即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

みずほ銀行カードローンを最短「WEB完結」で借りる方法と流れ

みずほ銀行と言えば日本3大メガバンクの1つで、非常に信頼を持てる銀行となっていますが、みずほ銀行カードローンを利用しようと思うと、「みずほ銀行普通預金口座」を開設しなければいけません。

すでに口座開設済みの方は「2〜3営業日」、口座開設とカードローンを同時申込される方は「2〜3週間程度」で借り入れが出来るようになります。

一般的に、低金利のカードローンは、銀行カードローンと言われていますが、消費者金融に比べて審査・融資されるまでの時間がかかると言われています。

銀行カードローンの中でも、みずほ銀行カードローンは素早く借り入れが出来るようになっている銀行カードローンで、すでに普通預金口座を開設されている方であれば、みずほ銀行窓口に出向くこと無く「WEB完結」のネット契約手続きだけで、みずほ銀行カードローンを利用することが出来るようになっています。

ですので、最短で借りたいと思っている方は「ネット申込」をされるのがオススメです。

みずほ銀行カードローンの審査回答時間

  • ネット申込(パソコン、スマホなど)
  • 銀行窓口
  • 電話
  • 郵送

みずほ銀行カードローンの申込方法は、WEB完結をするためには「ネット申込」をしないと出来ないようになっていますが、それ以外にも窓口で担当者と直接相談しながら申し込む「銀行窓口」もあります。

みずほ銀行では、三井住友銀行や三菱UFJ銀行にように「無人契約機」はありませんので、出向いて申し込むのは銀行窓口しかありません。

申込方法が違っても審査回答時間は同じとというわけではなく、申込方法が違えば審査回答時間にも大きな開きがあります。

みずほ銀行カードローンの審査回答時間の目安
申込方法審査回答時間
ネット申込2~3営業日
店頭窓口2~3営業日
郵送申込書到着後、2~3営業日
電話申込受付完了後、2~3営業日

みずほ銀行カードローンで、最も早く審査回答が貰える可能性があるのは「ネット申込」の2~3営業日となります。申込時間が遅くなったりすると、審査回答時間も遅くなります。

消費者金融では、土日や祝日の審査回答も行っているので、初めてカードローンを申し込む場合でも土日に契約を結ぶことも出来ますが、みずほ銀行カードローンでは、土日祝日の審査は行っていないので、金曜日や祝日前に申し込みされると、休み明けまで審査回答を待たなければいけなくなります。

みずほ銀行カードローンを最短で借りる条件

みずほ銀行カードローンで、なるべく早く借り入れを受けたい場合は、すでにみずほ銀行口座を持っているのが絶対条件になります。

  • すでに普通預金口座開設済みで、キャッシュカードが手元にある
  • みずほダイレクトを手続き済み
  • 契約時「キャッシュカード型」を選択

口座開設されている方で最も素早く借入できる可能性が高くなるので、上の3つの条件をクリアされている方になります。

みずほ銀行の普通預金口座を開設されている方でも、すぐにキャッシュカードが貰えるわけではありません。数日〜1週間程度は自宅に届くまでの時間は必要になります。

みずほ銀行カードローンでは、手元にあるキャッシュカードにカードローン機能を付け加えることで、カードローンを利用できるようになっていますので、手元にない時点では利用できないようになります。

ですので、カードローン契約時には「キャッシュカード兼用型」を選択することが、1番早く借入できるようになっています。

ローンカード以外にも、「みずほダイレクト」のネットキャッシングを利用することで借り入れが出来るので、すでにみずほダイレクトの手続きをされている方が、最短で借り入れが出来るわけです。

みずほ銀行普通預金口座を持っていない方も、みずほ銀行カードローンを申し込むことは可能です。

翌営業日審査回答は可能ですが、その後にキャッシュカードの発行やカードローン口座の開設が必要になり、数週間の時間が必要になるので、素早い借り入れには不向きになっています。

最短「WEB完結」のネット申込の流れ

1番スムーズに早い借り入れが可能なネット申込の流れを解説します。

  1. みずほ銀行口座の有無で申込項目を選ぶ
  2. 審査開始
  3. メールで審査結果(口座のない方は口座開設)
  4. 契約手続き
  5. カードローン口座開設完了
  6. 利用開始

ネット申込は、普通預金口座を持っている方でも持っていない方でも、両方の方が利用できる申込方法になっています。ですから、口座の有無で申し込みを開始するところを選択します。

みずほ銀行カードローン

口座開設をすでにされている方は「赤いボタン」である向かって左から申し込みをして、口座のない同時申込やカードローン専用型を申し込む場合は右の「青いボタン」から申し込みを開始します。

みずほ銀行カードローンのWEB完結申込は、「来店・郵送不要」の簡単に申込から契約出来るネット申込で、消費者金融でもWEB完結申込はありますが、本人確認書類の提出は必要になるのが一般的ですので、みずほ銀行の方が手間が省けるようになっています。

注意として、口座開設をすでにされている方でネット申込される方の中でも、キャッシュカード兼用型ではなく、青いボタンから「カードローン専用型」を選択された方は、カードローンカードが届いてからの利用開始となるので、WEB完結申込は適用されませんので注意してください。

契約完了後はみずほダイレクト、提携ATMで借り入れ

みずほ銀行カードローンと契約手続きが完了すれば、手持ちのキャッシュカードを利用して、みずほ銀行ATMや提携している各金融機関・コンビニATMでローンカードとして借り入れる事が出来ます。

ATMの借り入れであれば、24時間365日で可能になっていますが、手数料の発生には気をつけて利用しなければいけません。

振込融資される場合は、みずほダイレクトのインターネットバンキングを利用して、みずほ銀行口座に振り込んでもらう形になります。振込が可能な時間・曜日が決まっており、月曜日~金曜日の0時~15時までの間になります。(祝日・振替休日は不可)

みずほダイレクトの利用には、手数料発生がありませんので、なるべくみずほダイレクトで借り入れするほうが、お得になるケースが多いです。

みずほ銀行口座を持っていない方は、契約するために本人確認書類や希望限度額により収入証明書の提出が必要になってきます。

その後、口座開設・カード発行となりますので、カード到着までATMでの借り入れは出来ません。

カードローンと口座開設同時申込を最短で利用する「WEB完結」の条件

みずほ銀行口座を持っていない方でも、条件を満たせば来店や郵送の必要ない「WEB完結申込」が利用できるようになります。


カードローンと口座開設の同時申込には、本人確認書類のネットから提出が必要になりますが、同時申込をする場合は「運転免許証」が本人確認書類の条件になります。

運転免許証が提出できる方は、契約完了後に通帳がみずほ銀行から送られてくるようになっていて、みずほ銀行側が受取確認が出来ると、キャッシュカードが郵送されてくることで利用開始となります。

運転免許証を提出できない方はWEB完結を利用できない

もし運転免許証を提出できない方は、別途で口座開設をする必要があります。

口座開設は「ネット」「郵送」「店頭窓口」で出来ますが、ネットと郵送は本人確認書類が2種類必要になります。店頭窓口は1種類で受付可能になっています。

カードローンの審査完了後に契約書類が郵送されてくるので、契約書類に口座情報などの必要事項を記入して返送することになります。

みずほ銀行では審査の即日回答は出来ない

銀行カードローンでも、2018年以前であれば「最短即日回答」をされている金融機関もあり、早ければ即日融資を可能に出来るところもありました。

しかし、みずほ銀行に関わらず2018年以降は、銀行カードローンの申し込みがあれば「警察庁 反社データーデース」で確認しなければいけなくなり、その確認での回答が「最短翌営業日」となっていますので、みずほ銀行カードローンがどれだけ急いでいても、最短即日が不可能になっている理由になります。

これは、みずほ銀行だけのことではないので、他の銀行でも翌営業日以降の審査回答になっています。もし時間に余裕が無いのであれば、消費者金融のカードローンを検討されたほうが良いと言えます。

「みずほ銀行カードローンは金利が低いから、即日融資が出来たらありがたい」と言われる方も非常に多くいますが、即日融資だけは仕方ありません。

WEB完結申込出来る方であれば、最短で2〜3営業日には借入可能になる可能性が高いです。当日扱いになる振込時間に間にあわなければ、提携ATMで借りることも出来ます。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ