アイフルは消費者金融の中でも人気の高く利用者が多いカードローンになっています。テレビCMでもよく見かけることが多く、安心感が高いのも1つの理由だと思います。

アイフルは大手消費者金融という事で、借入方法や返済方法が多くあるのが特徴で、利便性が高くなっています。アイフルのカードが無くても口座に振り込んでもらうことも出来ます。

特に、アイフルの借り入れの特徴として、他の消費者金融などの借入額の単位は「1万円」単位が多いですが、アイフルでは1,000円単位で借入できる方法になっているので、余計な借入額を増やさないので良いです。

最短30分審査が可能!
\平日14時までに振込依頼で即日振込!/

アイフル公式
サイトで詳しく見る

アイフルの借入方法〜振込予約が便利

  • ネットで振込予約
  • 電話で振込予約
  • アイフルATM
  • コンビニ・銀行などの提携ATM

アイフルの借入方法は「振込キャッシング」と「提携ATM」の大きく分けて2種類の方法があります。

アイフルで振込で借り入れる場合には、ATMなどに出向く必要がなく、銀行口座にお金が無いときなどに便利な借入方法になっています。

ATMで借り入れる場合には、ATMに出向く必要はありますが、手元にすぐに現金が必要なときには、すぐに引き出しすることが出来るので便利な借入方法になっています。

アイフルには店頭窓口もありますが、窓口でのカードローンの融資はしていないので、店舗に行って借り入れは出来ませんので、注意してください。

アイフルの振込キャッシングはどこから出来る??

わざわざアイフルの提携ATMに出向く必要がなく、手軽に口座に振り込まれるネットキャッシングは、パソコンやスマホを利用したネットで振込予約をする方法です。自宅や会社からやカードがない状態でも、出先から自分が持っている金融機関口座に振込をアイフルに依頼できます。

アイフルのネットの振込予約は、24時間受け付けていますが、振り込まれるのが当日になるか翌営業日になるかは、振込予約をする時間で変わってきます。

アイフルで振込予約をして、当日に振込を希望する場合は平日14時までに振込予約はしておいてください。振込予約はアイフル会員サービスにログインすれば出来ますので簡単です。

すでに、アイフルと契約されている利用者であれば、時間までに振込予約を入れると大丈夫ですが、これからアイフルのカードローンを申し込む方で、即日融資を希望されている場合には、なるべく午前中の早い時間までに申し込みは完了させていた方が良いです。

当日振込が対応できる時間を過ぎてしまった場合などは、アイフルのカードを利用したATMで借り入れる方法で、当日融資も可能です。

提携ATMの借り入れはカードが必要

アイフルATMやコンビニATMを利用する場合は、アイフルのローンカードを忘れないようにしてください。カードローンを契約すると、後日自宅の方に契約内容の書類とアイフルのローンカードが郵送されてきます。

ローンカードが郵送されるのには、少し時間がかかることになるので、「当日振込の時間も過ぎたけど、当日融資をしたい」と思っている方は、アイフルの自動契約機で直接カード発行されると良いです。

自動契約機ではその日のうちにその場でカード発行されるので、併設されたアイフルATMや提携コンビニATMですぐに借り入れが出来ます。

自動契約機の営業時間も21時までと長く、土日・祝日も営業しているのがアイフルの良いところで、即日融資を土日でも行えるようになっています。その際は、土日でも在籍確認が出来るようにしておきましょう。

提携ATMの借入先を確認する

アイフルが提携しているATMを、どのようなところがあるのでしょうか。

借入可能な提携ATM一覧
名前
コンビニ・スーパーセブン銀行・ローソンATM・E-net・イオン銀行
銀行三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・親和銀行・福岡銀行・熊本銀行

コンビニというと様々なところがありますが、セブン銀行が設置されているセブンイレブンや、名前の通りローソンで設置されているローソンATM、あとはファミリーマートなどに設置されているE-netも提携しています。

E-netは、デイリーヤマザキやスリーエフやミニストップなどの多くのコンビニで設置されているので、アイフルの提携コンビニATMを利用する場合は、ほとんどのコンビニATMを利用することが出来るようになっています。

あと銀行では、都市銀行の三菱UFJ銀行で借り入れすることが出来るようになっており、地方銀行のいくつかでも借り入れできるようになっています。

提携ATMで借りる時は手数料発生

初めてアイフルを契約される場合に、ネット契約よりも時間的に余裕がある自動契約機での契約ですが、カードを利用して借りる場合には、手数料に気をつけなければいけません。

アイフルにはアイフル専用ATMがあり、そこで借りる場合には手数料が発生することはありませんが、提携しているコンビニATMや銀行ATMで借りる場合には、1万円未満で108円、1万円以上では216円の手数料が発生してしまいます。

パッとみると少額の手数料に見えますが、頻繁に借り入れされる場合には、利息以外のコストが膨れてしまうことになります。

最短30分審査が可能!
\平日14時までに振込依頼で即日振込!/

アイフル公式
サイトで詳しく見る

アイフルの返済方法〜ATMでカードなし返済可能

  • 振込
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • アイフル窓口・ATM
  • 銀行やコンビニの提携ATM

アイフルで借り入れが出来て安心してはいけません。借り入れよりも返済していくの大事な事になりますので、返済方法を確認しておきましょう。

アイフルの返済方法で主になるのは、カードを利用したATM返済や指定口座への振込、あとは口座からの自動引き落としになります。

この中で手数料が無料のものとと有料のものに分かれます。返済手数料が無料なものは、自動引き落としとアイフル窓口やアイフルATMになります。同じATMでも、コンビニや銀行などの提携ATMで返済する場合には、手数料が発生してきます。

アイフルATMは自動契約機などに併設されていますので、近くにあるかサイトで検索されてみた方が良いでしょう。

あとは、別途手続きをされて口座振替をする事で、返済日をを忘れること自動的に引き落としされる方法がいいかもしれません。

アイフルATMはカードなし返済が出来る

いつもアイフルのカードを財布に入れている方は、借りたり返済する時も迷わずATMを利用することが出来ますが、財布にカードが入っていないとATMを利用できないことになります。

しかし、アイフルATMで返済する場合はアイフルのカードがなくても、アイフルATMで「氏名、生年月日」などの入力で返済できるようになっています。返済日を忘れていて、アイフルATMが近くにある場合は便利に利用できるようになっています。

毎月の返済額は返済サイクルで変わる

アイフルでは返済する日を決める場合に、約定返済日を固定する「約定日制」と、返済する日数の期間を固定する「サイクル制」の2種類があります。

皆さんが馴染みがあると思うのが、毎月返済日を固定して返済する「約定日制」ですが、約定日制とサイクル制では、毎月の返済額に多少の違いがあるので、返済する時に返済金額が足りないという間違いがないようにしましょう。

アイフルの返済額
借入直後残高返済金額
サイクル制約定日制
1円〜10万円以下5,000円4,000円
10万円超〜20万円以下9,000円8,000円
20万円超〜30万円以下13,000円11,000円
30万円超〜40万円以下13,000円11,000円
40万円超〜50万円以下15,000円13,000円
50万円超〜60万円以下18,000円16,000円
60万円超〜70万円以下21,000円18,000円
70万円超〜80万円以下24,000円21,000円
80万円超〜90万円以下27,000円23,000円
90万円超〜100万円以下30,000円26,000円
100万円超〜300万円以下
10万円毎
1,000円ずつ加算
300万円超〜310万円以下51,000円47,000円
310万円超〜490万円以下
10万円毎
1,000円ずつ加算
490万円超〜500万円以下70,000円66,000円

返済額の差と言っても、1,000円〜4,000円の間となります。基本的な返済期間が、サイクル制は35日間と約定日制が30日前後ですので、返済期間が長いサイクル制の方が返済額が多いと覚えておくと良いです。
それで、どちらがお得などはあまり変わってはきません。

あと、アイフルの自動引き落としである「口座振替」を手続きされる場合は、サイクル制ではなく約定日制に限られるので注意してください。

最短30分審査が可能!
\平日14時までに振込依頼で即日振込!/

アイフル公式
サイトで詳しく見る