即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

消費者金融カードローン

プロミスの特徴

消費者金融のプロミスは、私が利用しているカードローンの中の1つで馴染み深い消費者金融になります。三井住友銀行グループになっている消費者金融ということもあり、安心して利用できるカードローンです。

私の銀行口座が三井住友銀行ですので、ネットキャッシングでプロミスから振り込んでもらう時は「瞬フリ」が利用できるので、瞬時に振込が行われるので大変便利です。

ネット申込だけでなく、22時まで営業(一部21時まで)している自動契約機もあるので、仕事終わりなどにカード発行をして即日融資が出来るのもプロミスの強みになります。

アコムの特徴

アコムはクレジットカードも発行していますが、カードローンとしての消費者金融のイメージが強く、審査が非常に早いことでも定評があります。審査時間も最短30分になっていて、最短融資1時間で借りることが出来ます。

無利息期間も契約日翌日から30日間ありますので、次の給料日までの借り入れなど大変便利になります。

アイフルの特徴

大手消費者金融は銀行グループに入っているのが一般的ですが、アイフルは大手消費者金融の中でも銀行グループに属していない消費者金融です。

銀行グループじゃないから安心出来ないというわけではなく、グループに属さなくても営業できるという強さがあり、カードの郵送の時間指定が出来るなどの独自のサービスもあります。審査時間も30分と早くて1時間の最短融資も可能です。

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、プロミスと同様に三井住友銀行グループに属している消費者金融になります。30日間無利息期間はありませんが、特定条件を満たせば「電話連絡」「郵送物」がないWEB完結申込の申込方法が利用できるようになっています。

誰かにバレたり手続きが多くなることを嫌う方も多く、カード発行もないWEB完結申込はスマートなカードローンと言えます。カードが無くてもセブン銀行ATMとモビットの専用アプリで「スマホATM取引」が利用できます。

消費者金融と聞いて、悪いイメージを抱いている方は案外多いかもしれません。サラ金と闇金の区別のついていない方は案外まだまだいそうです。実際、グレーゾーン金利が大問題になったのもほんの2000年中ごろですしね。ダークなイメージが拭い切れないのも無理からぬことかもしれません。

しかし、現在の消費者金融系のカードローンは規制も厳しくなりましたし、過去の様な問題になる行為はありませんのでご心配なく。では、順番に見ていきましょう。

消費者金融の最大のメリット「審査の早さ」

消費者金融系カードローンのメリットから見ていきましょう。

消費者金融は審査の早さは非常に早く、大手消費者金融に限らず中小の消費者金融でも比較的早い審査が行われています。

銀行カードローンと消費者金融を迷われる方で、数万円の少額融資を即日融資などの早い借り入れを希望されているのであれば、消費者金融を選択されたほうが良いです。審査の早さの秘密は、個人向け融資は銀行ではなく現在の消費者金融が行っていた貸付になります。個人への貸付に関する審査データは貸金業者の方が優れています。

銀行カードローンも早い審査が行われるようになりましたが、保証会社である消費者金融や信販会社が審査を行っていることも理由になります。

さらに、審査通過率は銀行カードローンと比較しても高く、まずはカードローンを利用するなら消費者金融を選択される方も多くいます。パートやアルバイトでも申込を受け付けている消費者金融がほとんどで、暗転した収入が本人にあり、過去に返済の遅れや信用情報にキズがないと分かれば、審査に通りやすくなります。

審査に通り契約できれば、ネットキャッシングや提携ATMで借りたり、銀行カードローンより消費者金融のほうが利便性が高いと言えます。

ネックは金利が高め

デメリットは、銀行系に比べて信用面で劣る所でしょうか。しかし、これは銀行系と比べての話ですので、過剰な不安を抱くのはナンセンスです。今は規制も厳しく、苛烈な取り立てや違法な金利を取れば、すぐに業務停止です。ですので、必要以上の心配は無用です。

大手ではなく地元にしか無い街金を利用される場合もあると思いますが、中小消費者金融でも適用される法律は一緒ですので、法外な金利を契約することはありません。もし契約した金利や提示された金利が年20%を超えるようであれば、確実に違法業者ですので気をつけてください

街金に紛れて闇金と言われる違法業者は現在でもいます。今ではソフト闇金などと言われる物腰の柔らかい違法業者もいますので、街金でお金を借りる場合は、金融庁が公表している中に入っていないか確認することをオススメします。

しかし、大手でも金利がやはり銀行系に比べて高くなることが多いです。これは審査の緩さとも関連してきますから、仕方が無いと言えば仕方がありませんが。
さらにもう一つ言えば、総量規制の対象になることです。つまり年収の1/3以上は借りられないと言うことです。

銀行系のカードローンと比べると特徴がはっきりしますね。

少額を素早く借りたい時に役に立つのが消費者金融系のカードローン会社であると言うことです。
他には、雇用状態などによって、審査を気にする状態の時も消費者金融系の利用がおすすめです。

ただ、金利が高くなる場合が多いので、時期を急がない、正社員などの正規雇用者で属性の良い方は、まずは銀行系に申し込まれる事を推奨致します。
銀行系がダメだったときに、消費者金融系カードローンの申し込みを検討するのが最もベストな選択と言えるでしょう。

まとめ

消費者金融は申し込みやすいカードローンで、ネット申込から自動契約機でも申し込むことが出来るので、すぐにカードローン審査を受けることが出来ます。

口座も開設する必要はないので、手続きは非常に簡単で必要書類をネットからでも提出出来るようになっています。急いで借りる場合は消費者金融の中で自分に合ったカードローンを選ぶことが良いです。
①消費者金融系カードローン会社の利便性は最も高い
②審査のスピード、通りやすさもナンバー1
③金利が高いのがデメリットである

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ