即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

1万円や2万円をキャッシングするカードローンの選び方

お金を借りる必要が出来て、カードローンで借り入れる検討される場合、カードローンの限度額は最大で銀行なら1,200万円や消費者金融で800万円など、とても大きな金額なっています。

しかし、一般的なサラリーマンやパートなどの皆さんが、非常に高額な限度額を契約して借り入れるケースは、ほとんどの場合ありません。

少額のキャッシングされやすい理由
  • あと少しの給料日までの生活費
  • 急な友人との飲み会費
  • プレゼント費用がない
  • スマホ代の引き落とし費

よく借り入れされる金額と言えば、給料日まであと数日の生活費に少しだけ足したいときや、あと少しの費用が必要になる少額の1万円から3万円ほど借り入れるケースがよくあります。

数万円の金額の借り入れならば、友達や妻に言って前借りや早く返すからなどと言い訳をして、借りたら良いじゃないかと、言われる方もいるかもしれません。

しかし、なかなか友達にお金を借りるというのは勇気のいるもの。妻となったら余計に前借りさせてくれない場合も…。

銀行カードローンも現在、簡単に申し込む事が出来ます。さらに、大きな限度額が契約できてもすべての限度額を借り入れする必要はありません。

1万円〜3万円をキャッシングする選ぶポイント

1万円〜3万円で抑えるポイントは3つ
  • 審査の早さを重要視
  • 無利息期間があるカードローン
  • 金利はそれほど気にしない

1万円〜3万円の金額を必要になる場合は、急な出費が出来た時などの理由が多く、急いでキャッシングが出来ることを重要視する必要があります。

審査に3日や借り入れまでに1週間必要になるカードローンになってしまうと、お金が必要な日までに借り入れが出来ないというケースも出てきてしまいます。

さらに、給料などお金が入れば、すぐに返済出来る金額である「1万円〜3万円」というのが重要です。

非常に少額の金額を借りる場合には、金利はそれほど気にされないほうが良いと言えます。多少の金利差で利息は変わりませんので、それ以外の無利息サービスを提供されているカードローン会社で検討したほうがお得に利用できると考えるほうが良いです。

1万円のキャッシングは本当に金利を気にしなくて良いの?

借入額が1万円ほどの小口のキャッシングなら、給料日などに一括返済される方が多いと思います。

簡単に年18%で30日間借り入れした場合の利息の計算は下記になります。

利息の計算

10,000円×0.18(18%)×30日÷365日=147円

上の計算では、1万円の利息はだいたい150円ほどで、返済金額1万円に利息を追加して一括返済するだけです。

一括返済しない場合、プロミスの毎月の1万円の借入残高の約定返済額は1,000円と少ないので、返済期間は3ヶ月となる4,000円で計算すると、プロミスの金利17.8%で1万円の3ヶ月の返済総額は「10,272円」となり、利息は272円です。

多少の利息は発生しますが、金利でカードローンを選ばなくても良い範囲だと言えます。

借入金額が3万円ぐらいになってくると、一括返済が出来ないとなってくる方も多少出てくることがあります。

アイフルの借入残高10万円までであれば、毎月の返済額は4,000円ですので、9回の返済回数で返済総額は「32,060円」ですので、利息は2,060円となります。

1万円の時よりも返済期間が延びてしまうので、利息は少し多くなりますが、単純計算で1ヶ月200円程度の利息の発生となりますので、さほど影響がある利息ではないと言えます。

数万円の借り入れでしたら、利息もそれほど多くありませんし、返済期間もあまり長くなることはありません。カードローンを使うことによって、逆に生活にゆとりが生まれるかもしれません。

プロミスと三井住友銀行の利息の差

1万円借りた時のプロミスの年17.8%で返済する場合と、三井住友銀行の年14.5%で返済する場合の利息の差を見てみましょう。

プロミスでは、上の項目で計算したように、支払総額「10,272円」となるので、利息は272円だと分かっています。

三井住友銀行も同じ4,000円の返済額で3ヶ月の返済期間で計算すると、支払総額は「10,219円」となり、利息は219円となります。

プロミスで272円の利息と、三井住友銀行カードローンの219円の利息の差は53円ですので、それほど大きな利息の差にはなりません。

非常に少額の借り入れであれば、金利が高いとされる消費者金融と、銀行カードローンの利息の差は少ないので、やはり審査の早さを重要視される方が良いと思います。

すぐに借りたい審査の早さで選ぶなら消費者金融

1万円だけでも今日中や明日までに借りたいと思うなら、審査の早さの評判が高い消費者金融が最も早く即日融資も可能になっています。

消費者金融審査時間
プロミス最短30分
アコム最短30分
アイフル最短30分
SMBCモビット最短30分※
ノーローン最短20分
みずほ銀行カードローン最短翌営業日
三井住友銀行カードローン最短翌営業日
三菱UFJ銀行カードローン最短翌営業日
新生銀行カードローン レイク申込完了画面に表示

※申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いになる場合があります。

審査時間を見てみると、消費者金融であるプロミスやアコムなどが「最短30分」となっており、審査時間の短さが分かると思います。

銀行カードローンと比較すると、銀行カードローンの審査時間は「最短翌営業日」となっているので、申込当日に審査回答を得られることはありません。ですので、銀行カードローンで即日融資を受けることは、不可能になっています。

銀行カードローンの金利の低さだけを考えて選んでいまうと、1万円のキャッシングでも間に合わなくなってしまうことになります。

消費者金融は審査時間が延びたとしても、1時間から2時間程度で審査回答を貰える場合がほとんどで、そこから当日の振込キャッシングも可能になっています。

時間によっては、振込キャッシングが翌営業日扱いになってしまいますが、無人契約機がある消費者金融であれば、土日祝日関係なく8時〜22時(消費者金融や店舗で異なる)で、その場でカード発行が出来るようになっているので、提携ATMで借り入れすることも出来ます。

1万円のキャッシングは無利息期間で利息ゼロにする

無利息期間があるカードローンは、期間内の金利がゼロになるために、利息が発生しないお得なサービスになっています。

無利息期間のカードローンの金利と期間
金融機関名金利無利息期間
プロミス年4.5%〜17.8%30日間※
アコム年3.0%〜18.0%30日間
アイフル年3.0%〜18.0%30日間
SMBCモビット年3.0%〜18.0%期間なし
ノーローン年4.9%〜18.0%7日間
新生銀行カードローン レイク年4.5%〜18.0%30日間、180日間

※メアド登録とWEB明細登録が必要

無利息期間サービスがあるカードローンは消費者金融が多くなっているのが分かります。新生銀行カードローン レイクは現在は銀行カードローンとなっていますが、以前は消費者金融でしたので、その名残が残されている形です。

プロミス、アコム、アイフルの消費者金融は、初めて契約された方に30日間無利息期間を設けています。sMBCモビットは消費者金融ですが、無利息期間はありません。

初回契約時とあるように、一度無利息期間が終了すれば、再度無利息期間を設定することはムリになっていますが、ノーローンの場合は、一度完済すれば何度でも7日間の無利息期間を利用できるようになっています。

10万円や少ない限度額を契約する場合には、消費者金融では18%やプロミスの年17.8%で契約されることがほとんどですので、金利としては銀行カードローンよりも高いものになってしまいます。

金利が高い分、銀行カードローンより審査でパートやアルバイトの方でも申し込みやすくなっていると言えるので、利用しやすくなっています。無利息期間で利息を発生させなければ、銀行カードローンよりもお得と言えます。

1万円の返済を無利息期間と銀行カードローンの金利で比較

1万円を借りた場合に、30日間の無利息期間を利用して60日間で2回に分けて返済した場合と、年14.0%の銀行カードローンで2回に分けて返済した場合の利息を比較したいと思います。

30日間の無利息を利用した場合

初めの30日間は無利息になるので、利息の発生はなくゼロになります。残りの5,000円を金利年18.0%で返済した場合の利息は「74円」。

非常に少ない利息で完済できることが分かります。

銀行カードローンを利用した場合

1万円を2ヶ月で完済する計算をシミュレーションすると、年14.0%で毎月の返済額は「5,087円」になります。

2ヶ月の利息を合計すると「174円」になります。

無利息期間を利用した消費者金融と、銀行カードローンの利息を比較すると、ちょうど100円の利息の違いが生まれました。

1万円の小口キャッシングですので、大きな利息の違いはありませんが、やはり無利息期間を利用されたほうがお得になることが分かります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ