即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

5万円〜10万円を借り入れる時のカードローン選び

様々な理由でカードローンを利用される方がいますが、借入金額が5万円〜10万円と言っても、カードローンの借入額としたら、まだまだ少額の部類に入る金額です。

たまたまその時だけ出費が重なり、どうしてもカードローンで借り入れが必要になった場合などで、月々の給料で一括返済出来る方や、ボーナスで一括返済出来る方も多いのが、5万円〜10万円の借入金額となります。

5万円~10万円程の借り入れが希望の場合も、1万円〜3万円の借り入れの場合と同様に、審査が早さや借りやすさを重視した方が良いでしょう。

消費者金融や銀行カードローンを契約する場合には、最低の契約限度額が10万円となっていることが多いので、1万円が必要な方と10万円必要な方でも、契約する限度額に違いはないと言えます。

審査の早さだけで考えると、消費者金融などが1番おすすめのカードローンになってきます。収入が少額でも安定した収入があれば、審査に受かりやすいと言われています。そうなれば、パート・アルバイトの方でも借り入れが出来る事になります。

ここで、一応気を付けておきたいのが、総量規制のことです。消費者金融は貸金業法の中で、運営していますので、総量規制の対象になってしまいます。年収の3分の1までしか、借り入れが出来ないと言うものです。

10万円の借り入れが希望の場合、最低でも年収30万円を越えていれば良いわけです。そうすると月に3万円弱の安定した収入があるパート・アルバイトでも、10万円のキャッシングが出来るわけです。

総量規制ギリギリで貸し付けてくれる消費者金融は、あまりありませんので、なるべく収入が多くあれば、パートやアルバイトでも審査に通りやすくなります。

5万円〜10万円では無利息期間を検討

1〜2万円の借り入れの解説でも言いましたが、消費者金融では無利息期間のあるカードローンが多いです。

無利息期間内に完済すると、金利はゼロになるので利息は発生しないので、無利息期間内に臨時収入などので完済できる見込みがある方は、消費者金融の無利息サービスを受けるほうが良いです。

金融名無利息期間審査時間金利
プロミス30日間最短30分年4.5%〜17.8%
アコム30日間最短30分年3.0%〜18%
アイフル30日間最短30分年3.0%〜18.0%
SMBCモビット期間なし最短30分※年3.0%〜18.0%
ノーローン何度でも1週間最短20分18%
新生銀行カードローン レイク30日間、180日間申込完了画面に表示年4.5%〜18.0%

※申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いになる場合があります。

消費者金融は、無利息期間を30日間とされていることが多く、次の給料日に返済する場合などが多いので、1ヶ月以内に完済すれば、多くの場合が利息無しで利用することが出来ます。

プロミスの場合は、初めての利用日翌日から無利息期間が始まりますので、無利息期間をムダに使うことはありませんが、メアド登録とWEB明細書の登録をされないと、無利息期間は適用されないの気をつけてください。

アコムの無利息期間は、契約日翌日から適用されることになるので、借り入れをされていない状態でも、最大30日間の無利息期間はスタートしています。あと、契約時に選び返済期間を「35日ごと」を選択しなければ、無利息期間は適用されません。

ノーローンは7日間と短い無利息期間ですが、一度完済された翌月以降に、再度借り入れをされた場合でも7日間の無利息期間が適用されるので、何度も利用できる点がありがたいです。

5万円までの借入は新生銀行(レイク)がオススメ

新生銀行カードローン レイクの無利息期間は、消費者金融が採用している30日間と、新生銀行カードローン レイク独自の180日間の無利息期間があります。

30日間の無利息期間であれば、他の消費者金融と同様に、借入金額に関係なく30日間が無利息となりますが、180日間無利息になると「5万円まで」の借入金額に適用される無利息サービスとなります。

元々、5万円の借入予定とされている方であれば、30日間と180日間の併用は出来ませんので、契約時に180日間を選択することで、期間内に5万円の借入金額を完済すれば、実質無利息でカードローンを利用できることになります。

5万円で180日間で完済する毎月の返済金額は「9,000円」程度で良いので、それほど生活費の圧迫にもなりにくいはずです。

10万円借り入れた時の利息と返済額

カードローンで10万円以下を借り入れるケースが、1番多いと思いますし、私も8万円ほど借り入れした時があります。実際、10万円を借り入れたときの返済額や利息はどれぐらいなのでしょう。

限度額10万円の借り入れの場合、適用される金利は上限金利となるのが通常ですので、消費者金融であれば年18%です。プロミスの場合ですと、年17.8%になります。

消費者金融ではなく、銀行カードローンとして三井住友銀行カードローンの場合は、上限金利の年14.5%が適用されることになります。

借入残高10万円の場合、プロミスとアコムの最低返済額は4,000円で、三井住友銀行カードローンは2,000円となっていますが、約定返済額は少ない金額で返済できるメリットはありますが、返済期間が非常に長くなってしまうことがデメリットです。

10万円の借入残高で4,000円の返済額を続けると、プロミスの利息は「25,864円」、アコムは「26,260円」、三井住友銀行カードローンは「19,757円」となります。金利が低い銀行カードローンの方がお得ですが、更に低い2,000円の約定返済額で計算すると、三井住友銀行は「54,259円」の利息が発生してしまいます。

通常、返済回数を指定してカードローンを返済していくことはないのですが、約定返済額ではなく、返済回数を12回の1年間に指定して、どれだけの毎月の返済金額と利息になるのか計算してみました。

プロミスで10万円を返済した場合

プロミス10万借入の12ヶ月払いの返済金額

プロミス約定返済額とは違い、12回の返済期間で完済する計算をすると、毎月の返済金額は年17.8%で「9,158円」となり、利息総額は9,894円の1万円弱で大丈夫になります。

4,000円の約定返済額の場合と比べると、約16,000円の利息の軽減が可能になります。

新生銀行カードローン レイクと同程度の返済金額で、1年間で完済することも可能というわけです。利息は発生してしまいますが、なるべく短い期間で完済する方が良いことが分かります。

アコムで10万円を返済する場合

アコムで10万円借入時の12回払の返済額

アコムとプロミスの上限金利の差は「年0.2%」ですので、毎月の返済金額や利息の差はないと言えます。

消費者金融で同じ金額を借りる場合に、返済期間や返済金額に違いがなければ、それほど差が生じることがないので、申込者が利用しやすいカードローンを選ばれると良いと思います。

三井住友銀行カードローンで10万円を返済する場合

三井住友銀行カードローンの12回払の返済金額

三井住友銀行は、カードローンは利用していませんが、メインバンクとして利用している側面があるので、馴染み深い銀行となっています。

三井住友銀行カードローンは「年4.0%〜14.5%」の金利となっているので、上限金利自体が消費者金融と比較しても低い金利になっています。

同じ12回の返済回数で計算すると、毎月の返済金額「9,002円」となり、利息総額「8,020円」となるので、利息も消費者金融と比べても少なくなります。

審査の早さは最短翌営業日回答となっているので、契約できるのはそれ以降になるので、消費者金融の最短30分と比べても、遅い審査回答になります。

無利息期間を併用すれば良い

10万円までの借入であれば、比較的簡単に審査に通りやすい方も多いので、外出先でスマホから申し込まれる方も多いです。

消費者金融と銀行カードローンで金利の差があっても、返済期間を短くして「無利息期間」を利用することで、銀行カードローンと差ほど変わらない利息で完済することは、消費者金融でも可能になっているのが、10万円以下の借入になります。

消費者金融のように審査の早さと無利息期間を重要視されるのか、金利がなるべく低い銀行カードローンを選ばれるのかは、利用状況で変わることになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ