即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

サラリーマン・OLのカードローンの審査〜オススメのカードローン

カードローンを利用している割合として、一番多いと思うのが、サラリーマン・OLの会社に勤務されている方々がよく利用されているでしょう。

現在、消費者金融と言われると、昔よりクリーンなイメージを抱く方が多いと思います。CMなどを見ても有名な俳優さん・女優さんを起用しているのをよく見ますよね。

しかし、「サラ金」と言われるとどうでしょう?何かあまりクリーンではなく、闇金と何か近いようなイメージを思い浮かべる方もいるでしょう。最近では、サラ金という言葉自体あまり聞きませんが、一昔前はよく聞いた言葉です。

じつは、サラ金は『サラリーマン金融』を略した言葉で、昔はサラリーマンを対象に、小口の融資を手軽に貸し付けてくれるものでした。最近では大口の融資や、自営業・パート・アルバイトの方も多く利用されています。

会社員がカードローンを借りやすい条件

サラリーマンやOLのサラリーマンでも、カードローンを借りやすい方と借りにくい方、いわゆるカードローンの審査に通過しやすいか通過しにくい方の条件があります。

    最も良い条件

  • 正社員
  • 年収が多い
  • 勤続年数が長い
  • クレジット利用実績がある

会社員として会社に勤務されている方でも、色々な雇用形態がありますが、雇用形態の中でも正社員であるのはカードローンサービスの審査では、1番好印象になる条件です。

しかし、雇用形態が正社員じゃないといけない訳ではありません。契約社員や派遣社員の非正規雇用の方々でも、十分に審査に通ることは可能です。カードローン審査のポイントとして、正社員の方が多少有利になるという事です。

年収では、なるべく多いほうが審査で有利に働くことになります。絶対にカードローンの審査で通るという年収のラインはありませんが、一般的には「年収200万円」が1つのボーダーラインと言えます。

勤続年数は長いほうが良いです。長ければ長いほうが審査で有利に働きますが、一定の勤続年数を超えていれば、より好条件になるとはなりません。

勤続年数として、最低でも1年以上はある方が、正社員としての勤続年数になります。

今までに、クレジットカードやローン商品などを、実際に利用した事のある方が、カードローンの審査に通りやすいという事です。一見、ローン商品に無縁な方がクリーンで良い印象を与えそうですが、返済実績を重ねている方が、金融機関には好印象を与えます。

しっかり計画通りに返済されているのが好条件となります。

新卒正社員でもカードローンは借りられる?

大学などを卒業して新卒で採用された正社員の方々は、会社に採用されてから間もないため、勤続年数が短くなってしまうのは仕方ありません。

しかし、正社員として採用されているのには間違いありませんから、雇用形態としては評価が高い部類になります。新卒サラリーマンがカードローンを利用できないということはなく、安定した収入があるのであれば、十分にカードローンを利用する可能性はあります。

しかし、新卒正社員の方が、勤続年数が長い正社員の方と同条件で借入できる可能性は低いです。契約限度額が50万円出来る可能性があっても、勤続年数が短いことから、限度額20万円〜30万円に抑えられてしまうこともあります。

信用度が低い新卒の間は、限度額などの面で不利になってしまうのは仕方ありません。

正社員でも他社に借り入れがあると不利

正社員で、比較的勤続年数も長く勤務されている方でも、新たに申し込みされるカードローン以外に、他社の貸金業者で借り入れをすでにされている方は、カードローン審査で不利になってしまう可能性があります。

借入先が2社目などの比較的少ない場合であれば、それほど審査に影響があるわけではありませんが、3社、4社と増えてしまうと「多重債務者」となってしまい、カードローンの審査に大きな影響を与えてしまうことになります。

返済に困り、新たな借入先を探しているのであれば、「おまとめローン」を検討された方が良いと思います。おまとめローンは、複数社ある借入先を1社にまとめることで、借入元金は減らすことは出来ませんが、金利を減らすことが出来て利息を少なくすることが可能になります。

信用情報に異動情報がある審査が厳しい

正社員の借りれる条件で「クレジット利用実績がある」と書きましたが、クレジットカードやローン利用実績があっても、過去に信用情報に異動情報と言われるキズがあると、新たなカードローンを契約できないケースが多くなります。

異動情報で記録されやすいのが、「長期延滞」となっている返済が長期間で遅れてしまう状況です。長期延滞になるのは「61日以上または3ヶ月以上」となっているので、行為に返済が遅れている方になります。数日や短期間の返済の遅れであれば、信用情報機関に登録されることはありません。

信用情報機関は「JICC」「CIC」「KRC」とありますが、ローン商品の申込があれば、その時点で加盟している貸金業者や金融機関は、異動情報が記録されていないのか確認作業を行います。

それぞれの信用情報機関で情報も共有されているので、加盟していない信用情報機関の内容でも、すぐに分かるようになっています。

長期延滞を解消できたとしても、延滞解消日からJICCでは「1年」、CICとKSCでは「5年」の登録期間がありますので、異動情報を確認された時に登録されているのであれば、正社員であってもカードローン審査に通りづらくなります。

正社員であれば銀行カードローンがオススメ

正社員の方で、勤続年数も長く収入もある程度あり、信用情報機関に異動情報が記録されていない場合、オススメするカードローンは「銀行カードローン」となります。

銀行カードローンは、審査が厳しいというイメージが昔からありますが、審査が厳しい分、金利が低く比較的大きな限度額が契約できる可能性が高いです。

安定した継続性のある収入は、パートやアルバイトの方よりも正社員の方となります。

銀行カードローンの金利と限度額
銀行カードローン 金利 最大限度額
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%※1 800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6% 500万円
じぶん銀行カードローン 年1.7%※2〜17.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%〜17.8% 800万円
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%※3〜14.79% 1,200万円
イオン銀行カードローン 年3.8%〜13.8% 800万円
新生銀行カードローン レイク 年4.5%〜18.0% 500万円

※1:住宅ローン利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は「年1.5%~13.5%」
※2:借り換えローン適用時
※3:所定の条件を満たした場合

メガバンクやネット銀行カードローンの一部では、消費者金融の一般的な上限金利「年18.0%」よりも低い金利なのが、上の表で分かります。

金利は借入残高に乗じて利息が計算されるので、金利が低くなることが、利息を抑えられる条件の1つになっています。

いきなり最大限度額を契約できるとは言えませんが、必要に応じて、正社員であれば100万円以上の限度額を契約出来る可能性はありますので、申し込んでみる価値はあります。

OLの方は消費者金融レディースローンがオススメ

オフィスレディであるOLの女性の方は、現在ではカードローンを利用されている方は多いですが、カードローンに申し込みされるのを、躊躇されている方も多いです。

ネット申込が主流な申込方法となっていますが、万が一の電話連絡や審査結果など、一部担当者から電話がかかってくることがあります。カードローンの担当者は男性女性の両方がいますので、男性からの連絡は抵抗があります。

しかし、担当者が女性限定のカードローンがあり、プロミス、アイフル、新生銀行カードローンなどが女性向けカードローンを展開しています。

女性向けだからといって、審査が緩くなるとはありませんので、注意してください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ