アイフルの申込で提出する必要書類
オペレーター

アイフルの必要書類は本人確認書類と収入証明書の2種類で、審査の時に提出して早い時間に契約できれば即日融資も可能です。

アイフルで提出する書類は多くありませんので、事前に用意しておけば申込からスムーズに審査が進み早く融資が受けられます。どんな必要書類を用意するのか解説していきます。

アイフル
アイフル
おすすめポイント
  • 最短「30分審査」「1時間融資」!!22時まで即日OK
  • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
  • 1秒診断で融資の可否を即診断
    金利最大限度額年齢制限
    年3.0%~18.0%800万円満20歳~69歳
    審査時間即日融資担保・保証人
    最短30分可能不要
    最短30分審査が可能!
    \平日14時までに振込依頼で即日振込!/

    必要書類の提出タイミングは申込完了後に提出する

    本人確認書類や収入証明書は申込と同時に提出するわけではなく、申込完了後であればいつでも必要書類を提出しても良いです。

    事前に書類を用意していれば良いですが、急いでないのであれば申し込みした後からでも必要書類を準備しても十分利用はできます。

    即日融資を受けたいなら急いで提出する

    アイフル審査に通っても必要書類を提出しないと契約手続きができないので、そのあとの融資を受けることができません。

    アイフルは最短1時間融資が可能な消費者金融なので、午前中に申込完了してすぐに提出すれば、夕方までに融資可能になる場合が多いです。

    急いで借りたい人は「アイフルの即日融資は何時まで?土日に振込キャッシングが可能なのか?」で詳しく解説しています。

    提出可能な本人確認書類は細かく分かれている

    アイフルで認めている本人確認書類の種類は豊富で、申込者が提出しやすい書類を用意しやすいメリットがあります。

    本人確認書類とは?
    • 顔写真付きの本人確認書類
    • 顔写真がない本人確認書類

    基本的にアイフルが提出してほしい書類は「顔写真付きの本人確認書類」ですが、顔写真付きの書類を持っていない人に限り顔写真がない本人確認書類も認めています。

    顔写真付きの本人確認書類を提出する場合

    まずは顔写真付きの本人確認書類は次の書類になります。

    顔写真付きの書類
    • 運転免許証
    • 運転経歴証明書
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード
    • 個人番号カード
    • 公的証明書(氏名、生年月日、住所、顔写真つき)

    本人確認書類は運転免許証がおすすめ

    本人確認書類は「運転免許証(運転経歴証明書)」を提出されるのがほとんどで、アイフルでも本人確認書類として提出を求めているのが「運転免許証」です。

    運転免許証を提出する時は、表面に記載されている「氏名」「生年月日」「現住所」や顔写真が鮮明に撮影し提出するようにしましょう。

    更新日までに引っ越しをされ現住所が変わり記載住所がウラ面になっている人は、ウラ面のコピーも提出する必要になるので忘れないでください。

    顔写真付き本人確認書類でも現住所と記載住所が違えば「追加書類が必要」になる

    本人確認書類で更新日までに引っ越しをされると現住所と記載住所が異なりますが、上で解説したように運転免許証であれば警察署で裏面に引っ越し先の新しい住所を記載してくれます。

    しかし、住所変更の手続きを行わないと申込時に現住所と記載住所が異なったままなので、補完書類」となる追加書類を提出しなければ書類不備になってしまいます。

    補完書類の内容
    種類書類の内容
    現住所が記載されている本人確認書類
    • 健康保険証
    • パスポート
    • 年金手帳
    • 母子健康手帳など
    公共料金の領収書
    • 電気
    • ガス
    • 水道
    • 固定電話
    • NHK
    官公庁発行書類
    (「氏名」「生年月日」「現住所」の記載)
    • 住民票
    • 納税証明書
    • 印鑑登録証明書など

    補完書類の提出は1つで良いので、申込者が用意しやすくお金のかからない書類がおすすめです。

    顔写真のない本人確認書類を提出する場合

    どうしても顔写真付きの本人確認書類が準備できない人は、顔写真なしの本人確認書類でも提出を認めています。

    顔写真なしの本人確認書類
    • A.健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
    • B.戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書など

    顔写真なしの本人確認書類

    2016年10月以降は犯罪収益移転防止法の改正で、本人確認書類の厳格化により身分証明書には顔写真付きの本人確認書類を提出するように求められます。

    もし健康保険証などの顔写真のない書類を提出する場合には、追加で書類が必要になります。

    アイフルは顔写真なしの書類を提出する場合は少し複雑で、上のリストの「Aから2点」「AとBから1点ずつ」、あとは「A1点と補完書類1点」になっています。補完書類は「公共料金の領収書」「印鑑登録証明書」「納税証明書」などがあります。

    オペレーター

    例えばA2点になると「健康保険証+母子健康手帳」、AとB1点ずつになると「健康保険証+住民票」などの組み合わせが、顔写真のない本人確認書類の提出です。

    外国籍の人は本人確認書類以外に追加書類を提出する

    アイフルは日本人だけが利用するわけではなく、外国籍の人でも利用できるようになっています。その外国籍の人が、アイフルを申し込む場合には、本人確認書類に併せて日本に滞在しても良いよというのを証明する書類も必要になります。

    外国籍で提出する書類
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書

    外国籍の人で上の2点の書類を持っている方であれば分かるはずですが、提出する場合は裏表両面をコピーする必要があるので、間違わないようにしましょう。

    アイフル
    アイフル
    おすすめポイント
    • 最短「30分審査」「1時間融資」!!22時まで即日OK
    • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
    • 1秒診断で融資の可否を即診断
      金利最大限度額年齢制限
      年3.0%~18.0%800万円満20歳~69歳
      審査時間即日融資担保・保証人
      最短30分可能不要
      最短30分審査が可能!
      \平日14時までに振込依頼で即日振込!/

      収入証明書の種類

      アイフルは消費者金融ですので総量規制の対象で、申し込み条件によって収入証明書を必ず提出するようになります。次がアイフルで認めている収入証明書になります。

      収入証明書
      • 源泉徴収票
      • 住民税決定通知書
      • 確定申告書
      • 所得証明書
      • 給与明細書

      アイフルで認められている収入証明書をすべて提出する必要はなく、1つだけ提出すれば良いです。

      会社に勤務されている会社員やパートなどの給与所得者は、勤務先から源泉徴収票や給与明細書が発行されるので、最も提出しやすい収入証明書でしょう。

      個人事業主は給与を貰っていないので、確定申告書を提出することをオススメします。

      住民税決定通知書は、6月ごろに勤務先から貰うことになるのですが、普通徴収や個人事業主の方になると自宅へ郵送されてきます。

      必ず届く書類になっているので、住民税決定通知書も収入証明書として提出しやすい書類です。

      給与明細書を提出する場合は最新の1ヶ月分だけでは認められません。アイフルで給与明細書を提出する場合は、直近2ヶ月分が必要になりますので、注意してください。

      給与明細書で気をつけたいのがもう1つあり、発行年月日・氏名・勤務先名・総支給額が記載がなかったり、手書きの部分がある場合は勤務先の社印や社判が必要です。

      アイフルは収入証明書を提出不要で契約できる?

      アイフルでは収入証明書を出さなくても契約できる条件があり、運転免許証など本人確認書類1枚だけ提出すれば良いです。

      貸金業法「総量規制」
      • 50万円以下の限度額を希望する場合
      • 他社との借入合計金額が100万円以下になる場合

      アイフルで収入証明書が不要になる条件が上記の内容になっています。他社の借り入れがある方でも少額の借入や50万円以下の限度額であれば十分可能になっています。

      もし、条件を超えてしまう限度額や、アイフル側から提出を求められると収入証明書の提出を避けることはできません。

      収入証明書の提出を無視してしまうと、契約段階に進むことが出来ないので、審査に通っていたとしてもお金を借りる事はアイフルからは出来ないことになります。

      必要書類の提出方法

      アイフルの申込方法は「ネット申込」「無人契約ルーム てまいらず」「電話」「郵送」ですが、申込方法によって必要書類の提出方法に違いがあります。

      申込方法による提出方法
      必要書類の提出方法対応する申込方法
      書類提出サービス
      • ネット申込
      • 電話
      無人契約機
      • ネット申込
      • 無人契約機
      メールネット申込
      FAX
      • ネット申込
      • 電話
      郵送郵送

      アイフルでは必要書類を提出する方法が5つ用意されていますが、「書類提出サービス」「メール」「無人契約機」の3つが必要書類の提出方法としてよく使われています。

      「書類提出サービス」で必要書類を提出するのがおすすめ

      アイフルでネット申込される方が多いので、審査結果の連絡方法もアイフルからのメールとなります。

      審査結果のメール内に記載されているURLをクリックすると、アイフル公式サイトの「書類提出サービス」の画面が表示されます。

      アイフル「書類提出サービス」 スマホ画面
      スマホ画面に表示されるアイフル「書類提出サービス」

      「書類提出サービス」が最も手軽で簡単に書類の提出ができる方法で、書類提出サービスはネット契約なのでアイフルカードは自宅に郵送で送られてきます。

      アイフルアプリ
      上はアイフルアプリの画面ですが、アプリからも必要書類の提出が可能でスマホ1台だけで契約したいと考えていれば、ぜひインストールして利用すると良いです。

      右上の「カンタン書類提出」をタップすると、必要書類が提出できるサービスに移行します。

      アイフルアプリ 書類提出画面
      画像の下部の赤いボタンを押すと審査結果のメール内URLと同様に、書類提出サービスへとつながるようになっています。ですので、スマホやカメラで必要書類を撮影して、パソコンやそのままスマホからアイフルに提出が出来るようになっています。

      無人契約機で必要書類を提出する場合

      無人契約機で必要書類を提出するのは次の2つのパターンのみです。

      無人契約機で必要書類を提出するパターン
      • 初めから無人契約で申し込む
      • 電話申込の後に無人契約機で契約をする

      アイフルカードをすぐに必要な時は無人契約機で契約するのがおすすめなので、必要書類を持参するのを忘れてはいけません。

      ですが、ネット申込された場合は契約手続きをネット上で交わし必要書類はすでに提出済みになるので、後で無人契約機でカード発行する時は必要書類を持参しなくても良いです。

      必要書類は無人契約機内でプリンターのスキャナーで読み取るようになっています。指示通りにすると大丈夫ですが、機械に慣れていない方は緊張せずに行いましょう。

      無人契約ルーム「てまいらず」の営業時間は「8時〜22時」となっているので、営業時間内であればカード発行を行えるので遅れないようにしましょう。

      しかし、初めからてまいらずで申し込む場合はアイフルの審査回答時間は21時までなので、21時ギリギリに出向いても契約するのは不可能です。

      まずは、午前中や夕方早くまでに「ネット申込」でアイフルを申し込んで審査回答を貰っておくと、21時過ぎでもカード発行を行うことが出来ます。(一部21時までの営業あり)

      まとめ

      アイフルを申し込むのであれば「本人確認書類」は絶対に用意しておかなければいけません。

      50万円を超える限度額を希望する場合は「収入証明書」も用意する必要もあり、書類は増える事になります。

      少額で急いで申し込みを考えているのであれば、運転免許証1枚用意するだけで契約することも可能と言えます。

      アイフル
      アイフル
      おすすめポイント
      • 最短「30分審査」「1時間融資」!!22時まで即日OK
      • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
      • 1秒診断で融資の可否を即診断
        金利最大限度額年齢制限
        年3.0%~18.0%800万円満20歳~69歳
        審査時間即日融資担保・保証人
        最短30分可能不要
        最短30分審査が可能!
        \平日14時までに振込依頼で即日振込!/