管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

年金受給者がカードローン審査に通る条件

年金には厚生年金・国民年金・共済年金と色々と種類はありますが、年金を納めた年数で支給額が変わり、条件をクリアしていれば、基本的に65歳から年金が受給できるようになります。

年金受給の年齢は、受給年齢を繰り上げれば60歳から可能で、まだまだ年金が必要ないという方は70歳まで繰り下げることも可能にですので、必要に応じて受給年齢を考える必要があります。

しかし、年金受給者がお金に困った場合、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りようと考えるかもしれませんが、高齢な方ほどカードローンの審査に通りづらくなります。

会社員の方でしたら、現在65歳までの定年制を採用している会社が多いと思いますので、65歳までバリバリに働いて、退職後は退職金と年金のお金で、ゆっくりと生活していくことになるでしょう。

自営業などの方は、生涯現役として長く働いていくことになりますが、年齢を重ねると若い頃のように、バリバリに働くことは難しくなります。そうなると、カードローンなどでお金に困った時に、借り入れる方が増えているようです。

プロミスアコムアイフルSMBCモビットの大手消費者金融の場合、収入減が年金受給だけになていると、カードローン審査に通ることは出来ないので、注意してください。

年金受給者「60歳以上」が利用できるカードローン

年金受給開始が一番早い年齢は「60歳」となりますので、60歳以上でも利用できるカードローンを見てみましょう。

楽天銀行カードローン

銀行カードローンの年齢制限
銀行 年齢制限
みずほ銀行カードローン 満20歳以上65歳未満
三井住友銀行カードローン 満20歳以上69歳未満
三菱UFJ銀行カードローン 満20歳以上65歳未満
満20歳以上62歳以下
じぶん銀行カードローン 満20歳以上70歳未満
オリックス銀行カードローン 満20歳以上69歳未満
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 満20歳以上65歳以下
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」 満20歳以上70歳以下

銀行カードローンの年齢制限は、65歳未満や70歳未満などの様々な年齢制限が、各金融機関によって変わっているのが分かります。

上記の表の中では、60歳以上でも利用できる銀行カードローンばかりになっていますが、基本的な年金受給となる65歳となると、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行では利用できない年齢になってしまいます。

年齢制限はクリアしていても、楽天銀行、住信SBIネット銀行、オリックス銀行では、そもそも年金収入だけでのカードローン申込は受け付けていないようになっています

60歳で仕事をリタイアされて、年金生活を送っている方は、申し込める銀行カードローンは制限されてしまうことになります。

年金受給者がカードローン審査に通る条件としては、年齢制限にひっかかっておらず、収入があることが条件になってしまいます

年金は安定した収入なのか?

カードローンの貸付条件には、年齢制限以外に「安定した継続性のある収入」という内容を目にします。借り入れをすれば、必ず返済しなければいけませんので、収入が途絶えたり安定していと、返済が出来なくなってしまう可能性もあります。

年金は、毎月決まった金額を偶数月に口座に振り込まれる形で入金されるので、安定した収入と考えると思います。

金融機関でも、年金を安定した収入と考えるところもあれば、収入としてみないところもあり、年金受給だけでは申し込めないところがあります。

安定した収入であっても、年金受給ということは、必然的に高齢になってしまうので、病気やケガのリスクが若い方よりも高くなり、カードローン会社としてもリスクが高くなるので、そもそも申込を受け付けないようにしていると考えるほうが良いです。

年金以外の収入でカードローン利用が拡大

年金しか収入減がないというのは、信用としては非常に低くなってしまうことに繋がりますので、年金以外の収入を得ている方は、カードローンは様々なところに申し込みすることが出来るようになります。

  • 自営業の収入
  • 不動産収入
  • 農業収入
  • 投資収入

年金だけの収入の場合は、消費者金融の申し込みも出来なかったですが、副収入がある場合は、消費者金融でも申し込みが出来るようになります。

年金以外の収入は色々ありますが、もとから個人事業主として自営業を営んでいる方は、60歳を超えても自分の力で収入を得ることが可能です。

不動産収入や農業で得た収入などがあれば、安定した収入を見なされる場合があります。給与所得ではないので、収入証明書の提出の際には、確定申告書の提出となりますが、もし収入として不安定や赤字が出ているようであれば、審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

お金に困る老後

上で言いました会社員の方は、退職金と年金で生活していくのですが、退職金を住宅ローンや色々な負債に充ててしまう方も、意外と多いようです。それにより、退職金の半分ぐらい使ってしまい、老後のお金が少なくなるようです。

自営業の方は会社員の方と違い、国民年金なのでかなり少な目の年金額しか受給できない方が多いです。意外と老後の生活費にはお金がかかり、さらに病気などで通院や入院など、高額なお金が頻繁に必要になったりします。

公的な融資制度を利用する

年金受給者が生活費や病院への通院費などを工面するのに苦労されていることは、色々なところで聞く機会が多くなっています。

お金を借りると考えると、すぐに消費者金融や銀行カードローンを思うかもしれませんが、非常に金利が低く借入できる「公的融資」を考えるほうが良いと思います。

年金を担保にしてお金を借りるのは、法律によって禁止されているので、通常は年金を担保にすることは出来ません。しかし、日本政策金融公庫と独立行政法人 福祉医療機構の融資制度には、年金担保が許されていることになっています。

日本政策金融公庫は「恩給・共済年金担保融資」ですので、融資対象が非常に限られてしまうことになりますが、福祉医療機構の年金担保貸付事業は国民年金や厚生年金を貰っている方であれば、利用できるようになっています。

銀行カードローンでは事業性資金には使えないようになっていますが、年金担保貸付事業は使用目的が広く、生業となる設備投資などの事業性資金への使い道も許されているのがありがたいです。自営業者でも融資されやすいと言えます。

あくまでも事業性資金には使うことが出来ますが、他のカードローンと同様にギャンブルなどの使い道には利用出来ないようになっています。

金利は年2.1%と非常に低く、銀行カードローンの下限金利よりも低い金利です。

公的融資で注意することは、消費者金融や銀行カードローンのように、申し込みしてから数日で借り入れできるような早い融資には対応していません。

申し込み締め切り日から融資開始されるまで「概ね4週間程度」かかるように、福祉医療機構の公式サイトに書かれています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ