専業主婦の方は収入がゼロであるため、審査基準が高い銀行カードローンでは、審査に落とされると思っている方も多いです。

専業主婦本人に収入はないけれど、近所や子どもの知り合いのママ友などと「食事会」「イベント」などでお金を使う機会は多く、生活費や子どもの習い事なども、夫の収入だけでやり繰りしなければなりません。

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなどの大手消費者金融の方が、審査に柔軟に対応してくれそうに思いますが、大手消費者金融は専業主婦の申し込み自体を受け付けていません。

以前は、専業主婦でも申し込みを受け付けていましたが、現在は総量規制の対象である消費者金融は、年収がなければ貸付出来ないことになっています。

総量規制の例外「配偶者貸付」を利用して、消費者金融でも申し込みは出来るようになりますが、受け付けているのは中小消費者金融のみです。

申し込みを避けてしまいそうな銀行カードローンであれば、専業主婦でも申し込めるようになっています。

専業主婦にオススメなのは銀行カードローン

そもそも総量規制は、貸金業法の中にある法律で、貸金業法の規則内で営業されている消費者金融のカードローンは、総量規制の対象となります。

では、同じ貸付業務を行っている銀行を、専業主婦にオススメするかと言うと、銀行は「銀行業法」という法律内で運営されています。

ですので、貸金業法の1つである総量規制自体の対象にはなりません。年収の3分の1以下の借り入れしか出来ないなどの項目はありません。

各銀行の専業主婦(主夫)への貸付
銀行名条件
みずほ銀行可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある(借入上限:30万円)
三菱UFJ銀行可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある(借入上限:30万円、学生は10万円)
三井住友銀行不可:契約者自体に安定した収入がある
楽天銀行可能:契約者自体に収入が無い場合も良い(専業主婦の方:借入上限50万円まで、年齢は60歳以下)
イオン銀行可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある
オリックス銀行不可:契約者に毎月安定した収入が必要
じぶん銀行可能:安定継続した収入のある方

銀行カードローンでは、専業主婦の方も申し込みOKと宣伝している銀行もあれば、大々的には宣伝していないところもあります。特に、2017年以降は、金融機関の貸付に対しての取締が厳しくなっていることもあり、専業主婦を明記していない金融機関も非常に多く、専業主婦への審査がより厳しくなっています。

さらに、契約者本人に収入がない場合の貸付は、限度額が制限されている場合もあります。

銀行カードローンをオススメする点として、銀行カードローンの低金利で借り入れが出来ることは、返済する時に利息が少なくなります。生活費の中から返済するのですから、なるべく利息を少なくしたいのが専業主婦だと思います。

配偶者貸付は同意書が必要

銀行カードローンではなく、貸金業者の配偶者貸付を申し込みしたい場合は、配偶者である夫の同意書の提出が必ず必要になります。

ですので、カードローンを利用しようとすることを、夫に打ち明けなければ利用できないようになっています。なるべくお金を借りることは、家族には内緒にしたいと思うのが主婦の方だと思うので、配偶者貸付は専業主婦でも借りれますが、少しハードルは高いと言えます。

専業主婦が銀行カードローンをバレない対策

銀行カードローンは、配偶者貸付を利用しなくても、カードローンの申し込みが出来るようになっているので、同意書の提出は不要です。ですので、夫への銀行カードローンの申し込みではバレにくいと言えます。

最近では、都市銀行カードローン以外の地方銀行カードローンでも、ネット申込に対応している金融機関が増えているので、わざわざ店頭窓口に行かなくても、スマホやパソコンから申し込みが出来るので、さらにバレにくい可能性が高くなっています。

しかし、申し込みするときだけ注意するのでは、いつかカードローンを利用していることがバレる場合もあります。

  • ネット申込を利用
  • 電話連絡に注意する
  • 郵送物に注意する
  • ローンカードを見せない

電話連絡に注意する

カードローンを申し込むと、申込内容の確認などはメールで送られてくるように現在はなっていますが、在籍確認や契約内容の確認などに、電話連絡がされることになります。

通常の在籍確認の場合は、勤務先への電話連絡となっていますが、専業主婦は勤務先がないので、申込時に登録した固定電話か携帯電話に連絡することになります。

昔は、固定電話の信用度が高かったので、審査に通るために携帯電話番号よりも固定電話を登録した方が良かったのですが、現在はすぐに連絡が取れる携帯電話番号のほうも重要になっています。

固定電話に連絡する銀行カードローンもありますが、携帯の方に連絡することが多くはなっていますが、心配の専業主婦のかたは、申込完了後にコールセンターに「携帯電話番号に連絡してください」と伝えることが良いです。

郵送物に注意する

銀行カードローンの審査に通ると、契約書類やローンカードが自宅へ郵送されてくることになります。

送られてくる封筒に「○○銀行カードローン」などカードローンを利用することがバレるような内容は、外観には書かれていませんので、夫に先に封筒を開けられなければ大丈夫です。

もし、自宅に郵送物が送られてくるのが困るのであれば、三菱UFJ銀行カードローンでは「テレビ窓口」というローン契約機が店舗内に設置されています。

銀行に出向くことにはなりますが、テレビ窓口を利用して仮審査に通れば、その場でカード発行が行われます。以前は、カード発行されればすぐに利用できていましたが、現在は本審査に通ってから利用できるようになります。

契約書類もその場で発行されるので、自宅への郵送物がなくなり、夫にバレる可能性を低く出来ます。

ローンカードの取扱に注意

カードローンを提携ATMを利用して借りる場合、ローンカードを必要としますので、財布にカードを入れられている方も多いと思いますが、家族に財布の中身を見られてしまい、バレてしまう可能性もあります。

しかし、財布に入れておかないと、万が一の利用する時にカードがないと不便になってしまいます。

その場合、ローンカードと銀行キャッシュカードが一体型となる銀行カードローンを利用すると、万が一に財布を見られても銀行カードローンとは分からないはずです

みずほ銀行カードローンは、口座開設で出来たキャッシュカードに、カードローン審査に通り契約すれば、あとからローン機能を付けるようになっています。

ローンカードとキャッシュカードを別々にすることも出来ますが、バレる可能性を低くするためには、一体型の方が良いと思います。