即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

アイフルの金利と借入限度額

現在の大手消費者金融の多くは、銀行グループ傘下になっている事が多く、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMBCグループ、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループとなっています。

しかし、アイフルは銀行グループに属しておらず、独自の消費者金融の道を進んでいます。と言っても、アイフルのサービスが他の消費者金融より劣っていることはなく、大変人気のカードローンになっています。

金利は「年3.0%〜18.0%}で、最大限度額は「800万円」となっています。

アイフルを選ばれる方は審査の早さで選んだという方も多く、金利などを気にせずに申し込まれる方も多くいます。

利用し始めてあとから「金利は高いんじゃないの?」「利息を少なく出来ないの?」と思ってしまう方もいます。

実際にアイフルの金利や限度額がどれぐらいなのか、金利を引き下げできるかなどを解説します。

金融名 実質年率 最大限度額
アイフル 年3.0%~18.0% 800万円

アイフルの金利はいくら?

アイフルの金利は「年3.0%~18.0%」となっています。

アイフルの金利が高いのかと思う方もいますが、それほど高い金利を設定している消費者金融ではありません。他の消費者金融でも「年4%前後〜18.0%」が一般的な金利の幅に設定しています。

アイフルの下限金利「年3.0%」は、他の消費者金融のカードローンと比べると低い金利になっていると言えます。

初めの契約で適用される金利は、上限金利となることが一般的ですので18.0%となります。アコムやSMBCモビットなどでも18.0%となっており、プロミスは0.2%低い17.8%となっています。

100万円を超える限度額になれば「年15.0%」以下の金利になりますが、100万円未満になるのが通常ですので上限金利で契約すると思ってください。

消費者金融で金利に差が出ることはあまりありませんが、他のカードローンとして比較される銀行カードローンでは金利に大きな差が生まれてきます。

金利が低い方が良いと思う方が多いと思いますが、その分審査が厳しくなることを覚悟された方が良いかもしれません。

アイフルの毎月の利息の目安

アイフルの金利を見ても、どれぐらいの利息を毎月支払うのか分かりにくいと思います。

年18.0%で契約される方が大半ですので、借入残高に応じた初回の利息と利息総額を比較してみたいと思います。

借入残高による年18.0%の利息比較表(35日サイクル制)
借入残高 月々返済額 初回利息 利息総額
5万円 5,000円 863円 5,355円
10万円 5,000円 1,726円 23,709円
30万円 13,000円 5,178円 85,927円
50万円 15,000円 8,630円 250,686円

お金を借りるケースの多い「5万円〜50万円」の利息を表にまとめました。

5万円の少ない借入金額であれば、利息も初回は「863円」で利息総額も「5,355円」と少なくて済みます。

借入額が2倍になる10万円では、初回利息は2倍になりますが、毎月の返済額は同じですので借入残高が減るのは遅いので、利息総額は多くなってしまいます。

10万円以降の借入残高でも同じで、月々の返済額は多少増えても、返済するまでの期間は長引いてしまうことになり、利息総額は思っているよりも増えていることになります。

アイフルだけではなく、他の消費者金融でも同じことになりますので、なるべく繰り上げ返済や一括返済で借入残高を早く減らすようにしてください。

金利ゼロにするアイフルの30日間無利息

アイフルでは初回契約の方に限り、契約日翌日から30日間の金利ゼロのサービスがあります。

アイフルの金利が高いと思っている方は、金利ゼロになる30日間の無利息期間を上手く使うことで、利息をかなり抑えることが出来るようになります。

極端な話で無利息期間内に完済すれば、アイフルに支払う利息をゼロにすることも出来ます。そうすれば、金利が低いと言われる銀行カードローンよりもお得にお金を借りることも出来るわけです。

アイフルの無利息期間内に返済できなくても、銀行カードローンと差ほど変わらない利息に抑えることも出来ます。

借入残高や銀行カードローンの金利でも変わりますが、借入残高50万円までで金利が年14.5%程度であれば、4ヶ月〜6ヶ月ぐらいの返済計画であれば、アイフルの金利ゼロの無利息期間で借りても、利息は銀行カードローンと変わらないようになります。

アイフルの限度額

アイフルの限度額は「800万円」となっています。他の消費者金融の限度額範囲は300万円~500万円となっている場合が多く、アイフルは大きな限度額の部類に入ってきます。

借入限度額に十分余裕のあるアイフルですが、アイフルを契約していきなり、300万円や500万円の限度額を契約できる事はまずありません。

他の消費者金融も同様で、初めの契約時に多くの場合50万円までの限度額を契約することが一般的です。私の場合、プロミスの契約時に50万円の契約をしました。

アイフルで50万円を超える限度額を申し込んではいけないというわけではありませんので、必要な金額が50万円を超えているのなら希望限度額で申請しても良いです。

その代わり、50万円を超える希望限度額の場合は審査は厳しくなってしまうようになり、提出書類も収入証明書が必ず必要になります。

審査のスコアリングが低い場合は、10万円や20万円の限度額になることに通常ですので、あまりに高い限度額を希望されると審査に落とされることになります。

金利の引き下げになる限度額の増額方法

アイフルで契約している限度額では、資金が足りなくなってくることもあるかもしれません。初めから少ない限度額で契約した方などは、そうなってしまう事も出てくるでしょう。

さらに、金利を下げることが出来れば、利息も減ることになるので嬉しい話です。

アイフルで限度額の増額を行えば、金利を引き下げてくれることもあり、限度額の増額と金利引き下げの両方が実現可能になります。

しかし、誰でもすぐにアイフルの限度額を増額できるとは言えません。

  • 借入・返済実績が一定期間以上ある
  • 返済の遅れが今までにない
  • 収入が少なくない

アイフルのカードローンを契約してから一度も使ったことのない方は、限度額の増額には対応されないと思ってください。

最低でも半年は利用された実績が必要になり、返済が遅れたことがないことも条件になります。

増額には再度審査を受けることになりますので、その時の年収を提示する必要が出てきます。年収が増えていなかったり、限度額に対して少ない状態だと、増額審査には通ることはないです。

アイフルで増額する場合には、会員サービスかアイフルATMで申し込むことが可能です。

金利の引き下げだけでも交渉できる

限度額を増額しなくてもアイフルの契約金利を引き下げることも出来ます。ですが、増額の審査も難しいものですが、金利の引き下げだけを行うも、さらに厳しいときがあります。

アイフルにかなりの優良顧客であることを認めてもらわなければいけませんので、「収入の安定性」「しっかりとした返済実績」を積むことが重要になります。

あと、金利を引き下げることで利用頻度が上がり、双方にメリットがあることを証明することも必要です。

金利を下げるだけでは、アイフルの利益に影響がでてしまうことになるので、アイフルに金利を下げることを認めてもらうのは交渉力次第ということになります。

金利引き下げを申し込む場合は、増額のときのように会員サービスやATMから行うことは出来ず、コールセンターに直接相談することになります。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ