即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

ビジネスローンとは?《事業者ローン》

ビジネスローンはその名前の通り、事業を営んでいく上で必要になる資金を、事業者がお金を借り入れる際に使うローンになります。ビジネスローンと聞くと、法人の会社のみが使うことが出来るローンと思う方も多いかもしれませんが、個人事業主である方でも利用する事が出来るローン商品になっています。

さらに、ビジネスローンは銀行などの金融機関だけが行っているローン商品ではなく、信販会社や消費者金融の貸金業者でもビジネスローンを扱っている会社も多く、銀行融資と言われる商品とは全く別物のローン商品となります。

個人事業主や法人でも、事業拡大や少し暇な時期での資金調達にも役立つローンですので、事業をされている多くの方が検討されることをおススメします。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンは「事業者ローン」とも言われ、事業に関しての資金調達に特化したローン商品と言えます。事業に関して必要になる資金に対してなら使い道は自由とされており、事業拡大・つなぎ融資・社員に対しての給与など様々な用途に利用できるようになっています。

事業資金が必要になった時に、銀行の事業融資や公的な融資を考えられることも多いですが、一般的に事業融資・公的融資は審査の時間が長くかかったり、審査が基準が高いといわれる事が多いです。

一方、ノンバンク系と言われる消費者金融や信販系会社のビジネスローンは、審査が比較的早いと言われています。

    民間のビジネスローンのメリット

  • 銀行・公的よりも審査が早い
  • 審査通過率が高い
  • 担保・保証人は不要が多い
  • 総量規制の対象にならない
    民間のビジネスローンのデメリット

  • 公的融資より金利が高め
  • 限度額が低め

貸金業者のビジネスローンのメリットやデメリットは、借入される方の目的によって変わってきますが、一般的に言われている事は上記のようなものです。

特に、個人事業主の方などでは、銀行融資や公的融資の審査が高いハードルとなり、なかなか融資にこぎ着けないと悩んでいる方も多いです。私の知り合いの方で融資を受けられなくて困っている方を見た事があります。

民間のビジネスローンなら、全ての方が審査に通るとは言えませんが、事業を営む方が対象となるので、個人事業主の方でも、審査通過率が著しく悪くなるとは言えません。

個人の一般の方が申し込まれるカードローンである場合、自営業などの個人事業主が申し込むと、職業としての属性は非常に低い方に分類されるため、公務員や会社員などの勤務されている方に比べると、カードローン審査で落とされる可能性は高くなってしまいます。

ビジネスローンの申込から融資までにかかる時間が、ビジネスローンなら公的融資などと比べると、比較的早いとされています。融資までに1週間以上かかってしまう公的融資などと比べると、消費者金融などのビジネスローンでは、翌日融資などに対応されているところもあるぐらいです。

総量規制対象外のビジネスローン

総量規制は、個人の借入上限が年収の3分の1までと決められている法律になります。簡単に年収600万円の方では、200万円未満の借入までとなっているのです。

総量規制の対象となるのは、貸金業者となっていますので、消費者金融や信販会社のカードローンは対象となり、大きな限度額を契約がしにくいものとなっています。

大きな限度額が消費者金融などでは契約しにくいとされていると、事業性資金などは比較的大きな資金が必要になるケースが多いのに、消費者金融でもビジネスローンを取り扱っています。

なぜ、消費者金融や信販会社でもビジネスローンを扱っても大きな限度額が契約できるかと言うと、ビジネスローン自体が総量規制の例外として扱われるためです。総量規制の例外として「個人事業者に対する貸付け(ビジネスローン・事業ローン)」とあります。

個人事業者に対する貸付を受けるためには、いくつかの条件が必要になります。

  • 資金使途が事業資金である
  • 確定申告書および所定の事業計画・収支計画・資金計画を提出
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められる

上記の条件を満たさないと、事業性があると認められれず、ビジネスローンの審査には通ることは出来ないので注意してください。

ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとカードローンの違いは、事業性資金に使えるのかどうかになりますが、銀行カードローン自体は事業に関しての使い道は一切認めていません。消費者金融のカードローンであれば、個人事業主に関して言えば、生計費と事業資金に使っても良いとされているのが一般的ですが、やはり「総量規制の対象」ということで、大きな限度額は契約できないと言えます。

ビジネスローンや不動産ローンなどを扱っている業者は、個人事業主に限らず法人の方でも利用できるようになっていますが、消費者金融のビジネスローンになると法人への貸付は行っていない場合が多いです。

しかし、アイフルグループである「ビジネクスト」であると、法人への事業者ローンの貸付が可能になっているところもあるので、個人事業主以外の法人であっても、簡単に銀行融資でないビジネスローンを利用することも可能になっています。

消費者金融とビジネスローン専業で比較

項目 プロミス
「自営者ローン」
ビジネクスト
金利 年6.3%〜17.8% 年8.0%〜18.0%
限度額 最大300万円 最大1,000万円
審査 最短即日可能 数日必要
必要書類 本人確認書類、確定申告書、事業を疎明する書類 本人確認書類、確定申告書2年分など

消費者金融とビジネスローンを主に扱っている業者では、金利はさほど変わるケースはあまりありませんが、限度額に大きな開きがあることが一般的です。

あと審査時間に大きな違いがあり、消費者金融のカードローンでのメリットである「最短即日」の融資が、ビジネスローンでも可能なことが多いです。

しかし、ビジネクストでは限度額も大きくなることが多いので、審査時間には数日必要なことが多くなりますが、仕方のないことと考える必要があります。さらに、ビジネクストは法人の申し込みも可能ですが、法人の申し込みの場合は、必要書類に「登記事項証明書」「決算書2期分」が必要になりますので、注意してください。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ