即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

みずほ銀行カードローンの借入方法と返済方法

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行口座を開設されている方が利用できるカードローンですので、みずほ銀行口座を持っていない方は、カードローン審査通過後に口座開設する事で利用できます。

みずほ銀行口座から返済してくことが、みずほ銀行カードローンの随時返済になっていて、毎月の返済額以上を返済するためには任意返済であるATM返済やみずほダイレクトから返済になります。

日本の3大メガバンクの1つに数えられるみずほフィナンシャルグループが運営している「みずほ銀行」で、三菱UFJ銀行、三井住友銀行と並んで都市銀行の中でも最大クラスになります。

大手銀行ですので安心感・信頼度は高く、このみずほ銀行は日本最古の銀行となっており、銀行コードも「0001」となっているのが分かります。そのみずほ銀行が扱っているカードローンということで、大変人気のカードローンです。

では実際に、みずほ銀行カードローンの借り方と返済のやり方などを見てみましょう。

みずほ銀行カードローンの借入方法

  • みずほ銀行ATM・提携ATM
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)
  • 自動貸越

みずほ銀行カードローンで借り入れる方法は、上に書きました3つの方法になります。

みずほ銀行カードローンを契約された方なら、カードを使ってみずほ銀行ATMなどで借り入れする方が多いと思います。最近は、ATMで借り入れされる以外にも、みずほダイレクトでネットキャッシングで口座に振り込んでもらう方も多くなっています。

ATMで借り入れる方法

みずほ銀行カードローンで借り入れを行う場合は、みずほ銀行普通預金口座のキャッシュカードを利用することになりますので、利用する際は忘れないようにしなければいけません。

この場合は「キャッシュカード兼用型」と言って、キャッシュカードにカードローン機能を後から付け加える方法ですが、兼用型以外に「カードローン専用型」もあり、この場合はキャッシュカードとは別に、カードローンカードが発行されますが、ローンカードが自宅に到着してからの利用開始となるので、数週間の間は利用できないようになっています。

  • みずほ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット

みずほ銀行ATM以外にも、ローソンATM・セブン銀行・イーネット(ファミリーマート、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)の提携コンビニATMで借り入れることも出来ます。基本的にコンビニATMなら、24時間稼働している所も多く、深夜や土日にも利用しやすい特徴があります。

しかし、ATM利用時には手数料に注意しなければいけません。

キャッシュカードを利用してATMでお金を引き出されることは、一般的になっていますので、手数料が無料で利用されている方が多いと思います。

ですが、みずほ銀行カードローンでは、提携ATMに限らず、みずほ銀行ATMの利用時にも手数料発生には気をつけなければいけません。

みずほ銀行ATMの借入利用可能時間・手数料
曜日利用可能時間手数料
月曜日7:00~24:000:00~8:00:216円
8:00~8:45:108円
8:45~18:00:無料
18:00~23:00:108円
23:00~24:00:216円
火~金曜日終日
土曜日0:00~22:000:00~8:00:216円
8:00~22:00:108円
日曜日8:00~21:00
コンビニATMのカードローン借入利用可能時間・手数料
曜日利用可能時間手数料
月~金曜日終日8:45~18:00:108円
上記以外の時間:216円
土曜日0:00~22:000:00~22:00:216円
日曜日8:00~24:008:00~24:00:216円

銀行カードローンで自行ATMを利用する場合に、手数料を24時間無料にしている場合もありますが、みずほ銀行カードローンでは、「平日8時45分〜18時」の間だけが手数料無料で借入できる時間帯になります。平日の無料の時間帯前後であれば、108円か216円の手数料が発生するようになっています。

提携コンビニATMは終日手数料が発生するので、無料時間帯はありません。提携ATMの利用は他の銀行カードローンでも多くの場合が有料になっています。時間帯で手数料の金額が変わりますが、消費者金融のカードローンであれば、時間帯ではなく利用する金額によって、手数料の金額が変わります。

手数料無料のネットキャッシングで借り入れ

みずほ銀行カードローンは、普通預金口座を開設することが条件ですが、「みずほダイレクト」のネットバンキングのお手続きをされていない方もいます。

みずほ銀行口座のネットバンキング「みずほダイレクト」を利用すると、パソコンやスマホ、電話から振込
依頼できるようになっています。振込を依頼すると登録してあるみずほ銀行口座に振り込まれるようになっているので、簡単に借り入れできますよ。

振り込まれる際に発生する手数料も無料になっているのが、ATMで借り入れるのとの違いになります。

みずほダイレクトを利用するには、別途登録しておく必要がありますが、みずほ「かんたん残高照会」のネットから簡単に申し込むことが出来ます。

みずほダイレクトの振込で借りる場合は、月曜日〜金曜日「0時〜15時」となっているので、振込可能時間帯をズレたりや土日の振込キャッシングは出来ません。

自動貸越で借りる

最後の借り入れ方法の「自動貸越」は、みずほ銀行口座を通常通り使うキャッシュカードとカードローンを利用するローンカードが一体となった「キャッシュカード兼用型」を利用する方のみになり、カードローン専用型の方は利用できないサービスになっています。

元々、キャッシュカードを持っていた方は、新たにカーローン契約時に手落ちのカードにローン機能を付加出来ます。

口座からお金を引き出す際に、不足分はカードローンからの借り入れとなり、緊急のお金が必要な時に、お金の心配をする必要がなくなります。

例えば、1万円を借り入れしたい急な出費がある場合に、みずほ銀行口座には5,000円しか残高がなくても、1万円引き出した時には、自動的にカードローンから5,000円を追加で借り入れたことに出来る機能です。

自動融資サービスと自動振替サービス

みずほ銀行カードローンには「自動貸越機能」とは別に、スイングサービス「自動融資」「自動振替」の機能があります。

自動融資は自動貸越機能に似ていますが、公共料金の自動引き落としやクレジット払いの引き落としなどで、口座残高が不足している場合は、自動的にカードローンから融資して借り入れ出来る機能になります。

口座の残高不足になって、急いで振込キャッシングを依頼しなくても、自動的に残高を補えるようになっているので便利です。しかし、利用可能限度額に余裕がなければ利用できないので、注意してください。

自動振替は返済時のサービスとなりますが、カードを利用してカードローン口座へ返済する時に、毎月の返済金額以上を振り込んでしまった場合に、余った金額を自動的に普通預金口座に入金してくれます。

みずほ銀行カードローンの返済方法

  • 自動引き落とし(口座振替)
  • ATMから任意返済
  • みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンの返済方法で、皆さんが利用されているのは「自動引き落とし」になっていて、「毎月10日」に自動的にみずほ銀行口座から引き落としになります。カードローンを契約する際に、みずほ銀行口座が返済用口座に登録されますので、そのまま利用できる返済方法です。

1番多い返済方法というよりも、みずほ銀行カードローンを利用されるすべての方が、自動引き落としで返済するという流れになります。ですので、毎月最低返済額以上のお金を口座に入れていれば、返済を忘れることはありません。

ATM返済は「任意返済」

みずほ銀行カードローンは、提携ATMやみずほ銀行ATMでも返済出来るようになっていますが、ATMからの返済方法は「任意返済」となっているので、毎月10日の随時返済は必ず行われます。

毎月決まった返済額を返すだけよりも任意返済をすることで、借入残高を早く返済できるので、余計な利息の発生を少なくすることが出来ます。

注意したいのが、借入方法の解説でも出て来ました「手数料」となります。返済時も同様に時間帯によって手数料が発生しますので、任意返済で借入残高を減らしたにも関わらず、手数料が余計にかかってしまうことになりかねません。

任意返済は、みずほ銀行ATM「平日8時45分〜18時」の間で行うようにしましょう。

手数料無料の任意返済「みずほダイレクト」

同じ任意返済になるのが「みずほダイレクト」の返済方法になりますが、みずほダイレクトからの返済であれば「手数料無料」になっています。

スマホやパソコンからみずほダイレクトの返済は24時間出来るようになっていますが、返済が反映される時間は「月曜日〜金曜日の0時〜15時」となっているので、15時以降や土日や祝日・振替休日では、みずほ銀行の翌営業日になります。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ