即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

アコム「むじんくん」自動契約機の申込方法と流れ

カードローンで1番手軽に申し込み出来る方法と言われると、パソコンやスマホを利用した「ネット申込
だと思います。アコムでも「ネット申込」を利用される方が非常に多くなっています。

わざわざ店頭窓口などに出向かなくても、自宅や仕事先など出先の最中でも、スマホやパソコンの操作するだけで、アコムのカードローンの申込が完了てしまいます。ですので、最近の申し込みの主流もネット申込になってきています。

ですが、アコムでネット申込からカードローンの契約まで済ませても、現金を引き出すためのアコムカードは、後日、自宅の方に郵送されるので、ATMで引き出すのには、数日感の時間が多少かかってしまいます。

すぐに現金が手元に必要な借り入れの時は、カード発行がその場で発行される窓口かアコム「むじんくん」になります。

消費者金融のアコムだけではありませんが、担当者と直接話しながら相談する有人店舗の窓口は減少していますが、無人でカードローンを申し込み出来る自動契約機は、それほど減少していません。

担当者と直接話しながらするのも良いですが、会話しながら申し込みするのに抵抗がある方が多いのもあり、無人契約機の需要は今でもかなりあります。

むじんくんに本人確認書類を持っていく

むじんくんで初めてカードローンを申し込みをする場合に、手ぶらで申し込みに行っても、カードローンの契約まで進むことは出来なくなっています。

理由として、むじんくんで申込受付表を出すためには、本人確認書類をスキャンしなければいけません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

アコムで本人確認書類で推奨されているのは、運転免許証となっていますが、交付を受けていない方の場合は、顔写真のあるパスポートや個人番号カードで代用できるようになっています。

他にも、各種健康保険証も本人確認書類として認めてもらえることが出来ますが、現在住んでいる住所が記載されている書類を併せて提出しなければいけません。代表的なものとして「住民票」や「公共料金の領収書」などになります。

あと、借入希望限度額が50万円を超える場合や、他社との借入合計金額が100万円を超えるようであれば、むじんくんに収入証明書も持参しなければ、アコムの契約が出来なくなってしまいます。

むじんくんの営業時間

ネット申込は24時間365日申し込みが可能なのが特徴で、大変便利ですがカード発行に数日時間が必要な事があります。

自動契約機は24時間申し込みは出来ませんが、土日・祝日関係なく年中無休(年末年始を除く)で9:00~22:00まで、近くの契約機で申し込みが可能です。
十分に仕事終わりにも間に合うでしょうし、休みの日にも申し込みすることが出来ます。

むじんくんの申込方法と流れ

いきなりアコム「むじんくん」に行くのには抵抗がありますが、大まかな流れが分かっていた方が、緊張をあまりせずに自動契約機に入ることが出来ると思います。

  1. 自動契約機「むじんくん」に入室
  2. 申込用紙に必要事項を記入(事前にネット申込されていない場合)
  3. 必要書類を提出
  4. オペレーターと会話。審査
  5. 在籍確認
  6. 審査通過後、契約・カード発行

アコムのむじんくんは、全国に1,000台以上(2018年1月時点)設置されており、消費者金融の中でも1、2を争う自動契約機の設置台数を誇ります。ですので、都心や中心部を少し離れた郊外などを歩いていると、非常に多くの消費者金融の自動契約機を見かけるはずです。

むじんくんは完全個室となっているので、一度室内に入ってしまえば、誰かに見られる心配はありませんので、誰にもアコムを申し込んでいることがバレたくなければ、むじんくんに入るときだけ注意すれば大丈夫です。

むじんくんの画面には「受付開始」ボタンが表示されているので、まずはタップすることでアコムの申込を始めることが出来ます。そこで「新規申し込み」か「事前申し込みのある新規ご契約」のボタンが表示されることになりますが、ネット申込を事前にされていないのであれば「新規申し込み」ボタンをタップします。

ここで、むじんくんの画面に持参した本人確認書類を選択するようになります。「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などのボタンが表示されるので、間違わないように選ぶようにしましょう。ここでは、まだ書類をスキャンすることはありません。

次に「生年月日」を入力すると、むじんくんから「申込受付票」が排出されてきますので、これが申込書となっており必要事項を記入して、画面下のスキャンする機械で読み込ませるようになっています。

  • 本人情報(氏名、住所)
  • 勤務先情報
  • 配偶者情報

申込受付票に記入項目は非常に少なく、上記の3項目に分かれている内容を手書きで記入するだけです。

スキャン終了後はオペレーターと会話

アコムのむじんくんでカードローンを申し込む場合、誰とも会話せずに契約まで進むことは出来ず、申込受付票と本人確認書類のスキャンが完了すれば、むじんくんに備え付けてあるスピーカーから、担当者が話しかけてくることになります。分かっていなければ、少しビックリするかもしれませんが、変な質問はされることはないので、質問内容に正直に答えるだけでいいです。

  • 借入希望額の確認
  • 使用目的の確認
  • 勤務先情報の確認

担当者に聞かれる内容は、上記の内容が多く、返答に困ることはないはずです。急に使用目的を直接聞かれると、焦るかもしれませんが、通常の使用目的であれば何の問題もありません。「ギャンブル」や「他社の返済」などの理由を答えてしまうと、審査では落ちてしまうことになります。

タッチ操作で必要事項の入力

担当者との会話はすぐに終わることになり、その後はタッチ画面での操作に戻ります。事細かな必要事項を入力していくようになっています。

  • 勤務先の業種・職種
  • 入社年月日
  • 月収(税込)
  • 年収(税込)
  • 給料日
  • 雇用形態
  • 家賃の有無
  • 希望連絡先

タッチパネルで入力する項目は多いですが、アコムの審査に非常に重要な項目ばかりですので、曖昧な入力では最悪の場合は、むじんくんに出向いたにも関わらず、審査に落ちてしまう可能性もあります。

入力が終われば審査開始「在籍確認」

勤務先に関してのタッチ画面での入力が完了すれば、アコムの審査が開始され、勤務先への「在籍確認」が行われるようになっています。

実際に入力した勤務先に在籍しているかの確認ですが、本人がむじんくんにいる状態でも在籍確認は通常通り行われます。在籍確認は本人が電話口に出なくても、会社の方が在籍していることを証明してくれれば大丈夫です。例えば、「○○は席を外しています。」「今、○○(申込者)はおりませんので、後からかけ直しさせましょうか?」などで十分です。

アコムの担当者も社名を名乗ることは絶対にせず、担当者本人の名前を名乗ります。ですので、会社の方にバレるという心配をする必要はありません。

もし、審査に通りたくて、虚偽の勤務先や以前の勤務先情報を入力していると、むじんくん内に滞在している時に分かってしまうことになりますので、注意してください。

審査中はただ待つだけではなく、タッチ画面に「借入金額」や「返済金額」などの注意点などの説明が表示され、確認ボタンを押すことになります。あと、希望借入額の入力もココで行います。

とは言っても、審査時間は長く「最短30分」となっているアコムですが、審査時間は長引くことはあります。むじんくんの中に誰も入ってくる心配はありませんが、一人で時間つぶしをしておくことになります。変な行動は避けましょう。

審査結果でカード発行

審査結果は、むじんくんに備え付けられている受話器で連絡されることになります。その際に利用限度額も併せて連絡されることになっています。

審査結果が分かれば、すぐにカード発行というわけではなく、契約内容の確認や暗証番号の登録などタッチ画面で入力していきます。契約書類や明細書の受取方法を「自宅」「勤務先」で選べますが、拒否することも選択肢に含まれています。

少しでもバレる可能性を低くしたい方であれば、受取拒否を選択しましょう。

契約書類などに間違いがなければ、むじんくん画面に表示されている「○」ボタンをタップすると、次に受領書が排出されてきますので、必要事項を記入して、今までスキャンした場所で読み取らせると、アコムのカードが発行されるようになっています。

「むじんくん」に出向く前に、事前にネット申込で時間短縮

「むじんくにん」で、申込から契約まですべて行うように、直接行かれても問題はありませんが、アコムのネット申込で事前に申し込みされていた方が、自動契約機内で拘束される時間が非常に短くできます。

初めてカードローンを申し込まれる方も多いので、慣れない事ですので、申込用紙の記入や申し込みをされるだけで20分以上かかってしまい、それから審査に時間がかかり、合計で1時間以上「むじんくん」に拘束されることになります。

事前にネット申込をされていると、タッチ画面で入力することが省かれたり、審査時間が短縮されることになるので、15分程度で終わることになります。

むじんくんの画面で「事前申し込みのある新規ご契約」をタップすると、携帯電話番号の入力と本人確認書類のスキャンになります。

スキャンが無事に終われば、数分後には審査結果とカード発行手続きへと移行しますので、相当時間が短いことが分かるはずです。ですので、まずはネット申込から始めることをオススメします。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ