消費者金融の場合、会社からの「給与明細書(数ヶ月分)」や「社員証」「社会保険証」の提出で代用できる場合もあるので、ネット申込されたあとにサービスセンターに相談されることをオススメします。

レイクで素早く借りるなら事前に必要書類を用意

新生銀行カードローン レイクを利用するには、審査に通ることも重要ですが、契約する際に必要になる書類を事前に用意しておかないと、契約までの流れがスムーズではなくなってしまいます。

レイクで必要になる書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」の2点になり、本人確認書類の例として運転免許証が1番分かりやすい書類になります。それ以外にも、パスポートなどでも代用できるようになっています。

希望限度額が50万円を超える場合は、「源泉徴収票」や「所得証明書」などの提出が必要です。用意しやすい証明書を事前に用意しておきましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ