即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

アイフルの営業時間〜無人契約ルーム「てまいらず」とATMの利用時間

アイフルのカードローンは、消費者金融の中でも人気のカードローンとなっています。テレビCMなどでもよく見かけることがあると思います。

アイフルでお金を借りることに決めた場合に、主な申込方法となるのが「ネット申込」「契約ルームてまいらず」「店頭窓口」になってきます。

どこの消費者金融のカードローンでも、ネット申込の場合は24時間受付しており、アイフルも24時間365日申し込む事が可能です。

ネット申込の場合には、カードが届くまでに数日必要になります。すぐに融資を受けたいときは、振込キャッシングをすれば良いですが、平日14時までに振込予約をしておかないと、当日の振込はできません。

ローンカードがその場で発行される「自動契約機」や「窓口」で申し込み・契約を検討した方が良いでしょう。ローンカードがあれば、提携ATMで借り入れがすぐに出来ます。

アイフルの口コミや評判はこちら

アイフルの営業時間
方法 営業時間 休み
インターネット 24時間 年中無休
契約ルーム「てまいらず」 8時〜22時 年中無休(店舗で異なる)
店頭窓口 10時〜18時 土日祝日
フリーダイヤル 9時〜21時
アイフルATM 7時〜23時 年末年始
提携ATM 24時間 年中無休

無人契約ルーム「てまいらず」の営業時間

プロミスやアコムなどの大手消費者金融では、無人契約機でカードローンの申し込みが可能なものが多く、アイフルでも無人契約ルームがあり、その場でアイフルの申込から契約までが出来るようになっています。

アイフルの無人契約ルームは「てまいらず」と言い、営業時間は「8時〜22時(一部21時)」となっており、夜遅くにてまいらずに行っても、カード発行が営業時間内であれば可能になっています。

アコムやプロミスなどにある無人契約機は、タッチ画面を操作しながらカードローンを申し込みするようになっていますが、「てまいらず」では契約ルーム内に、電話とスキャナーとカード発行機が設置されているシンプルな作りになっています。

タッチパネル型であれば、本人確認や審査結果のときにだけ電話口で会話する程度ですが、てまいらずでは申込開始するためには、設置されている電話で申込を行うようになっておるので、初めからオペレーターと会話をすることになります。

無人契約機でも審査に通れば、その場でカード発行になりますので、銀行やコンビニの提携ATMで借り入れが可能です。

てまいらずの時間短縮で契約を早くする方法

初めから無人契約ルーム「てまいらず」で申し込みをしても良いのですが、てまいらず内で申込用紙にすべて手書きで記入しなければいけません。

アイフルの審査時間も最短30分ですが、申込手続きや審査時間を合計すると、長く契約ルーム内でいることになってしまいます。

時間に余裕がある場合は良いのですが、待つ時間がそれほど用意されていない方であれば、まずはアイフルのネット申込で審査結果まで終わらせておいて、契約とカード発行だけ「てまいらず」で行うほうが、早い融資や即日融資が受けやすいです。

広い契約ルームを完備しているてまいらずでは、アイフルATMを併設している場合がほとんどですので、カード発行が出来れば、コンビニに行かなくても借り入れがすぐに出来ます。

しかし、狭い電話BOX型の契約ルームも最近多く、その場合はアイフルATMは併設されていませんので、コンビニATMや銀行ATMに出向いて、現金を引き出すことになります。

てまいらずで契約手続きを行う場合は、本人確認書類などの必要な書類を持参するようにしてください。

アイフル店頭窓口の営業時間

アイフルの有人店舗は、あまり見かけることはないかもしれませんが、全国でも十数店舗しかありません。これは、どこの消費者金融でも同じ事で、有人店舗の数は最小限まで減少傾向にあります。

窓口業務の時間は平日10:00~18:00と、以前より営業開始時間が30分遅くになっています。土日・祝日や年末年始は休みになっていますので、気をつけてください。

もう1つ気をつけておきたいのが、アイフルの店頭窓口では、カードローンの借り入れの融資は行っていません。プロミスやアコムなどでは、店頭での借り入れも可能です。

直接相談しながらアイフルを申し込めるメリットはありますが、てまいらずでも十分に相談しながら申込が出来ますし、ネット環境が整った現在では、ネット申込や便利な他の方法も多くなっています。

アイフルATMの営業時間

アイフルには、電話BOX型以外の契約ルームに併設されている「アイフルATM」があります。

アイフルATMの営業時間は「7時〜23時」となっており、契約ルームの営業時間より長くなっているので、カード発行されてからでも十分に利用できるようになっています。

アイフルATMを利用するメリットは、利用時に発生する手数料が無料になっているので、頻繁に借り入れされる方や、返済方法をATM返済が主な方にとっては、利息以外のお金が発生しないということです。

アイフルATMは他のATMと操作は変わらず、タッチ画面を操作してカードを挿入すれば、借入や返済が出来るようになっています。

自宅や職場の近くに電話BOX型しかなく、利便性を考えると、提携ATMのほうが良いかもしれません。

提携ATMの営業時間〜23時以降も借入できる

アイフルATMは23時までしか稼働していませんので、23時以降に直接現金を必要とする場合は、提携ATMで借り入れる方法になります。

アイフルの提携ATM一覧
利用方法 ATM・店舗端末
借入・返済 セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、イーネット、親和銀行
借入のみ 福岡銀行、熊本銀行
返済のみ ファミリーマート「ファミポート」、ローソン「ロッピー」

アイフルの提携ATMは、多くのコンビニATMや銀行ATMなどがあり、メンテナンス時間以外であれば24時間365日利用できるようになっているので、アイフルATMが終了した23時以降でも、借入や返済が出来るようになっています。

しかし、24時間営業時間があるのは一部の提携ATMで、提携ATMの中にはアイフルATMと営業時間が変わらないところもあります。

アイフル提携ATMの借入可能時間
提携ATM 時間
セブン銀行 平日 0:00〜2:00、3:00〜24:00
土曜 0:00〜2:00、3:00〜23:00
日曜 7:00〜24:00
祝日 0:00〜2:00、3:00〜24:00
ローソンATM 24時間
E-net 24時間
三菱UFJ銀行 7:00〜24:00
イオン銀行 7:00〜23:00
西日本シティ銀行 7:00〜23:00
(土日祝日は8:00〜21:00)
親和銀行 8:00〜21:00
福岡銀行
熊本銀行

コンビニATMはほぼ24時間利用できますが、銀行ATMでは三菱UFJ銀行は23時以降も利用できますが、他の銀行ATMはアイフルATMと変わらない営業時間になるので、注意してください。

提携ATMには手数料が必要

アイフルATMの営業時間内でも、アイフルATMを利用するにはアイフルの契約ルームに出向くことになるので、カードローンを利用しているのがバレる可能性がありますが、コンビニATMでアイフルを利用しても、カードローンでお金を借りていると分かる方はいません。

しかし、提携ATMを利用する場合には、手数料が発生してしまいます。

利用金額 借入 返済
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

利用手数料は金額に応じて変わりますが、返済は毎月行うことですので、毎月1万円を超える返済をする場合も多いので、その都度216円の手数料が発生してしまうと、意外にコストがかかってしまうことになります。

手数料を避けたい場合は、自動契約機などに併設されている「アイフルATM」で借り入れすると、手数料は無料で大丈夫です。ATM以外では、振込キャッシングで借りるか、口座振替の返済方法の手続きを行うかで、手数料を発生させない方法もあります。

ネットサービスは24時間利用可能

アイフルのインターネットの利用は24時間365日出来るようになっています。もちろん申し込みも24時間受け付けています。

無事にアイフルを契約できると、会員サービスを利用することが出来るようになりますが、現在の利用額やどれだけの金額が利用できるのか、返済日の確認などもネットの会員サービスで見ることが出来ます。

アイフルの振込キャッシングも、ネットキャッシングであれば24時間受け付けていますが、初めにも書いたように当日振込を可能にするには、平日14時までにネットの振込依頼を出さなければいけません。

限度額の増額もネットの会員サービスから行うことが出来ますが、通常のアイフルの申し込みと同様に、審査回答時間は決まっていますので、夜遅くに申し込まれると、翌日まで審査回答を待つことになります。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ