即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

三井住友銀行カードローンの借入方法と返済方法

三井住友銀行は、日本のメガバンクの1つの三井住友フィナンシャルグループの都市銀行として有名です。

SMBCグループには、消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、最近ではSMBCモビットもグループ傘下に入り、金融業務にかなりの力があります。

そんな三井住友銀行のカードローンも、大手銀行カードローンでは珍しく「口座開設」なしで利用出来るカードローンとなっています。カード発行が出来れば、素早く提携ATMで借入できるようになります。

口座開設がすでにされており、キャッシュカードが手元にある方なら、三井住友銀行の店舗に出向く必要がない「WEB完結申込」が出来るようになっているので、利便性が非常に高くなっている銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの借入方法

  • ATMで借り入れ
  • 振込キャッシング(インターネットバンキング)
  • 自動融資(バックアップ)

三井住友銀行カードローンの借り入れ方法は、この3つが用意されています。

振込キャッシングや自動融資の借入方法を受けたい場合は、三井住友銀行の口座を開設されている必要があります。消費者金融のようにどこの金融機関口座でも振り込んでもらえるようにはなっていません。

口座のない方が利用できる借入方法になるのは、ATMで借入出来る方法1つのみになります。

ネットバンキングの振込キャッシングで借り入れ

上でも書いた通り、三井住友銀行口座を開設されていないと、振込キャッシングを利用することは絶対に出来ません。他の金融機関口座をよく使うから、その口座に振り込んでもらおうと思っても、口座の登録は出来ないようになっています。

その理由として、三井住友銀行のネットバンキング「SMBCダイレクト」の手続きをしておく必要もあります。そのSMBCダイレクトにログインして、カードローン口座から三井住友銀行口座に振込を行うようになっています。

SMBCダイレクト画面

上の画像は、私のSMBCダイレクトの画面になります。下部の「各種変更/商品・サービス一覧」からカードローンを選択することで、振込キャッシングの手続きが行えるようになっています。

便利な借入方法ですので、口座開設されていないのであれば、あとで口座開設されてもカードローン口座と普通預金口座の紐付けは出来るようになっているので、口座開設をオススメします。

ATMで借り入れ

三井住友銀行カードローンが利用できるATMは、三井住友銀行ATMはもちろんですが、ゆうちょ銀行や提携された金融機関ATMになりますが、全国で数多く設置されていて、24時間営業しているコンビニATMが便利だと思います。

    提携コンビニATM

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット(ファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフなど)

セブン銀行ATMとローソンATMとイーネットが利用できるのであれば、ほとんどのコンビニATMで借り入れが出来ることですので、街中で急にお金が必要になった時でも、迷わずに利用できる特徴があります。

さらに、三井住友銀行ATMやゆうちょ銀行ATM、コンビニATMでは、借り入れる時に発生する手数料が無料になっているので、コストを気にせずに借りることが出来ます。提携金融機関ATMでは手数料が発生してしまいます。

カードの違いで利用できないATM
借入時に利用できるATMとカード
対応ATM借入方法
ローン専用カード普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM×
提携金融機関ATM×

三井住友銀行カードローンと提携されているATMでも、「ローン専用カード」か「普通預金キャッシュカード」の違うカードによって、利用出来ないATMがあります。普通預金キャッシュカードを利用できない提携ATMは、ゆうちょ銀行と提携金融機関の2つになっています。

ローン専用カードであれば、すべての提携ATMで利用できるようになっているので、普通預金口座を開設されている方も、ローン専用カードを発行されたほうが良いかもしれませんが、一概に言えません。

そもそも提携金融機関ATMは手数料が必要なので、利用することはかなり少ないはずです。さらにゆうちょ銀行ATMを利用するよりも、コンビニATMを利用される方が便利だと、私は思います。

コンビニATMや三井住友銀行ATMしか使わないのであれば、キャッシュカードにローン機能を付けられて、余計なカードが増えないほうが良いと言えます。

自動融資(バックアップ)で借り入れ

自動融資とはあまり聞いた事のない方も多いかもしれません。「なぜ借り入れが自動で行われるか?」と疑問に思う方もいるはずです。

公共料金の支払いや携帯代をクレジット支払いなどにされている方は多く、その引き落としを三井銀行口座にされている場合に、支払い日までに必要金額を入金しておらず、支払い金額が不足している時もあると思います。

残高不足の時に、カードローン口座から返済用口座の三井住友銀行口座の方に、自動的にお金が振り込まれるようになるのが自動融資です。

大変便利な借り入れ方法ですが、これも三井住友銀行口座を持っており、その口座を返済用口座に登録しておく必要があります。

登録の申し込み手続きは、銀行窓口かローン契約機で出来るので、三井住友銀行口座を持っている方は、しておいた方が良いかもしれません。

三井住友銀行カードローンの返済方法

  • ATMで返済
  • カードローン口座に振込返済
  • 自動引き落とし(口座振替)

カードローン口座に、ローンカードを利用せずに金融機関で振込で返済する場合は、金融機関の所定の手数料もかかり、あまりオススメできない返済方法ですので、利用者も少ないと言えます。

同じ振込返済でも、SMBCダイレクトから返済するネット振込の場合は、手数料の発生がなくわざわざ出向く必要もないので、大変便利な返済方法になります。

出向いて返済する場合は、カードを利用してATMで返済するほうが手数料も発生しませんので、銀行振込は止めておきましょう。

返済時に利用できるATMとカード
対応ATM借入方法
ローン専用カード普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM×

借りる時と同様に、カードの違いで利用できるATMが変わりますが、コンビニATMを利用するのであれば気をつけなくても大丈夫です。

口座振替の自動引き落としは、借りる時と同じで三井住友銀行口座でしか利用できない返済方法になります。事前に口座を開設されている方は、SMBCダイレクトからカードローンを申し込めば、そのまま返済用口座に登録されるので、手続きは簡単です。

あとから口座開設された場合は、手続きを行えば返済用口座に登録することも出来ます。

口座開設不要な銀行カードローンですが、口座開設されていない方は、借りる時も返済する時のATMを利用する方法しかないので、三井住友銀行カードローンを便利に使うのであれば、口座は開設されている方は良いです。

毎月の返済日と約定返済額

三井住友銀行カードローンの返済日は「5日、15日、25日、末日」の4つの返済日から自由に選ぶことが出来ます。給料日の直後などに返済日を設定するのが、一番返済しやすい日程になると思うので、10日が給料日であれば「15日」、25日が給料日であれば「末日」などが良いと思います。

100万円までの約定返済額
借入残高約定返済金額
1円〜1,999円約定返済時における借入残高全額(但し、2,000円が上限)
2,000円〜100,000円2,000円
100,001円〜200,000円4,000円
200,001円〜300,000円6,000円
300,001円〜400,000円8,000円
400,001円〜500,000円10,000円
500,001円〜600,000円11,000円
600,001円〜700,000円12,000円
700,001円〜800,000円13,000円
800,001円〜900,000円14,000円
900,001円〜1,000,000円15,000円

三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド元利定額」となっているので、借入残高に応じて毎月の返済する約定返済金額が変動するようになっています。元利定額ですので、返済金額の中に利息も含まれていることになります。

さらに特徴的なのが、借入残高と約定返済額がのスライド幅が非常に細かく分類されているので、借入残高が10万円以下であれば、約定返済金額は2,000円とかなり少ない金額まで下がります。

他の銀行カードローンでは、50万円以下の約定返済額は1万円と多い場合がよくあります。

三井住友銀行では、約定返済金額が少なくなれば生活費への圧迫も少なくて良いので、主婦の方でも利用しやすいと言えます。

しかし、約定返済金額が細かく分かれていることで、デメリットも生まれてしまうことになります。

約定返済金額が少なくなれば、元金返済に充てられる金額も少なくなるので、借入残高が減ったにも関わらず、なかなか完済が出来ずに返済期間が長引いてしまうことになり、利息が多く支払うことになります。

約定返済金額が少なくなっても、返済できる金額が多いのであれば、繰上げ返済(臨時返済)を活用すると、通常より早く完済できます。繰上げ返済は、ATMやSMBCダイレクトで行うことが出来ます。

繰上げ返済で入金された金額は、約定返済金額以外は全て元金返済に充てられることになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ