即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

三井住友銀行カードローンの申込時の本人確認書類〜提出する方法とタイミング

三井住友銀行は、2001年に住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が合併して出来た銀行です。

三井住友フィナンシャルグループの都市銀行としても有名ですが、同じフィナンシャルグループとしてSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも有名です。さらに2014年に、三井住友銀行グループとなった消費者金融のSMBCモビットとなっています。

こういった金融事業に、かなり定評のある三井住友銀行のカードローンという事もあり、大変人気のカードローンです。

銀行カードローンのメリットである「低金利・借入限度額の大きさ」が魅力的な上に、銀行カードローンの中でも審査回答が早いことでも定評があり、ローン契約機でカード発行が出来るようになっているので、素早い借入が出来るカードローンです。

カードローンを利用する銀行口座を持っていないと、カードローン自体利用出来ない銀行も多いですが、三井住友銀行口座がなくても、カードローンを申し込む事が出来ます。

  • 三井住友銀行カードローンで借りる

三井住友銀行カードローンの本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • マイナンバーカード

三井住友銀行カードローンの本人確認書類は、この4点のうちのどれか1点が必要になります。

皆さんが用意しやすい本人確認書類となると「運転免許証」になるはずです。三井住友銀行でも運転免許証が第1候補の書類になっています。

パスポートなどの他の書類でも、本人確認書類として代用できるようになっていますが、書類として重要なのが「顔写真付き」ということになります。住民基本台帳カードで顔写真がないものしか持っていない場合は、それだけでは本人確認書類として認められません。

以前であれば、三井住友銀行カードローンでも各種健康保険証でも本人確認書類として認められていましたが、顔写真のない健康保険証では、公的書類であっても弱くなってしまいました。

2016年10月から本人確認書類の厳格化によって、顔写真のない書類に対しては、もう1点の本人確認書類「住民票の写し」や、現住所が記載されている公共料金の領収書の提出が必要になっています

現住所が違う場合も提出書類が増える

引っ越しされた直後や、運転免許証の更新がまだの方に多くあるのが、免許証などに記載されている住所と引っ越しされた先の住所が違う場合があります。

申込者の氏名や生年月日が同じであっても、現住所と記載住所が違う場合は、本人確認書類として認められません。何とか出来ないかと言っても、それだけでは三井住友銀行ではムリです。

顔写真がない書類の時と同様に、公的書類として不十分なため、現住所が記載されている書類を併せて提出することで、本人確認書類として認められるようになります。

  • 国税・地方税の領収書もしくは納税証明書のコピー
  • 社会保険料の領収書のコピー
  • 公共料金の領収書のコピー(電力会社・水道局・都市ガス・NHK・電話会社のもの※携帯電話を除く)

提出する書類はすべて返却されませんので、コピーの提出で大丈夫になっています。さらに、現住所を証明する書類としては、三井住友銀行が受け取る日付から6ヶ月以内に発行された書類でなければ、書類としては認められないの注意してください。

三井住友銀行カードローンの収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近3ヶ月以内)
  • 税額通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

三井住友銀行カードローンは、収入証明書と認めている書類が多くなっているので、提出される方は用意しやすい書類を選べば良いです。

給与所得者の方が一番用意しやすい書類になるのが「源泉徴収票」だと思います。三井住友銀行に限らず、収入証明書として一番効力が高く信頼性がある書類になっています。

すべての書類は、前年度である最新の書類を提出することになりますが、源泉徴収票は会社から1月の月末に貰うことが一般的ですので、1月中に三井住友銀行カードローンを申し込んだ場合は、前々年度以降の書類の提出も認められています。

税額通知書、納税証明書、所得証明書などは6月中に発行されることになっているので、申込が1月〜6月の間であれば前々年度の書類、7月〜12月の申込であれば前年度の書類になります。

自営業者や確定申告が必要な給与所得者の場合、確定申告書の提出の場合は、2月〜3月に申告を行うことになっているので、1月〜3月の申込であれば前々年分の証明で大丈夫です。

銀行系の希望借入限度額による収入証明書
銀行名収入証明書が必要になる限度額
三井住友銀行50万円超
三菱UFJ銀行50万円超
イオン銀行100万円超
楽天銀行200万円超
オリックス銀行300万円超
じぶん銀行300万円超

本人確認書類の提出のタイミングと方法

三井住友銀行カードローンで、本人確認書類を提出するタイミングは、申込完了後に提出することになります。

ネット申込であれば、申込の必要事項入力が完了して、web上で提出することが可能になっています。

ローン契約機で申込される方であれば、本人確認書類を持参して、ローン契約機に備え付けられているスキャナで読み取らせることで、三井住友銀行へ提出することが出来ます。

ローン契約機で申込からするのは、契約機内で待つことが長くなってしまう場合もあるので、事前にネット申込されることが、スムーズにカードローンを契約できる方法になります。審査結果が分かってからカードが必要であれば、ローン契約機に出向いてカード発行が出来ます。

スマホやパソコンのネット上で提出出来るサービスが、三井住友銀行カードローンの公式サイトから行うことが出来るので、とても簡単です。
三井住友銀行カードローンの必要事項の提出< 必要書類提出サービス

上の画像は、スマホでの三井住友銀行カードローンの表示画面になります。「書類のご提出はこちら」のボタンをタップしてもらうと、書類アップロードサービスに移行することになっています。

それぞれ項目にあった書類を撮影したり、事前に用意されているのであれば選択するだけで、あとはアップロードが出来るようになっています。

書類を撮影する場合の注意点

プリンターなどでスキャンする場合は、枠内に収まっているのを注意すれば、それほど気をつける点はないと思います。

しかし、スマホのカメラ機能などで撮影する場合は、注意しなければならない点が幾つかあります。

  • ピントぼけしない
  • 画面に対して書類が小さい
  • フラッシュで見えない
  • 書類がはみ出ている

最近のスマホは手ぶれ補正などが優秀ですので、ブレることは少なくなっていますが、ピントが合って撮影された書類は、不鮮明で認められません。

撮影するのに画面に対して余白が多すぎると、文字が小さくなりダメですが、近くで撮影しすぎて、書類が画面からはみ出してしまっているのもダメな画像になります。

あと、フラッシュ機能をオンにされていたり、状況に応じてフラッシュする設定の場合、本人確認書類が反社してしまうことになるので、これも不鮮明な書類として扱われてしまうので、注意してください。

  • 三井住友銀行カードローンで借りる

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ