即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

三井住友銀行カードローンの金利と限度額と増額方法

三井住友銀行カードローンの金利は「年4.0%〜14.5%」、最大限度額は「800万円」となります

都市銀行として、日本でトップクラスに位置する三井住友銀行のカードローンという事で、利用者も安心感や信頼感を持って利用できるので、利用者も多いものになっています。

さらに、三井住友銀行カードローンのメリット「低金利・融資限度額が大きい」というのも人気の要因です。提携ATMを利用して借りる場合も、終日手数料無料になっているので、急な借り入れが発生した外出先でも、手数料を気にせずに利用できます。

三井住友銀行カードローンは、原則として安定した収入のある人は申し込み資格があるので、パートやアルバイトでも契約できる可能性のあるのも良いですね。

正社員の方よりも、年収が低い方が多いパートやアルバイトの方のほうが、低金利で借り入れが出来るとなると、利息も少なくなり有り難い事が多いです。

しかし、雇用属性として考えると、公務員や会社勤務の正社員の方々よりは、パートやアルバイトのカードローン審査においては厳しくなる可能性が高くなります。

金融名実質年率最大限度額
三井住友銀行4.0%~14.5%800万円

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は『年4.0%~14.5%』に設定されています。

この三井住友銀行カードローンの金利が低いか分からない方も多いと思いますが、消費者金融と比較してみると、かなり低い金利になっています。

消費者金融の金利
消費者金融金利
プロミス年4.5%〜17.8%
アコム年3.0%〜18.0%
アイフル年3.0%〜18.0%
SMBCモビット年3.0%〜18.0%

上の表の金利を見てみると分かると思いますが、一般的に消費者金融の上限金利は18%となっています。三井住友銀行カードローンの上限金利は年14.5%と、年3.5%の差が生まれてきます。

単純に、三井住友銀行カードローンと消費者金融で、それぞれ100万円を1年間借り入れた場合に、3万5000円分の利息差額が出来るという事になります。

1年間の最後に一括返済した場合ですが、カードローンというものは、毎月少しずつ返済して借り入れ残高が減るものですので、実際には2万円ほどの差の利息金額になります。

それでも、2万円の差が生まれるので、金利の低い事は有り難いですね。さらに、返済期間が長くなれば利息の差は広がります。

借入限度額と利率の関係
借入限度額金利
100万円以下12.0~14.5%
100万円超200万円以下10.0~12.0%
200万円超300万円以下8.0~10.0%
300万円超400万円以下7.0~8.0%
400万円超500万円以下6.0~7.0%
500万円超600万円以下5.0~6.0%
600万円超700万円以下4.5~5.0%
700万円超800万円以下4.0~4.5%

金利の決まり方は、100万円以下の限度額の金利は「年14.5%」だけという事ではなく、「年12.0%~14.5%」の一定の範囲があります。銀行カードローンによっては、限度額100万円以下では○○%と決まっているところもあります。

三井住友銀行カードローンを初めて契約される場合に、初めから年12%の金利を契約出来ることは難しいですが、利用実績を重ねたりすることで、契約時よりさらに金利が低くなるのは魅力的なカードローンです。

三井住友銀行カードローンで10万円借りた時の利息

お金を借り入れされる理由は多くありますが、10万円程度の少額の借り入れをされる方が多いので、三井住友銀行カードローンで10万円借りた時の利息や返済金額のシミュレーションをいてイメージを掴んでみましょう。

まずは、三井住友銀行で借入残高10万円の時の約定返済額は「2,000円」となっています。10万円借りたから、5万円や10万円を翌月に返さなければダメだということはありません。

10万円で2,000の約定返済をしたシミュレーション

10万円を毎月2,000円ずつ返済すると、返済回数は50回ではなく「78回」と約六年半の返済期間の長さになります。2,000円の返済額の中には利息も含まれており、初回の利息金額は「1,208円」ですので、返済金額の60%以上が利息になります。残りの792円が10万円の元金返済に充てられます。

少しずつですが、借入残高は減っていきますので、徐々に支払う利息は減り、元金返済に充てられる金額が増えてきます。最終的に支払う利息総額は「54,259円」となってしまいます。

最終的な利息総額を減らす場合は、毎月の返済額を大きくすることになります。10万円の約定返済額が2,000円でも、5,000円や1万円と多くの繰上げ返済を活用すれば良いです。

三井住友銀行カードローン10万円を2,000円返済シミュレーション

三井住友銀行で10万円の借入残高で、毎月1万円の返済をした場合のシミュレーションでは、返済回数は「11回」となります。

初回に発生する利息は、2,000円の返済金額の時と同様で「1,208円」となります。借入残高に対して借りた日数と金利がかけられることになるからです。

ですので、1万円返済した時には、元金返済額は「8,792円」と大きくなるので、借入残高の減り方が早くなり返済回数も少なくなります

最終的な利息総額は「7,227円」になり、かなり利息を抑えることが出来ます。

三井住友銀行カードローンの約定返済額は、借入残高20万円では4,000円、30万円では6,000円、40万円では8,000円、50万円では1万円と細かく分かれています。細かく分かれていることにより、少ない返済額で収まるメリットがあります。

しかし、約定返済額が少ないと返済回数が長引くことになるので、なるべく返済計画を立てる段階で、50万円以下の借り入れである場合は、1万円以上を返済する計算をされている方が良いと思います。

三井住友銀行カードローンの限度額

三井住友銀行カードローンの最大限度額は『800万円』になっています。

消費者金融の最大限度額では500万円や300万円のところが多く、それと比べると大きなものになっているのが分かると思います。

銀行カードローンで比較すると、平均的な最大限度額になります。大きな限度額にされている銀行は、みずほ銀行など800万円の限度額としています。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」の最大限度額は「1,200万円」と非常に大きな限度額になっています。

100万円超の希望限度額は銀行カードローン検討

初めて銀行カードローンを契約する場合に、いきなり500万円や800万円の限度額は、完全に契約できない限度額だと認識してください。

しかし、初めから100万円を超える限度額を希望する場合は、銀行カードローンを検討された方が良いです。

消費者金融で初めての申し込みで契約される場合は、10万円~50万円までの限度額にされるケースが多いです。私がプロミスを契約した時の限度額は、50万円の限度額となりました。

それでも、消費者金融で50万円超の限度額を希望する場合は、収入証明書の提出が必要になります。
これは、総量規制の対象に消費者金融がなっている為です。

銀行カードローンの審査は厳しいとされているので、どなたでも100万円を超える限度額を契約できるとは言えませんが、雇用形態や年収がある程度高い条件であれば、十分に狙える限度額になっています。

三井住友銀行カードローンで増額する方法

三井住友銀行を利用していて、カードローンで契約している限度額では不足しているのであれば、限度額を増額することが出来ます。

増額する方法は、ネットからではムリになっており「ローン契約機」か「電話」で増額申請する方法になっています。

増額の申込をすれば、絶対に増額してくれるというわけではなく、増額が出来るのか再審査が行われ、審査に通れば限度額が増えることになります。

当たり前ですが、初めて三井住友銀行カードローンを契約されて、すぐに増額の申込をしても通ることは絶対にありません。現状で契約できる限度額で契約されているからです。

半年以上や返済実績が良いと判断されれば、審査に通ることも可能かもしれませんし、契約時よりも年収が増えているなど、条件がいい方向になっている場合は、可能性が高くなります。

  • 三井住友銀行カードローンの審査の口コミはこちら

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ