みずほ銀行カードローンの金利は「年2.0%〜14.0%」で、最大限度額は「800万円」となっています

みずほ銀行と言えば、三井住友銀行・三菱UFJ銀行と並ぶ日本の最大級の都市銀行として有名で、そのみずほ銀行が発行しているカードローンですので、人気が非常に高くなっています。

銀行のカードローンは、金利が低く・融資限度額が大きくて、人気の商品になっています。しかし、銀行カードローンは審査に時間がかかる・即日融資を受けたいなどの理由から、利用を避けている方も多いです。

そんな中、みずほ銀行カードローンは、素早く借入可能な銀行カードローンとなっており、利用者も多いカードローンです。WEB完結申込を銀行で採用しているカードローンで、口座開設は必要ですが手間が少なく便利な申込方法も用意されています。

消費者金融に比べ、審査は厳しいとされていますが、金利の低い銀行カードローンを利用した方が、後々利息も少なくなります。

金融名実質年率最大限度額
みずほ銀行年2.0%~14.0%※800万円

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

みずほ銀行カードローンの金利

みずほ銀行カードローンの金利は「年2.0%~14.0%」になっています。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンでよく比較されるのが、この金利の部分になってきます。消費者金融の上限金利は、18%ほどになっていることが一般的です。

みずほ銀行カードローンの上限金利は年14.0%で、消費者金融よりも年4%ほど低くなっていることが分かります。この年4%の差はかなりの利息の違いに表れてきます。

みずほ銀行カードローンの金利と限度額の関係
利用限度額基準金利引き下げ適用後の金利
10万円以上100万円未満年14.0%年13.5%
100万円以上200万円未満年12.0%年11.5%
200万円以上300万円未満年9.0%年8.5%
300万円以上400万円未満年7.0%年6.5%
400万円以上500万円未満年6.0%年5.5%
500万円以上600万円未満年5.0%年4.5%
600万円以上800万円未満年4.5%年4.0%
800万円年2.0%年1.5%

みずほ銀行カードローンの金利は、限度額の段階によって金利が決められています。なるべく大きな限度額を契約できれば、金利の低い契約ができるようになっています。

さらに、住宅ローンをみずほ銀行で利用されていれば「金利引き下げ」サービスを受けることが出来て、年0.5%の金利を基準金利から下げることが出来ます。

さらに、他行の銀行カードローンと金利の比較をしてみても、みずほ銀行カードローンの方が多少金利が低い場合があります。

銀行カードローン金利
三井住友銀行年4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行年1.8%〜14.6%
住信SBIネット銀行年1.59%〜14.79%
楽天銀行年1.9%〜14.5%
じぶん銀行年1.7%※〜17.5%

※借り換えコース適用時

銀行カードローンの下限金利では、それほど他行と変わらない場合もありますが、上限金利を見てみると年14%台後半以上の金利になっている場合が多く、みずほ銀行カードローンの年14.0%は上限金利でも低い金利になっています。

特に、銀行カードローンを利用される方の特徴として、比較的大口の限度額を契約される場合があるので、多少の金利の違いで多くの利息の差が生まれることになります。

なるべく低い金利を選択していのであれば、みずほ銀行カードローンを候補に入れておいて間違いがありません。

すべて、銀行カードローンが勝っているわけでなく、利用者の状況として、早い借り入れがしたい場合は消費者金融を選び、大口の融資を希望する場合は銀行カードローンを選ぶなど、適材適所にカードローンを選ぶ事が重要になってきます。

100万円借りた時の返済シミュレーションと利息の違い

金利の違いでどれぐらいの利息の違いが出るのか、返済シミュレーションをしてイメージしやすくしてみましょう。

比較的限度額を大きめに「100万円」とした場合で、みずほ銀行と三菱UFJ銀行で比較してみます。

三菱UFJ銀行カードローンの100万円の借入残高がある時の最少の返済額は「2万円」です。みずほ銀行も契約した限度額200万円未満で借入残高100万円の場合は最少返済額は「2万円」と同じです。

金利の違いは、みずほ銀行では「年12.0%」で三菱UFJ銀行は「年13.6%〜14.6%」になっています。三菱UFJ銀行の場合は金利に幅があり、年14.6%で契約してしまうこともあるのですが、今回は13.6%で契約した場合を想定しました。

さらに、返済シミュレーションのシステムが違うので、三菱UFJ銀行の返済シミュレーションを利用しているので、実際の返済シミュレーションとは違う場合があります。

みずほ銀行100万円借入時の返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンで、100万円の借入残高を2万円ずつ毎月返済し続けた場合、返済回数は「70回(5年10ヶ月)」と非常に長期の返済期間になります。

返済期間が長引くことになるので、支払う利息総額も「393,187円」と40万円近くになってしまいます。

次に三菱UFJ銀行の年13.6%でシミュレーションしてみました。
三菱UFJ銀行の100万円借入時の返済シミュレーション

借入額は同じでも、みずほ銀行カードローンと比べると、年1.6%の金利が上昇するので、返済回数は「75回(6年3ヶ月)」と、さらに長くなります。

利息の総額は「484,036円」となり、9万円以上多くなることになるので、金利が低いみずほ銀行の方がお得になります。

金利は同じで利息を減らすのは「返済回数を減らす」

借入残高と金利が同じであっても、返済回数を減らせば、最終的な利息を少なくすることが出来ます。カードローンは返済回数を指定して返済するではないのですが、3年間で完済する場合、みずほ銀行カードローンではどれぐらいの毎月の返済額になるかシミュレーションしてみます。

みずほ銀行カードローンを3年間で完済する場合

3年の36回の返済回数で100万円を完済する場合、年12.0%の金利では、毎月33,214円の返済金額になりました。利息も195,696円と少なくなり、さらにお得に利用出来ることが分かります。

みずほ銀行カードローンの限度額

みずほ銀行カードローンの最大限度額は「800万円」になっています。

800万円という限度額は、現在の銀行カードローンでは一般的な平均の限度額になっています。三菱UFJ銀行では「500万円」の限度額になっていたり、住信SBIネット銀行「MR.カードローン」であれば1,200万円の最大限度額になっています。

一様に銀行カードローンといっても、限度額には大きな開きがあると考えてください。大手消費者金融では「500万円〜800万円」の限度額になっています。

みずほ銀行カードローンで、いきなり初めての契約で800万円の融資限度額を受けれる方はまずいません。ですが、消費者金融に比べて、初めから100万円を超える限度額を受けられる場合は多いです。

消費者金融は、総量規制の対象ですので、50万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書を提出する事になっています。ですので、50万円以下までの限度額になるケースが多いです。

大口の融資を受けたいときには、金利も低いみずほ銀行カードローンがオススメでしょう。

みずほ銀行カードローンを増額する方法

みずほ銀行カードローンで、現在契約している限度額が少なく不満がある場合は、限度額の増額が出来るようになっています。

契約限度額に不満と言っても、契約してすぐに増額の申込をしても受け付けてもらえません。ある一定の利用実績や信用をもってもらわないと、増額の申込をしても意味がありません。

みずほ銀行で増額する場合は、スマホやパソコンのネット申込や、店頭窓口で出来るようになっており、再申し込みが必要になっています。

すでに一度契約しているからと言っても、申込内容が簡素化されることはなく、通常通りに再審査を受けることになります。増額の審査は限度額が増えることになるので、審査は厳しいと考えておく必要があります。

雇用形態が良くなったり、年収が上がったなど好条件が揃えば、増額審査で通ることは十分に可能になっています。しかし、初めての契約時より属性が悪い方向に進んでいる場合は、限度額の減額となることもあると考えておく必要があります。