管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

アコムの営業時間【むじんくん・ATM・振込】

アコムのカードローンで多く利用されている申込方法は「ネット申込」「自動契約機~むじんくん~」「店頭窓口」になります。

1番簡単で手軽な申込方法となると、インターネットを利用した「ネット申込」になり、基本24時間365日いつでも申し込みする事が可能で、時間があるときに申し込みが出来るのが良いです。

しかし、ネット申込の審査回答時間は24時間ではありません。審査の回答がされる時間は、9時~21時の間になるのは覚えておいた方が良いでしょう。

自動契約機「むじんくん」や店頭窓口で、アコムのカードローンを申し込む場合は、営業時間内に行かなければダメですし、カード発行だけを行う場合でも営業時間でなければ出来ません。

アコムの口コミ・借り入れはこちら

アコムの営業時間
営業時間 休み
インターネット 24時間 年中無休
自動契約機「むじんくん」 8時〜22時※ 年中無休(年末年始は除く)
店頭窓口 平日9時30分〜18時※ 土日祝日
提携ATM 24時間 年中無休
アコムATM 24時間 年中無休

※一部店舗は営業時間が異なる

自動契約機「むじんくん」の営業時間

テレビCMや広告などで「むじんくん」というものがあると、見たり聞いたことがある方は多いと思います。店舗で担当者と直接話しながら申し込みするのには、抵抗がある方は多いですので、「むじんくん」なら1人で誰に見られる事なく申し込みが出来ます。

むじんくんの営業時間は8:00~22:00までとなっており、土日祝日も営業しているので年中無休となっています。平日の会社終わりや休みの時に申し込みに行くことも可能です。

アコムのむじんくんで出来ることは、カードローンの申し込みから契約とカード発行が主な利用方法になるので、それ以外でむじんくんに出向くことはあまりありません。

むじんくんは、それぞれの消費者金融の自動契約機の中でも、営業時間が一番長くなっていますが、夜21時以降に入店されてから申し込みを開始しても、審査回答時間は21時までとなっているので、審査回答は翌日以降の返答になってしまいます。

むじんくんで、初めから申し込みすることも大丈夫ですが、必要事項の入力や審査時間が必要になるため、審査回答時間内に審査結果を受けたい場合は、夜21時ギリギリには行かずに、なるべく早い時間に入店するようにしましょう。

事前に、ネット申込で仮審査結果まで終了していると、むじんくんに出向いてからの時間が「約20分」程度に短縮されるので、営業時間内の少し遅く行っても契約とカード発行も十分に行うことが出来ます。

アコム店舗窓口の営業時間

アコムの窓口でカードローンを申し込みをする場合に、店舗で担当者と相談しながら出来るのが最大のメリットです。書面だけでは伝わらない事も、対面で相談すると伝わる事も多いです。

店頭窓口の営業時間は「平日9時30分〜18時」となっているので、むじんくんより短い時間しか営業しておらず、土日祝日も閉まっている状態です。

アコム有人店舗数は減少しており、大都市など限られてた地域にしかないことが多く、全国でも22店舗しかありません。これは、アコムだけでなくプロミスなど他の消費者金融にも当てはまることです。

店舗はどこにあるのか、アコムのサイトから検索することが出来ます。サラリーマンなど平日に行くことが出来ない方などには、多少不便に思うかもしれません。

店頭窓口であろうとむじんくんであろうと、審査基準が変わることはなく、むじんくんでも分からないことがあれば、備え付けの電話で相談しながら申し込むことも可能です。ですので、むじんくんと言っても、担当者であるオペレーターはいますので、安心して申込をすることが出来ます。

提携ATMとアコムATMの営業時間

アコムは自社のATMを用意しており、むじんくんや店舗に併設されて設置されているので、アコムのローンカードが発行されて手元にあると、すぐにアコムATMでお金を引き出すことが出来ます。

アコムATMの営業時間は24時間となっており、自動契約機でカード発行されてからでも、十分に利用できる時間があります。深夜や早朝でも利用できます。

さらに、アコムATMでお金を借りたり返済したりする場合には、ATM手数料が発生しないので、利息以外の余計なコストを気にしなくても利用できるのがありがたいです。

1つ気にされることは、むじんくんの個室ブースにアコムATMは併設されており、個室内の手前にアコムATMがあるのですが、借入や返済がバレたくないのにも関わらず、むじんくんに出入りしていると勘違いされてしまう可能性があります。

そもそもアコムATMを利用していることで、アコムと契約していることですので、知り合いに見つかると分かってしまいます。

アコムでお金を借りていることが分かりにくくする場合には、銀行や信用金庫の金融機関ATMや、コンビニなどの提携ATMを利用するとバレにくいと言えます。

金融機関やコンビニの提携ATMも「原則24時間365日」利用できるようになっているので、利用時間はアコムATMと変わりません。さらに、アコムATMを探すよりも、コンビニATMを探されたほうが見つけやすいです。

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット

上に書いた以外の地方銀行などでも、借入や返済が行えるようになっています。三井住友銀行は平成29年3月までは利用できていましたが、現在は三井住友銀行ATMは提携していないので利用できなくなっています。

コンビニ提携ATMさえあれば利便性は非常に高いと言えますが、アコムATMと違って手数料が発生してしまうのが提携ATMのデメリットになります。

手数料は1回だけであれば、それほど気にする金額ではない「108円」や「216円」となっていますが、なるべく手数料を発生させてくなければ、「振込キャッシング」を利用されるのが良いと思います。

振込キャッシングの受付時間

アコムのインターネットを利用時間は24時間となっていますが、カードローンの申込以外にも、振込キャッシングの利用も出来るようになっています。振込キャッシングの受付時間も24時間365日となっていますが、ATMのようにカードを挿せばすぐに現金が借りれるというわけではなく、時間によっては翌営業日まで振込実施が遅れることもあります。

インターネットからの口座振込の時間
金融機関 曜日 受付時間 振込実施目安
楽天銀行 月曜~日曜
祝日
0:10~23:50 受付完了から1分程度
銀行・信用金庫 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:30 受付完了から1分程度
14:30~23:50 翌営業日
9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日
9:30頃
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 正午頃
9:00~14:00 当日 17:00まで
14:00~23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日 正午頃

上の表を見ると分かるように、24時間受け付けていますが、振込実施時間が振込依頼を出した時間や金融機関によって変わります。

振込先口座が楽天銀行であれば、土日関係なく24時間365日で振込依頼受付完了後1分程度で、振込が実施されるようになっています。

それ以外の金融機関であれば平日14時30分まで、ゆうちょ銀行であれば平日14時までが当日融資になっています。土日や祝日の振込依頼は、すべて翌営業日まで待つことになります。

アコムを利用されている方で、楽天銀行口座を持っている方は利便性が非常に高いのが分かりますし、楽天銀行のキャッシュカードで提携ATMで引き出す場合も、最大で月7回手数料無料となっているので、お金を引き出すときにもお金が発生しません。

即日融資が可能な人気のカードローン


カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ