即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

アコムで即日融資の流れ〜土日でも22時まで即日可能

アコムは消費者金融の中でも大手の部類に入り、テレビCMなどでも見る事の多く、即日融資が可能な消費者金融でも有名です。

審査時間もプロミスなどと同じ「最短30分」と非常に早くなっており、急な出費が必要になり、急いでお金がいるときには、とても利用しやすいカードローンと言っても良いです。

しかし、何も分からずに申し込んでみても、アコムで即日融資が出来ないことも出てくる場合もあります。

まず抑えておきたいのが、自分が今もっている口座に振り込んでもらうのか、直接ローンカードで借り入れるのかで、時間的制限ややり方が変わってきます。

口座に振り込んで借り入れする場合は、なるべく早く申し込みをして、審査に通過していなければなりません。遅くても午前中には申し込みを済ませておきましょう

アコムの即日融資は何時まで可能?

アコムから即日融資で借りる場合には「21時まで」に契約を終わらせておく必要があります。アコムの審査時間は「9時〜21時」になっているので、時間内に審査回答と契約を終わらせないと、今日中に借りることは出来ません。

審査の早いアコムでも「最短30分」の時間はかかります。最短1時間融資も可能なので、遅くても「20時まで」に申込は終わらせておくと良いです。

これより遅く申し込んでしまうと、審査時間も長引くことはあるので、即日融資はかなり難しくなります。

アコムの即日融資を最短ルートで借りる流れ

アコムで最も早く今日中に借りるためには、まずは「ネット申込」をすることが重要です。ネット申込完了後に、すぐに審査開始されるからです。

2通りの即日融資の流れ
  • ネット申込が平日13時までなら振込で借りる
  • ネット申込が平日13時〜20時や土日であれば、自動契約機でカード発行からATMで借りる

最終的な即日融資で借りる方法は、「振込キャッシング」か「ATM」で借りる2通りになります。

しかし、初めから自動契約機で申し込むと時間がムダになってしまうので、まずはネット申込で即日融資を受けるための事前審査を終われせておいたほうが、時間のムダもなく今日中の即日融資がやりやすくなります。
▲目次に戻る

ネット申込は10分「最短即日融資は1時間」

アコムの申し込みにかかる時間は「10分程度」で簡単に完了できるので、即日融資で急いでいる方も十分に間にあう時間だと言えます。

アコムのネット申込で入力する項目
項目内容
本人情報氏名、生年月日、性別、独身・既婚、メールアドレス、電話番号、希望の連絡先(携帯電話・自宅)
自宅情報住所、居住種類(自己所有・家族所有・賃貸など)、入居年月、家賃・住宅ローンの有無、家族構成
勤務先情報会社名、部署・郵便番号(任意)、住所、社員数、事業内容、入社年月、勤務形態、職種、収入形態(固定給・歩合制)、収入金額、給料日、保険証種類(社会保険・組合保健・国民健康保険など)、保険証区分、休日(任意)

ネット申込をする時には、スマホやパソコンで上に書いている内容を入力することになり、項目としては多くなっていますが、他のカードローンでも同程度の内容を入力することになっています。

あとは、他社の借入金額とアコムでの希望限度額などの入力を済ませると、後ほど仮審査結果が登録したメールアドレスに送られてくることになります。

送られてきたメール内のURLからアコムにログインすると、本人確認書類の提出方法を選択することになるので、口座に振込で借りる「ネットキャッシング」が希望であれば、「アップロードで提出」を選択します。

直接提携ATMなどカードで借り入れをすぐに行いたい場合は、「来店・むじんくんで提出」を選択すれば大丈夫です。

審査時間は最短30分と書類の提出や手続きで10分ほどかかることを合算すると、約1時間で最短融資が出来るようになります。
▲目次に戻る

午前中の申込は振込融資の即日が可能

アコムを午前中の間に申し込みされた方は、お昼や遅くても平日14時までに審査回答されているのが一般的です。

振込融資の流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 仮審査結果の連絡
  4. 必要書類の提出(アップロード)
  5. 審査結果の連絡
  6. WEB契約完了
  7. 銀行口座へ振込融資の依頼
  8. 融資の実施

振込融資はWEB契約が最もスムーズに進むので、必要書類のアップロードが完了して契約手続きを進めていき、アコムと無事に契約を交わすことがオススメになります。

その後は、アコムの公式サイトの会員ページから指定口座にネットキャッシングを依頼することが出来るようになります。

アコムカードは後日に自宅へ郵送してもらうか、自動契約機や窓口でカード発行してもらうかも選択できますが、手元にカードがない状態でも契約ができればネットキャッシングで即日融資が出来ます

平日14時30分までが当日中に振り込まれる時間

インターネットからの口座振込
金融機関曜日受付時間振込実施目安
銀行・信用金庫月曜~金曜0:10~9:00当日 9:30頃
9:00~14:30受付完了から1分程度
14:30~23:50翌営業日
9:30頃
土・日・祝日0:10~23:50翌営業日
9:30頃
ゆうちょ銀行月曜~金曜0:10~9:00当日 正午頃
9:00~14:00当日 17:00まで
14:00~23:50翌営業日 正午頃
土・日・祝日0:10~23:50翌営業日 正午頃

上の表で色を変えているところが基本的に、当日中に口座に振り込まれる時間帯です。ゆうちょ銀行を除く銀行と信用金庫なら平日14時30分、ゆうちょ銀行で平日14時がタイムリミットです。

審査時間を考えて考慮すると、平日13時か13時半までにはアコムの審査に通り、無事に契約が完了していないと即日融資の壁は越えれないかもしれません。

アコムの審査時間は「最短30分」となっていますが、審査時間が延びてしまう恐れも多くありますので、午前中までには申し込みは終えている方が良いと言えます。

楽天銀行口座へ振込は24時間融資可能

楽天銀行の口座を持っている方で、アコムの振込先口座を楽天銀行に指定すれば平日14時30分という考えはなくなります。

楽天銀行の口座振込の時間
金融機関曜日受付時間振込実施目安
楽天銀行月曜~日曜
祝日
0:10~23:50受付完了から1分程度

アコムで楽天銀行口座に振り込んでもらう場合は、基本的に24時間365日で振込の依頼をすれば、1分ほどで口座に振り込んでもらえるので、即日融資が出来る可能性が非常に高くなります。

ですので、午前中に申込出来ない方でも、審査回答が行われる21時までに契約手続きを完了していれば、21時以降の即日融資も出来るようになります。

初回借入の方は振込時間延長サービスで当日振込が受けやすくなる

アコムをインターネット契約された方で、初めて借り入れを利用される方では、振込依頼を受け付けている時間が「平日14時30分」から延長されることになります。

延長される銀行口座
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

振込時間延長サービスを受けられる銀行口座は、上に書きました3行でしか利用できませんので注意してください。

延長される時間は「平日18時まで」と非常に長くなっており、当日19時までに振込が実行されるようになっています。

インターネット契約ですのでネット申込が必須となりますが、振込依頼はネットから行うと通常の平日14時30分までとなっているので、アコムのフリーコールに電話するのも条件となります。
アコムフリーダイヤル

楽天銀行口座と同じ遅い時間の契約では、即日融資は出来なくなりますが、振込融資で今日中に借りやすい特徴があります。
▲目次に戻る

無人契約機『むじんくん』でカード発行から即日融資で借りる

楽天銀行口座を持っていない方や、どうしてもアコムの申込が午前中や平日13時までに出来ない方は、アコムの無人契約機「むじんくん」でカード発行すれば、ATMで即日融資で借りることも出来るようになります。

むじんくんでカード発行するからと言って、審査時間の間は契約機で待つことになり、契約機で申し込みすることは時間的にムダになります。

むじんくんでカード発行する場合でも、初めにネット申込で審査回答を貰っておくことが、最短ルートで即日融資を受けるポイントになります。

むじんくんで即日融資する流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 仮審査結果の連絡
  4. 必要書類の提出「むじんくん」を選択
  5. 審査結果
  6. むじんくんで契約手続き
  7. 契約完了後、カード発行
  8. アコムATM、提携ATMで借りる

むじんくんで契約完了するとその場でカードが発行されます。そのアコムカードがあれば、全国のアコムATMや銀行・コンビニの提携ATMで借り入れが24時間出来ることになります。

事前にネット申込を行い、本審査と契約だけをむじんくんで行うようにすれば15分〜20分程度で、カード発行まで行うことが出来ます。

むじんくんの営業時間は22時までですので、ネット申込がギリギリで契約できる時間は「20時〜21時まで」になります。
▲目次に戻る

アコムで即日融資を受ける重要ポイント

アコムのカードローンで今日中にお金を借りるためには、申し込む時間帯に注意するのは当たり前ですが、時間以外にも即日融資を受けるためのポイントがあります。

抑えておくべきポイント
  • 在籍確認
  • 必要書類の提出

アコムから行われる「在籍確認」と、アコムへ提出する「必要書類」をスムーズに進むことが出来ないと、即日融資が出来る時間帯に申し込みをしたにも関わらず、時間オーバーしてしまう可能性が高くなります。

アコムの即日融資で在籍確認のポイント

アコムで在籍確認をクリアすると契約手続きになるので、即日融資で借入できる状態になります。

在籍確認をスムーズにクリアするためには、アコムへ申込する時間帯が申込者の勤務時間帯であることが、簡単にクリア出来るポイントになります。

本人が電話に出なくても、同僚が在籍確認に応えてくれると大丈夫です。アコムの社名は出さないのでバレる心配もありません。

職場の勤務時間帯を過ぎた時にアコムに申込をしてしまうと、アコムの担当者が在籍確認が出来ないことになり、即日融資どころか審査に落ちてしまうこともあります。

即日融資にはアコムの必要書類を確認しておこう

アコムで即日融資を受けたい場合には、振込融資であろうとむじんくんでカード発行を受ける時には、当日中に必要書類を提出しまければいけません。

アコムで本人確認書類とされているのは「運転免許証」が代表的ですが、パスポートでも代用できるようになっています。

運転免許証は財布に入れられている方も多いはずですので、スマホで撮影される場合や、むじんくんにスキャンする場合でもすぐに用意出来ます。

あとは、50万円を超える限度額や他社との合計金額が100万円を超える限度額となる場合は、収入証明書も必要になりますが、なかなか50万円を超える限度額を超える契約は難しいので、あまり用意する必要はないかもしれません。

まずは、本人確認書類を用意して、ネット申込を始めましょう。

▲目次に戻る

アコムの審査で重要視される項目

アコムでカードローンを申し込むと、返済能力が申込者本人にあるのか審査が開始されます。返済能力と言っても「収入」だけが多ければ良いと言うわけでなく、様々ある項目である属性がバランス良くあることが重要になります。

審査項目
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態・年数
  • 他社の借り入れの有無や金額

上記のような属性と言われる項目が、審査の上で重要視されることになります。

アコムの審査の基準などは公表されていませんが、大企業などの勤務先になると高スコアリングなりますし、雇用形態がアルバイトなどになると低いスコアリングとなります。

私の場合は、別に大企業でもない会社ですが、正社員の雇用形態で、収入はそれほど多くない金額でしたが、審査に通過しています。

アコムで土日の即日融資は可能!

アコムで土日に即日融資を受けることは十分可能ですが、土日に即日融資を受ける時は、振込キャッシングは楽天銀行しか出来ないので、無人契約機でカード発行することがオススメになります。

無人契約機のむじんくんは、土日祝日でも9時〜22時まで営業しています。ですので、休みの日にカード発行をして、提携ATMで今日中の借り入れにも対応できるようになっています。

アコムの審査回答時間も21時まで行っていますから、土日でもまずはネット申込をされていると十分に間に合う時間だと言えます。

土日の在籍確認のポイントとアコムの対応

アコムの土日の即日融資で1つだけ気を付けるのが、土日の申し込みの場合であっても、会社には在籍確認が行われます。

土日に会社で受付されている方がいれば、在籍確認の対応が行われるので、十分に即日融資は受けることは出来ます。

しかし、土日で勤務先に誰もいない場合や、平日の勤務時間外に在籍確認出来ない方は、事前に在籍確認が出来ない状況をアコムに相談していると、10万円などの少額融資を行ってくれることがあります。

土日や勤務時間外に即日融資を受けたい時に有効な方法ですが、全ての方が認められるとは言えません。

電話連絡の在籍確認の代わりに、社員証や社会保険証の勤務先を証明する書類が必要になります。後日に本来の電話連絡n在籍確認が行われます。

即日融資が心配な方はアコムの「3秒診断」

アコムのカードローンを申し込んで、審査に落とされるのではないのか不安に思う方も多く、アコムを申し込むことを躊躇されてしまう方もいます。

その不安を少しでも解消出来るのが、アコムの「3秒診断」というものです。

実際に、アコムを申し込むときには、氏名や年齢や住所などの個人情報から、勤務先の様々な項目やそれ以外にも多くの情報を記入しなければいけません。

多くの項目を入力したにも関わらず審査に落ちてしまうと、相当なショックになってしまいますが、事前に3秒診断を行うことで、ある程度の融資が出来る可能性があるのか、判断してくれるようになっています。

記入する項目は、「年齢」「年収」「他社の借入状況」の3つだけですので、大変カンタンになっています。
アコム3秒診断 入力画面

実際に、私が例として年齢「30歳」、年収「300万円」、他社の借入金額「50万円」で入力して、診断開始をしてみました。

アコム3秒診断結果画面

診断結果としては、「お借入れ出来る可能性が高いです」という結果を貰うことが出来ました。私としても、プロミスなど他のカードローンの審査を通った経験から、審査に通るであろうという内容で診断しましたので、予想通りの内容です。

しかし3秒診断はあくまでも簡易的な診断となっているので、「100%審査に通る」という診断結果はでないようになっています。反対の内容である「100%審査に通りません」という診断もされません。

なぜ、そのような診断結果になるかと言うと、代表的な理由は2つあり、「過去の金融事故(異動情報)」と「おまとめローン」があります。

1つ目の理由である「金融事故」ですが、過去5年間か最長で10年の間に、自己破産などの債務整理をされた事がある方は、ある程度の高収入であっても信用度は低く、アコムにとっては返済意識の低い融資対象と判断される事になってしまいます。

2つ目の理由として、審査に通りにくいであろう内容で「3秒診断」をしてみます。
3秒診断不可画面
年齢と年収は最初と同じ「30歳」と「300万円」でも、他社の借入金額を「150万円」にしてみると、「借入可能の判断が出来ませんでした」と診断されました。

アコムは、年収3分の1を超える貸付が出来ない「総量規制の対象」であるため、年収300万円に対して借入金額が150万円と言う内容ですので、貸付は出来ません。しかし、アコムでは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というローン商品があり、総量規制の例外として年収3分の1を超える貸付も行えるようになります。

ですので、3秒診断で借入は出来ないという診断結果は出ない理由になっています。そうは言っても、3秒診断は1つの目安として判断し、アコムのカードローンを申し込むようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ