即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

プロミスの即日融資で借りる方法と流れ

プロミスは即日融資が可能なカードローンとして有名で、カードローンを検討されている方であれば、候補に入れて間違いない消費者金融になっています。私も、プロミスのカードローンは財布に入れている1枚になっています。

プロミスの審査時間は「最短30分」と非常に早い審査時間で、申込方法も「ネット申込」「自動契約機」「店頭窓口」「電話・FAX」とありますが、プロミスで即日融資を可能にするのであれば、まずはネット申込か自動契約機をから申し込むことが良いと言えます。

ですが、プロミスを申し込む時間帯や曜日で、即日融資が出来ない可能性も出てきますし、借入方法によっては即日融資が出来る場合もあるので、注意して借入方法を選択しなければいけません。

プロミスで即日融資が出来る時間は何時まで?

プロミスで即日融資を受けたいと考えている方は、最も遅い申込でも「21時まで」に完了させておくことが重要になります。

ネット申込は24時間365日受け付けていますが、プロミスの審査回答時間は22時までになります。

審査スピードに定評があるプロミスでも、最短30分の時間は必要になり、審査時間も延びてしまうことも考えなければいけません。

最短1時間融資の即日融資も可能なプロミスですので、22時から1時間ひいた21時がギリギリの申込完了時間になります。

あくまでも最もギリギリの時間ですので、不測の事態を考えると20時までには申込を終わらせたほうが無難と言えます。

プロミスで即日融資をする4つの流れと借り方

即日融資を受ける流れ
  • 1.ネット申込→ネット契約→振込キャッシング
  • 2.ネット申込→ネット契約→スマホATM取引
  • 3.ネット申込→自動契約機で契約→提携ATM
  • 4.自動契約機で申込→カード発行→提携ATM

プロミスで即日融資を受けやすくするには「ネット申込」か「自動契約機」で申し込むことになります。その後、最終的に即日融資で借りる方法は「振込キャッシング」「ATMキャッシング」の2通りになります。

プロミスでは、振込キャッシングでも24時間振込できる「瞬フリ」と「通常の振込」があり、ATMキャッシングも「カードあり」と「カードなし」の方法に分かれます。

今日中に借りたい方:まずは「ネット申込」がオススメ

プロミスのネット申込は、即日融資がスムーズに進む申込方法で、24時間365日受け付けており時間が空いた時にスマホやパソコンから申し込みすることが出来ます。

手軽で素早く申し込める方法であり、プロミスで即日融資が受けやすい方法になっています。

自動契約機でも即日融資が出来る流れですが、ネット申込の方が臨機応変に対応できる流れが多いので、ネット申込をされる方が良いです。自動契約機では審査時間を契約機内で待つことになります。

プロミスのネット申込の流れ
  1. ネット申込で必要事項入力
  2. 審査開始
  3. 審査通過後、契約完了
  4. 即日融資が可能

プロミスでネット申込をする時には、契約方法を選択することになっており、選択する契約方法は「WEB契約」「来店契約」の2種類から選びます。

WEB契約と来店契約の両方が即日融資に対応しているので、自分に合った契約方法を選択すればいいです。(次項で解説)

ネット申込が完了すれば審査が開始されて、審査時間は在籍確認も含めて「最短30分」になります。

午前中に即日融資が可能になることもありますが、申込者の申込内容や審査状況で審査時間が延びることもあるので、午後以降の即日融資になることが多いです。

即日融資する場合の流れとしては、WEB契約を選択された方は、手持ちの各金融機関の口座に振込キャッシングしてもらう方法と、来店契約を選択された方の場合は、自動契約機に出向いてから契約をしてカードを発行してもらい提携ATMなどで借り入れする方法です。

振込キャッシング「瞬フリ」で即日融資をする方法

プロミスを初めて契約する際に、振込キャッシングで即日融資をする時は、WEB契約がスムーズに即日融資が可能になります。

瞬フリで即日融資する流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 必要書類をWEB上で提出
  4. 審査結果
  5. 契約手続き「WEB契約」を選択
  6. 契約完了後、会員ページログイン
  7. 振込キャッシング「瞬フリ」で借りる

WEB契約をする時には、「ATMによる返済」か「口座振替による返済」の2種類の返済方法を選択することになりますが、プロミスではどちらの返済方法を選択しても、即日融資で瞬フリが可能です。

会員ページの振込キャッシングから「瞬フリ」で振込依頼を出すことが可能になっています。

瞬フリは24時間365日(メンテナンス以外)で振込が出来るようになっているので、最も遅い時間に契約をされても、夜遅くにでも即日融資がしやすくなっています。

瞬フリが利用出来る金融機関の振込時間
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00
24時間受付
受付完了から最短10秒※
土・日・祝日

※金融機関口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミスの瞬フリは、2018年10月以前では三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座のみが24時間365日振込が可能でした。

しかし、2018年10月15日以降は24時間365日振込出来る金融機関が504行に増えて、以前よりさらに瞬フリで即日融資がしやすくなっています。

瞬フリが出来る機関と出来ない機関
振込対応時間 金融機関
24時間対応 三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、イオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行、スルガ銀行、千葉銀行、横浜銀行、東京スター銀行、住信SBIネット銀行など
24時間未対応 みずほ銀行、オリックス銀行、セブン銀行、じぶん銀行、関西アーバン銀行など

銀行だけに限らず、信用金庫や信用組合など地方の小さな金融機関でも対応しているところは多いので、プロミスで即日融資が受けやすいと言えます。

振込キャッシングで今日中の即日融資を受けるには「平日14時50分まで」

瞬フリが出来る口座を持っていない方は、通常の振込キャシングで即日融資をする必要があります。

プロミスから口座に振り込んでもらう方法の「振込キャッシング」を利用する場合は、申し込む時間を気を付けなければ、即日融資として当日に融資してもらえなくなります。

通常の振込キャッシングの場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日 9:30 頃
9:00~14:50 受付完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日 9:30 頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日 9:30 頃

プロミスの通常の振込キャッシングの場合は、平日14時50分までに振込依頼を終えていなければ、当日中に振り込まれることはなく、金融機関の翌営業日まで待たなければいけません。

銀行口座に振込をしてもらうとなると、銀行の振り込み可能時間内までに、プロミスの審査に通り契約を済ませてから、カードローン会社に振込依頼を完了していなければいけません。

プロミスの審査が最短30分ですが、申込者の申込情報や他の方の混雑状況などで、審査時間が長くなり遅くなることはあり得ますので、最低でも平日13時までには申し込みを終えておきましょう。

自動契約機で即日融資をする方法

プロミスの振込キャッシングで即日融資をする場合は、平日14時50分までに振込依頼をしなければならないと書きましたが、プロミスの自動契約機の場合は、22時(場所によって21時)まで営業していますので、営業終了時間までに契約を交わすことが出来れば、即日融資が可能になります。

自動契約機で即日融資をする流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 契約手続き「来店契約」を選択
  4. 審査結果
  5. 自動契約機に出向く
  6. 必要書類の提出
  7. 契約完了後、カード発行
  8. ATMで即日融資

プロミスの自動契約機では、契約完了後にプロミスカードがその場で発行されるようになっているので、自動契約機内に併設されている「プロミスATM」や、プロミスが提携しているコンビニATMや銀行などの金融機関ATMで借りることが出来るようになります。

自動契約機では申し込みから契約まで、その場で行えるようになっているので、初めからプロミスの自動契約機に出向いても即日融資は出来ます。

しかし、契約機内で申込用紙に記入して、本審査や在籍確認の時間も契約機内でいる必要があり、長時間その場で待つことになります。

ですので、まずは、ネット申込で「申込から審査結果の連絡」まで仕事中や空いた時間に済ませておくと、あとは自動契約機で契約をする時間だけで大丈夫になります。契約手続きだけなら、数分〜十数分でカード発行が出来ます。

自動契約機でカード発行するメリットには即日融資以外にもあり、自宅へプロミスカードや契約書類の郵送が行われないので、家族などにプロミスを利用していることがバレる可能性が低くなります。

そもそも、送られてくる封筒には「プロミス」などの分かりやすい名前は書かれていないので大丈夫ですが。

プロミスATMで即日融資で借りる場合は、手数料は無料となっていますが、提携ATMで借りる場合には1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料が必要なので気を付けましょう。

三井住友銀行のローン契約機でもカード発行が出来る

SMBCグループのプロミスは三井住友銀行と同じグループ会社ですので、三井住友銀行のローン契約機でカード発行が出来るようになっています。

プロミスの自動契約機に入るのには抵抗がある方も、銀行の契約機であれば入りやすいと思います。プロミスの自動契約機がない方も利用しやすいです。

三井住友銀行のローン契約機は、窓口業務が終了していても21時まで稼働しているので、遅い時間に出向いても大丈夫です。

あと、三井住友銀行ATMも提携ATMの1つで、借入や返済の手数料が無料になっているので、他の提携ATMより即日融資がやりやすくなっています。

スマホATM取引でカードなしの即日融資を受ける方法

プロミスのローンカードが手元のない状態であれば、通常は振込キャシングで借りる必要があります。瞬フリが利用できない方は、即日融資が受けにくくなります。

しかし、プロミスのスマホATM取引を利用すれば、カードなしで借りることが出来るので、ネット契約完了後すぐにセブン銀行ATMで即日融資が出来るようになります。

セブン銀行ATMですので24時間365日利用可能になり、プロミスの審査回答時間の22時までに契約出来れば、即日融資が出来ます。

振込キャッシングが出来る時間帯を過ぎた方や、自動契約機に行けない方などに即日融資がしやすい借り方です。

プロミスと契約されている方であれば、スマホATM取引を利用できるので、カードをわざわざ持ち歩くのに抵抗がある方も利用しやすいようになっています。

土日にプロミスで即日融資は可能なの?

プロミスの審査は土日でも行われているので、申し込みさえすれば土日でも即日融資を可能にする事は出来ます。

プロミスの土日審査で肝心になるのが「在籍確認」をクリアしなければいけないのですが、土日に勤務先が休業日というところも多くなっており、会社に誰もいない場合があります。

在籍確認は本人が電話口に出なくても大丈夫ですが、誰も出ないとなってしまうと、プロミスの審査は止まってしまうことになります。

しかし、プロミスの場合は土日の在籍確認を柔軟に対応してくれる消費者金融の1つになっています。

ネット申込完了後に、プロミスコール(0120-24-0365)に連絡して土日の在籍確認の相談をされると、電話連絡以外の在籍確認方法を提案される可能性があります。

土日の振込キャッシングで借りる方法

土日の振込キャッシングで、プロミスから即日融資で借りる場合、通常振込では翌営業日まで待つ必要が出てきてしまいます。

瞬フリが出来る金融機関が多くなったので、銀行口座を登録する事で土日でも振込キャッシングで即日融資を可能に出来ます。

ですので、該当する以外の銀行口座しか手元にない方である場合は、振込キャッシングは諦めて、自動契約機でカード発行するかスマホATM取引を利用するようにしましょう。

土日に自動契約機を利用する方法

土日の振込キャッシングは限られた銀行口座でしか無理ですが、自動契約機であれば平日だけではなく土日・祝日も22時(一部21時)まで営業していますので、プロミスの審査に通り自動契約機で契約を交わすことが出来ると、平日と同様に即日融資が可能になっています。

併設されているプロミスATMも、土日でも24時まで稼動しているいますし、コンビニATMもメンテナンス以外であれば24時間稼動しているので、借りたい時に利用することが出来ます。

必要書類を確認して即日融資に備えよう

プロミスで即日融資を受けたいと思って、カードローンを申し込んだとしても、提出しなければならない必要書類を用意しておかないと、契約までの時間が先延ばしになってしまう可能性があります。

本人確認書類であれば、「運転免許証」のコピーを提出するのが一番手軽で用意しやすいと思いますが、運転免許証がない方であれば「パスポート」や「健康保険証と住民票」を用意すると良いです。

あと、プロミスで希望する限度額が50万円を超える場合や、他社の借入とのプロミスの合計金額が100万円を超える場合には「収入証明書」の用意も忘れないようにしましょう。

プロミスの即日融資のまとめ

プロミスは即日融資が出来ないカードローンではないので、申し込む時間や自動契約機でカード発行することをすれば、十分に即日融資でお金を借りることが出来ます。

もし、プロミスで即日融資が出来なかったという方は、申し込む時間がそもそも遅かったのか、カード発行のやり方を知らなかったことがほとんどです。審査に通らなければいけませんが、22時までに契約することが出来れば、プロミスで即日融資ができるようになります。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ