即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

アコムの金利と限度額と増額の方法

アコムの金利は「年3.0〜18.0%」で、限度額は「最大800万円」となっています。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一つである消費者金融です。消費者金融の中でも大手から中小・零細の消費者金融と、色々なカードローンサービスがありますが、借り手になって考えると、安心度や信頼度が高いところから借りたいものですよね。そう考えると、アコムは大手の消費者金融で即日融資も可能な有名消費者金融の1つです。

「初めてのアコム」というフレーズで、テレビCMをよく見かけると思いますが、初めての方でも利用しやすいイメージも強く、カードローンに抵抗がある方でも、まず借入先として候補に入れる方も多いでしょう。

イメージだけでアコムが利用しやすいというわけではないのが、最大30日間の無利息期間があるカードローンになっています。消費者金融では無利息サービスを採用しているところが多く、SMBCモビットは無利息期間がありません。

金融名 実質年率 最大限度額
アコム 年3.0%~18% 800万円

アコムのサイトなどで紹介されている金利の範囲や、最大限度額はこの様になっていますが、実際に借り入れる際には、どうなるのでしょうか?

アコムの金利

アコムの金利は『年3.0%~18%』となっています。もし限度額100万円以上を契約する場合には、年3.0%〜15.0%の金利が適用されるようになっています。利息制限法で100万円以上のお金を貸す場合には、上限金利が年15%までと定められているので、アコムでは利息制限法通りに上限金利が引き下げられます。

アコムの金利は、さらに細かく分けられているのが特徴になります。

アコムの金利と限度額の関係
契約極度額 適用金利
501万円〜800万円 年3.0%〜4.7%
301万円〜500万円 年4.7%〜7.7%
100万円〜300万円 年7.7%〜15.0%
1万円〜99万円 年7.7%〜18.0%

消費者金融の金利が細かく分かれていないことが多く、アコムの金利は限度額で適用される金利が分かりやすくて良いです。

しかし、アコムで50万円の限度額を初めて契約したときに、年7.7%〜18.0%の金利の幅で、どのあたりの金利が採用されるのか、意外と分かっていない方もいるかもしれません。

アコムに限った事ではありませんが、はじめて借り入れるときに、採用される金利は年18%の上限金利になるのが一般的です。いきなり下限金利の年7.7%が適用されることは皆無です。

他の消費者金融でも同じで、プロミスでは上限金利が年17.8%でアイフルやSMBCモビットはアコムと同じ年18%の上限金利となっているので、消費者金融でアコムが金利が高いということはなく、消費者金融内で金利の優位性はありません。

他の消費者金融でも、限度額が100万円以上になると、金利は年15%に引き下げられます。

最大30日間無利息サービスで利息を抑える

アコムは消費者金融では一般的な金利で、銀行カードローンと比べると金利は高いですが、無利息サービスを利用することで、銀行カードローンよりも金利によって発生する利息を減らせることが可能です。

アコムの30日間無利息サービスを利用するためには、契約時に選べる返済サイクル「35日ごと」を選択する必要があります。アコムには「毎月指定期日」の返済サイクルもありますが、指定期日を選択してしまうと無利息サービスは適用されなくなるので、注意してください。

アコムの30日間金利ゼロ

30日間の利息が発生しないので、期間内に新たな借入や返済を行っても良く、無利息期間内に完済すればアコムで支払う利息が発生しないことになり、銀行カードローンよりもコストが抑えることが出来ます。

期間内に完済出来なくても、短い期間で返済が完了すれば、十分に銀行カードローンよりも利息を抑えることが出来ます。

アコムの無利息期間を利用する注意点は、35日ごとを選択することも重要ですが、「最大30日間」ということからも分かるように、初めての借入日翌日から適用されるのであれば「30日間」すべて適用されますが、アコムでは契約日翌日から無利息が適用されるので、借入をしていなくても期間は過ぎていっています。

無利息期間を最大限利用したい場合は、資金が必要な日ギリギリで契約出来れば良いのですが、審査に無事に通るかは決まっていませんので、注意してください。

アコムの返済シミュレーションと利息

アコムで毎月の最低返済額を計算する方法があります。借入金額×一定の割合=各回の返済金額となりますが、一定の割合は借入限度額の枠の大きさで変わってきます。

限度額による一定の割合の変化
限度額 一定の割合
10万円~30万円 借入金額の4.2%以上
30万円~100万円 借入金額の3.0%以上
100万円超 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上(毎月払いのみ)

10万円の借入金額では最低返済金額は4,200円となり、1,000円未満は切り上げになるので5,000円以上を返済する金額になります。しかし、同じ10万円の借入金額でも限度額が50万円となっていれば、最低返済額は3.0%で計算できるので3,000円となります。

次の返済シミュレーションの表は、借入金額が限度額ということで計算してみます。

一定の返済金額の返済シミュレーション
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 5,000円 25回(2年1ヶ月) 123,709円
20万円 9,000円 29回(2年5ヶ月) 254,432円
30万円 9,000円 47回(3年11ヶ月) 418,982円
40万円 12,000円 51回(4年3ヶ月) 600,544円
50万円 15,000円 51回(4年3ヶ月) 750,686円

この表には書いていませんが、限度額が30万円を超えると10万円の借入でも最低返済額が5,000円ではなく3,000円にも下がりますし、返済期間も長く出来ます。なるべく限度額が大きく余裕がある方が良いと思いますよ。

しかし、返済額が下がれば利息が減るわけではありません。借入残高に金利をかけて利息が出されます。

利息が同じで返済金額が少なくなれば、元金返済になる金額が少なくなるので、返済期間が延びることになり、逆に支払う利息が多くなりますので、アコムで約定返済額だけを返済するのでなく、余裕があれば臨時返済することをオススメします。

アコムの借入限度額「最大800万円」

アコムの公式サイトを見てみると、最高『800万円』まで融資可能と紹介されています。これは、アコムが用意している最高限度額で、実際に借り入れる方がいきなり借り入れる限度額ではありません。

SMBCモビットも同じ最大800万円の限度額で、プロミスやアイフルは最大500万円の限度額になっています。ですので、アコムの800万円の限度額は、消費者金融でも十分な限度額が用意されていることになります。

しかし、800万円の融資限度額を契約する事は、まず難しいと考えておいてください。

初めてアコムのカードローンを申し込んで審査通過したときの限度額はいくらぐらいになるかは、『30万円~50万円』が一般的です。これは、アコムに限った事ではなく、とくに消費者金融ではこれぐらいになるでしょう。私がプロミスのカードローンを契約した限度額は「50万円」となっています。

一般的と言いましたが、年収が低い・勤続年数が短いなど返済能力が低いと判断されれば、10万円ほどの限度額にされる事も十分にあります。年収が低くない場合でも、自営業と言う事で安定性に欠ける場合も、限度額は低くなる事もあります。

いきなり、200万円や300万円の限度額を利用できる事はないと思っておくと良いと思います。

限度額を増額する場合

初めの契約時から大きい限度額は難しいと書きましたが、アコムの契約後に限度額を増額することは可能です。しかし、増額したい場合でもいきなりは出来ません。契約時点の返済能力からアコムが判断した借り入れの限度額になっていますので。

限度額を増額する場合は、アコムに返済能力がある・この借り入れ主は信用できると思われることが大事です。まずは、アコムで『借り入れをして返済をする』という流れを、半年以上はするようにしましょう。

そうすれば、アコム側から『増額しませんか?』などの連絡があり、増額を進められることも出てきます。連絡が無い場合は、こちらからアコム総合カードローンデスクや、アコム会員ページから「極度額の変更」からも増額の申し込みが出来るようになっています。

ですが、アコムで増額する場合は、もう一回増額への審査が入ります。この審査に落ちても、カードローンを利用できなくなるわけではありませんので、ご安心ください。

アコムの場合は総量規制の対象であるため、通常の申し込みの場合でも、50万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書類を提出しなければいけません。これは、限度額を増額する場合でも一緒ですので、用意しておくのを忘れないように。

あと、年収の3分の1を超える金額は借りることは出来ません。もしすでにギリギリの限度額で契約されている場合では、増額することで年収3分の1を超えるので、審査に落ちることになります。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ