管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

プロミスの借入方法と返済方法〜返済日の変更や延長は出来るの?

プロミスは30日間の無利息期間などがあり、消費者金融の中でも人気が非常に高いカードローンで、私も利用している消費者金融となっています。

プロミスのカードローンの審査に通った事により、カードローンを利用する事が出来るようになりますが、実際に『どうやってプロミスで借りるのか』『どのような返済方法があるのか』と、初めてカードローンを使う場合には迷う方も多くいます。

借入方法は知っている方も多いかもしれませんが、特に返済方法や返済する為の準備や返済日はいつなのか分からない方が多いようです。

プロミスの借入方法

  • 振込キャッシング(銀行振込)
  • プロミス・自動契約機ATM
  • 銀行・コンビニの提携ATM
  • プリペイドカードへチャージ

プロミスの借入方法を大きく分けますと、銀行などの金融機関口座に振り込んでもらう『振込キャッシング』と『提携ATM』や『プロミスATM』などのATMで、キャッシュカードのように引き出す感覚で、借り入れる方法の2つに分けることが出来ます。

ATMで借り入れる方法

ATMを利用してプロミスでお金を借りる場合には、プロミスカードを用意しなければいけません。

「ネット契約+カード郵送」を選択された方や返済方法を「ATM返済」を近傍された方は、契約後に自宅に契約書類とプロミスカードは同封されて送られてくることになります。契約方法を「来店」を選択された方は、自動契約機や店頭窓口のその場で、プロミスカードが発行されることになります。

借入出来るプロミスの提携ATM
銀行ATM 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行
コンビニATM セブン銀行ATM(セブン-イレブン)、ローソンATM(ローソン)、イーネット(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス、スリーエフなど)

提携ATMは非常に多く、都市銀行であれば「三井住友銀行」と「三菱UFJ銀行」の提携ATMが利用できますし、コンビニATMはセブン銀行ATMやローソンATM、イーネットの3つが提携しており、セブンイレブンやローソンなどほとんどのコンビニATMで借り入れすることが出来るようになっています。

上記以外にも、プロミスの自社ATMである「プロミスATM」でも借入することが出来るようになっており、自動契約機に併設されているプロミスATMですので、自動契約機で契約してすぐに、プロミスカードを利用して借りることが可能です。

ATMで借入する場合の手数料に注意

プロミスカードを使って提携ATMで借り入れする時には、手数料が発生してしまうことに、注意しなければいけません。

プロミスの提携ATM利用手数料金額
利用金額 借入時 返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

提携ATMを利用する場合、最低でも108円の手数料が発生してしまい、もし1万円を超える金額を利用すれば216円の手数料が発生してしまうことになります。手数料は借入時だけでなく、返済時にも発生してしまいます。

近くのコンビニATMが便利だからといっても、毎回手数料が発生してしまうことを、頭に入れておきましょう。

同じATMでの借入でも、手数料が発生しないATMがあり、それは「三井住友銀行ATM」と「プロミスATM」です。利用する時間帯や借り入れる金額などは関係なく、いつでも手数料が無料ですので、気にせずにATMが利用できます。

プロミスポイントサービスで提携ATM利用が無料に出来る

自宅や仕事場の近くに、三井住友銀行やプロミスATMが設置されているところがなく、コンビニATMなどを利用しなければならない方でも、プロミスのポイントサービスを利用することで、申込日から翌月末までの期間で、提携ATM利用手数料が無料になります。

プロミスのポイントサービスで手数料無料

提携ATM利用料を無料にするポイントは40ポイントとなっていますが、ポイントサービス初回登録で100ポイントや毎月初回ログインで10ポイントなど、ポイントを貯めて利用することが出来ます。

ポイントサービスに登録しなければ、ポイントも貯まらず手数料無料にする方法も出来なくなりますので、会員ページから簡単に登録することが出来るので、利用しましょう。

振込キャッシングで借り入れる方法

プロミスで口座振込で借りる方法は、インターネットで振込を依頼する方法とプロミスコールに電話で振込依頼をする方法の2つになります。電話でするのも良いですが、手軽にいつでも振込依頼が出しやすいのは、プロミスの「ネットキャッシング」になっています。

口座振込を利用するには、事前に手持ちの金融機関口座を登録する事になり、登録口座に振り込まれるようにするのですが、登録する口座によってはいつでも即座に反映されるものと、時間帯によって翌営業日まで待たなければいけないものもあります。

通常の振込キャッシングの場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日 9:30 頃
9:00~14:50 受付完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日 9:30 頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日 9:30 頃
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00
24時間受付
受付完了から最短10秒※
土・日・祝日

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を、プロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミスで振込キャッシングをスマホやパソコンのネット上で行う場合、24時間振込が最短10秒で行われるのは「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座になります。曜日も平日だけと限らず、土日祝日でも24時間最短10秒で振り込まれるので、利用したい時にすぐに振り込まれるようになっており、プロミスでは「瞬フリ」というサービスになっています。

三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の口座を登録された場合は、振込依頼の時間が平日14時50分を過ぎると、翌営業日の9時30分まで振込実施を待つことになります。もし平日14時50分以降で、当日融資を希望する場合は、提携ATMでプロミスカードを使って借り入れることになります。
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

振込キャッシングのメリットとしては、提携ATMでは手数料が発生してしまうのがほとんどでしたが、振込キャッシングでは振込手数料などは発生しません。

  1. 会員ページにログイン
  2. 振込キャッシングの予約
  3. 金額入力、入力確認
  4. 完了後、振込実施

プロミス会員ページから振込キャッシングを予約することが出来るので、とても簡単に必要金額だけ借りることが可能になっています。

プリペイドカードへのチャージが便利

自分の金融機関口座などに振り込んでもらう「振込キャッシング」をする形で、「三井住友VISAプリペイド」へチャージする方法が以外にも便利になります。「わざわざチャージするって不便じゃないですか?」と思う方も多いはずです。

しかし、昼間に銀行からお金を引き出すことを忘れている場合など、手数料無料のプロミスATMも近くにないし、提携ATMで借り入れる場合には手数料がかかってしまうなど、借り入れる事を躊躇してしまうことになりがちです。

ですが、プロミスの振込キャッシングで三井住友VISAプリペイドにチャージする時には、手数料は発生しません。そのまますぐに、VISA加盟店であればプリペイドカードを使うことが可能になります。

プロミスの返済方法

  • インターネット返済
  • 店頭窓口返済
  • ATM返済
  • 口フリ(口座振替)
  • 銀行振込

プロミスは借入方法も豊富ですが、返済方法も豊富なため自分に合った返済方法を選ぶことが可能な消費者金融です。

基本的には5種類の返済方法がありますが、利用率が高く利便性が高いと思われるのが「ネット返済」と「ATM返済」と「口座振替」の3種類であると言えます。口座振替は大変便利で、最低の約定返済額を返済期日に自動的に引き落としてくれますが、事前に引き落としされる口座を登録しなければ利用出来ません。詳しくは下記に利用方法が解説しています。

プロミスのネット返済を利用する

大手消費者金融でネット返済が出来るのは、プロミスとアコムの2つの消費者金融しかありません。

プロミスのネット返済には、振込手数料は発生しないのでお得な返済方法となっており、手軽に行えます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

手軽で手数料無料のネット返済ですが、プロミスのネット返済に対応しているのは上記の5行に限られています。

さらに銀行と言えば、振込が可能な営業時間が決まっていますが、ネット返済を利用する場合には原則24時間365日のいつでも、返済が即座に処理されるようになっているので安心出来ます。

ATM返済を利用する

ATM返済には、「提携ATM」と「プロミスATM」の2つの方法があります。

提携ATMは借入方法と同様に、銀行や信用金庫などのATMとコンビニATMなどがあり、コンビニATMであれば街中で見かける機会が非常に多いので、大変便利な返済方法になりますが、借入時同様に手数料が発生してしまうのが難点になります。

借入は一度してしまえば、数ヶ月は借り入れされないことが多くなりますが、返済の場合は毎月返済する事になる事が多いので、その都度手数料が発生してしまうと、利息以外に大きな出費になってしまいます。

一方で、プロミスATMは借入時と同じく、手数料は発生しませんので、安心して利用出来ますが探すのが少しだけ面倒になってしまう場合もあります。しかし、プロミスATMを利用して返済する場合には、プロミスカードを利用しなくても返済することが出来ます。

プロミスATMで「氏名、生年月日、電話番号、暗証番号」の4つの項目を入力する必要はありますが、それさえ入力すればプロミスカードを常に財布に入れておかなくても大丈夫です。

プロミスのカードレスとアプリローンで借入・返済が簡単

プロミスカードを発行して通常使う消費者金融ですが、現在はプロミスカードを発行せずに利用できるようになっています。プロミスの審査に通って契約時に「カード郵送なし」を選択すると「WEB完結」となり、自宅への郵送物などがなくなります。

カードレスのWEB完結は、借入は「ネットキャッシング」で返済は「口座振替」が通常の利用方法で、現金がすぐに欲しい場合などではカードがないので、コンビニATMなどで借り入れが出来ずに少し不便でした。

しかし、プロミスの「アプリローン」が登場した事により、カードレスの方でもセブン銀行ATMで現金を引き出すことが可能になりました。
app-loan-promise

上の画像のように、プロミスアプリにログインしてから、セブン銀行ATMのスマホATM取引をタップして、セブン銀行ATM側でスマートフォン入出金をクリックすると、QRコードなどを読み取って、借入と返済が利用できるようになります。

アプリローンで気を付けるのは、プロミスカードを使ってセブン銀行ATMを利用するのと同じく、手数料が発生してしまうことになります。カードを持ち歩かなくても良いメリットもありますが、コンビニATMを利用してしまうと手数料が発生してしまうことは覚えておきましょう。

プロミスの返済日

プロミスの返済日は、1ヶ月のうちに「5日、15日、25日、末日」の4日間のどれかを選択することになります。プロミスでお金を借りると、返済できる日に返済すれば大丈夫ですが、返済日までに最低1回は返済することが条件になります。

私は末日の返済日で契約していますが、ネット返済できるプロミスでは、末日までにネット返済で最低返済額以上を返すようにしています。期日までに返済すれば口座振替で引き落としされることはありません。(口座振替の三井住友銀行とジャパンネット銀行口座以外は5日のみ)

契約した返済日は分かっていても、初めて借り入れされた次の返済日が「今月」なのか「翌月」なのか困惑される方も多いです。プロミスでは、契約した返済日と初回の借入日の関係で、初回返済日が決定されるようになります。

初回返済期日の決まり方
約定返済日 借入日 返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

初回借入日から最低15日間の返済期間に余裕があり、返済日が5日で初回借入日が1日で4日後に返済日が訪れるようなことはありません。

プロミスの返済日を変更することは可能?

プロミスで初めに契約した返済日を、あとから変更することは出来るようになっています。初めは返済日5日が良かったけど、会社の都合で給料日の変更などがあり、末日が返済日に便利だと思えば、プロミスに返済日の申込をすれば出来ます。

  • ネット「会員サービス」
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 郵送

店頭窓口が無かったり郵送で時間がかかる場合もあるので、会員サービスの「返済日変更申込」や自動契約機を利用することをオススメします。

1番簡単に返済日を変更できるのは借入が無い状態です。しかし、借入をされている状態では、少し話が変わります。

借入がある状態で返済日を変更する場合は、これまでの利息だけでも清算する必要があり、返済日を変更する日に利息の入金が行う必要があります。詳しくはプロミスコールに問い合わせることが良いです。

プロミスの返済額と返済シミュレーション

最低返済額の決め方
お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高×3.61% (1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高×2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高×1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

プロミスの返済方式が「残高スライド元利定額返済方式」と言うものですが、これを聞いて分かる方は少ないかもしれません。簡単に説明すると、借入残高に応じて最低返済額がスライドしていくという事です。

  • 5万円借入残高・・・5万×3.61%=1,805円で2,000円
  • 40万円借入残高・・・40万×2.53%=10,120円で11,000円
  • 130万円借入残高・・・130万×1.99%=25,870円で26,000円

借入の残高で返済する金額は変動していますが、これ以上の金額を返済しても良いです。その方が、返済完了するまでの期間が少なくなるんで、支払い総額も少なくなります。

一定の返済金額の返済シミュレーション
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 4,000円 32回(2年8ヶ月) 125,864円
20万円 8,000円 32回(2年8ヶ月) 251,743円
30万円 11,000円 36回(3年) 387,289円
40万円 11,000円 53回(4年5ヶ月) 579,111円
50万円 13,000円 58回(4年10ヶ月) 746,160円

返済総額を少なくするには先ほども書いた通り、返済額をそれぞれ少なくすれば返済期間が短くなり、おのずと利息が少なくなります。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ