アコムはプロミスと並び、大手消費者金融の中でも人気のカードローンで、私もカードローンを利用してみようと思った時に検討したの1つです。今はプロミスのカードローンを手元に持っていますが、次に申し込みをしてみようと思っているのは、アコムのカードローンです。

アコムを契約するためには、必要書類を提出しなければいけないので、事前に用意できる書類は手元に置いておくと良いです。

限度額50万円までであれば「本人確認書類1点」、50万円を超えると「本人確認書類+収入証明書を1点ずつ」になります。

アコムのカードローンの審査時間は「最短30分」と非常に早く、申込から契約までスムーズに進めることが出来ると即日融資を受ける可能性もあり、早く借り入れを希望されている方は、検討するカードローンの1つにアコムを入れておくと良いです。

アコムで提出する本人確認書類

アコムに限ったことではありませんが、アコムを申し込みをする時に必要書類になるのは「本人確認書類」の提出になっています。

アコムの本人確認書類の種類
条件本人確認書類
交付されている方運転免許証
運転免許証を交付されていないパスポート、個人番号カード、各種健康保険証+追加書類1点

運転免許証
アコムでは、本人確認書類として『運転免許証』が1番最初に認められている書類となっており、交付を受けている方であれば必ず提出する書類になります。

運転免許証には「氏名」「生年月日」「現住所」が記載されているので、身分証明書としては最も効力がある書類です。

希望限度額50万円以下で申し込まれる方は、スマホと運転免許証を用意するだけで、審査に通れば契約することも出来ます。
▲目次に戻る

運転免許証がない場合は顔写真ありの書類で代用出来る

もし、運転免許証の交付を受けておらず提出することが難しい方の場合は、『健康保健証』『パスポート』『個人番号カード』が運転免許証の代用として認められています。

運転免許証は、財布など肌見放さずに持っている場合が多いので、提出が必要になった時点でも用意しやすい書類ですので、迷わず提出できると思います。私がプロミスで提出した書類は運転免許証でした。

パスポートを提出する場合の注意点

パスポートも効力が高い顔写真付きの書類になりますが、顔写真ページ以外に「所持人記載ページ」も提出することになります。

所持人記載ページは手書きで書くことになっているので、不鮮明な字で書いていると不備の原因になる可能性もあり、住所変更する際にもキレイに修正するようにしましょう。

マイナンバーカード(個人番号カード)を提出する注意点

住基カードの交付は終了していますので、現在はマイナンバーを申請して交付された方は、アコムの本人確認書類として認められます。

運転免許証のように表面だけの提出となっており、ウラ面のコピーなどは禁止されたいます。ウラ面には個人番号が書かれているので、信用を上げたいからと言ってウラ面を提出しても意味がありません。

書類の記載住所と現住所と違う場合の追加書類とは?

アコムを申し込みする時に、現在住んでいる住所を記入しますが、本人確認書類に記載されている住所が違う場合は、本人確認書類1枚では認められなくなっています。

住所が異なる時の提出書類
  • 公共料金(電気・ガスなど)の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 住民票

運転免許証のウラ面に現住所への変更手続きをされた方は、ウラ面の提出で大丈夫になりますが、違う住所の方は現住所を証明するために、上記のいずれか1点の書類を併せて提出することになります。

ただし、発行年月日が現在より6ヶ月以内のものに、限りますので注意しましょう。
▲目次に戻る

顔写真なしの本人確認書類を提出する場合

アコムで提出する本人確認書類が、社会保険証や組合保険証などの様々な健康保険証で、顔写真が載っていない書類の場合は、健康保険証1枚で本人確認書類として認められないようになっています。

2016年10月の法改正によって、悪い団体への資金流入などを防ぐために、本人確認書類の厳格化が義務化されたためであり、アコムに限ったことではありません。以前であれば、健康保険証だけで本人確認書類として認められていました。

住所が違う場合と書類は同様になり、健康保険証と住民票の組み合わせなどが代表例になります。

健康保険証と住民票

顔写真がない本人確認書類は手間が増えてしまうので、なるべく顔写真がある本人確認書類を用意できる方が、手間などが省けることになります。

アコムが認めている収入証明書の種類

アコムだけでなく、消費者金融のすべては総量規制の対象となるので、50万円を超える限度額を希望する場合と、他社と合わせた借り入れ残高が、100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が必要になります。

収入証明書になる書類
  • 源泉徴収票(最新)
  • 給与明細書(基本直近1ヶ月分)
  • 地方税の決定通知書(基本当年度分)
  • 課税・所得の証明書または通知書(基本当年度分)
  • 確定申告書(第一表)

上のいずれかの収入証明書1点を提出することになっていますが、すべての申込者が必要になるわけではありません。

アコムだけで少額融資を受ける方は、収入証明書を用意する必要はない可能性が非常に高いです。

お金が関係している書類や領収書をすぐに捨てる方は少ないと思いますが、最新の収入証明書が手元に来るまでは、最低保管し続けていたほうが、あとでカードローンの利用が必要な時に用意しやすいと思います。

しかし、自営業やパートなどに限った事ではありませんが、『安定した収入』や『返済能力が低そう』と判断される時など、50万円を超えない限度額でも、必要になることがあるので、この場合も用意しておいた方が良い書類です。
▲目次に戻る

源泉徴収票の注意点と入手方法

源泉徴収票は「収入額」「所得額」「納税額」などの全てが詳しく記載されているので、アコムだけでなく収入証明としては最も効力のある書類です。

最新の源泉徴収票を提出しなければいけませんが、入手方法は勤務先から早ければ12月中にもらうこともあり、遅くても1月下旬までに受け取るのが一般的です。

給与を貰っているのであれば、勤務先は発行義務がありますので、なかなか発行されないのであれば、勤務先に再発行を促すようにしましょう。それでも発行されないのであれば、税務局に相談することになります。

給与明細書の注意点と入手方法

アコムでは直近1ヶ月分の給与明細書の提出となっているので、他の消費者金融の数ヶ月分と比べると用意する書類は少なくなっています。

確認項目
  • 1.本人の氏名
  • 2.支払総額が書かれている
  • 3.発行年月日
  • 4.勤務先名

①〜③は注意して確認される方は多いですが、④の勤務先名が記載されているか確認するようにしてください。

中小企業などの給与明細書が手書きの場合があり、手書きでは勤務先名だけでなく「社印や社判」が押されていないといけません。担当印が押しているから大丈夫ではないので、気をつけてください。

住民税が記入されていない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書が必要なので確認してください。

入手方法は、会社からの発行される書類ですので、無くされた場合でも担当部署に再発行をするようにしましょう。

税額決定通知書の注意点と入手方法

市民税や県民税などの住民税がどのように引かれるかなどが記載されている「税額決定通知書」ですが、年1回だけ発行される書類です。

給与所得者であれば会社から渡されることになり、事業主であれば自治体から直接届くようになっています。

私は会社員ですが、小さい会社で普通徴収にしていますので、納付書と一緒に自宅に送られてきます。

税額決定通知書を無くす方はいないと思いますが、再発行が出来ない書類ですので、もし紛失されたしまった場合は、他の収入証明書を用意するようにしてください。

所得証明書の注意点と入手方法

所得証明書は勝手に送られてくる書類ではないので、自ら市役所などに出向いて発行手続きを行う書類です。アコムで用意する収入証明書が他に無ければ、所得証明書を発行しても良いと思います。

しかし、発行する場合には有料になる書類ですので、自己負担で手数料を持つ事になるのは注意してください。
▲目次に戻る

アコムの申込方法と借入の手順〜書類提出のタイミングはいつ?

申込方法の種類
  • インターネット(パソコン・スマホ・ケータイ)
  • アコム店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

アコムは、上に書きました5つの申込方法を用意しています。いつでも24時間申し込みが出来るのは、インターネットと電話の申し込みです。どこからでもいつでも申し込みが出来るネット申込が、1番手軽にカードローンの申し込みが出来ます。

ネット申込の手順
  1. スマホやパソコンから申込開始
  2. 必要事項に間違いなく入力
  3. 内容確認・仮審査結果のメール(若しくは電話)が送られてくる
  4. 本人確認書類の提出方法を選択
  5. 本審査開始
  6. 審査結果の連絡
  7. 契約手続き後、借入が可能

いつでも申し込みは出来るネット申込ですが、申し込む時間が遅くなると当日に借りることが出来ない事もあります。

必要事項を正確に入力しないと、審査結果に影響を与えてしまう恐れもあるので、間違わないようにしてくださいね。

アコムの入力する必要事項の内容
必要事項内容
申込者の情報氏名、生年月日、性別、独身既婚、メールアドレス、電話番号、審査結果・内容確認の連絡先
自宅情報住所、居住種類、入居年月、家賃・住宅ローン、本人を含む家族人数
勤務先情報電話番号、会社名、出向先・派遣会社名、郵便番号、勤務先住所、社員数、業務内容、入社年月、勤務形態、収入形態(固定給・一部歩合制・完全歩合制)、収入額、給料日、保険証について(種類・区分)、休日
その他の情報他社の借入額、希望限度額、暗証番号

出向先・派遣会社名、所属部署、勤務先郵便番号は任意

多くの必要事項があり、ネット申込は難しいと思うかもしれませんが、他のカードローンでも同じ内容を入力することになります。

アコム 勤務先情報の入力画面
アコムで勤務先の電話番号を入力すると、最低限の内容を簡易的に入力することが出来ます。

私の場合は、大きな企業に務めていないので、必要事項を自分ですべて入力することになりました。

すべての申込内容を入力すると申込完了となり、その後に必要書類の提出をすることになります。ですので、ネット申込をする場合には、初めから必要書類を出す必要はありません。

必要書類を提出してから本審査が始まり、契約完了すれば借入が出来るようになります。

アコムの必要書類の提出方法

アコムでネット申込をした場合に、必要書類の提出方法は4つあります。

書類提出の方法
  • 会員ページ・アプリからアップロード
  • 郵送
  • FAX
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

書類の提出方法で審査に影響を与えることはありませんが、審査時間が遅くなっていしまう提出方法もあるので、1つずつ解説していきます。

インターネットで提出・契約する方法

アップロードで提出する場合は、パソコンやスマホから会員ページから手続きすることで、画像化した本人確認書類などを提出することが出来ます。

特に、スマホからアップロードする方法として、アコムのスマホアプリで行うことが出来て、カメラアプリで撮影した写真をアプリ内から送信することが出来ますので、非常に簡単になっています。

アップロードで必要書類を提出される場合は、ネット契約となりますので、契約手続きが終わればネットキャッシングの振込の借り入れが、すぐに利用できるようになります。

楽天銀行口座以外への振込となると「平日14時30分まで」が当日振込となっているので注意してください。

ネット契約して受取方法を契約機が即日融資を受けやすい

必要書類をアップロードで契約するネット契約は、カードの受取方法を「郵送」「来店」を選ぶことが出来ます。

郵送で受け取る方法を選択すると、先ほども書いたように、当日の振込融資が平日14時30分までしか出来ないようになっています。

自動契約機(むじんくん)や窓口でカード受取にすると、カードがすぐに利用することが出来るので、即日借入がATMで利用することが可能です。

急いでいる方は、カード受取を来店にされる方法が良いかもしれません。

自動契約機(むじんくん)で提出・契約する方法

メールに記載されているURLから、アコム会員ページにログインすることで、必要書類の提出方法が選択できるようになっているので、自動契約機(むじんくん)を選べば、契約機に出向いて提出することになります。

自動契約機で契約する手順
  1. タッチ画面「事前申込みのあるお客様」を選択
  2. 契約機のスキャンで本人確認書類を提出
  3. 審査開始
  4. その場で審査結果の連絡
  5. 契約内容の確認
  6. カード発行

自動契約機で必要書類を提出される場合は、本人確認書類などを持参して出向くことになり、その場で契約手続きとカード発行が行われます。

カード発行が無事にされると、併設されているアコムATMや、コンビニや金融機関の提携ATMですぐに現金を引き出すことが出来ます。

すぐに現金が必要な方や、平日14時30分以降に契約が過ぎてしまう方は、来店での必要書類の提出を選択するほうがオススメと言えます。

しかもアコムの自動契約機は平日土日も22時まで営業していますので、休みのときも・急ぎの時も利用しやすいです