プロミスと言えば、消費者金融の中でも1,2を争う大手のキャッシングサービスとなっており、営業時間も長くて大手という事で安心感・信頼がある人気のカードローンです。

カードローンの申し込みは、原則24時間365日いつでも申し込みが可能なネット申込が主流になってきていますが、プロミスはネット申込以外に「店頭窓口」「自動契約機」でカードローンを申し込む事が可能です。

店舗窓口や無人契約機で申し込みやカード発行するためには、営業時間内に出向かないと閉まってしまうことになりますので、営業時間は頭に入れておきましょう。

申し込み以外にも、店頭窓口や自動契約機に併設されているATMでお金を直接借り入れが出来るのも、プロミスの特徴です。

プロミスの営業時間の種類
方法営業時間休み
インターネット24時間年中無休
自動契約機9時〜22時1月1日
有人店舗窓口平日10時〜18時土日祝日、年末年始
プロミスコール9時〜22時1月1日
プロミスATM7時〜24時※1月1日
提携コンビニATM24時間年中無休

※ATMにより営業時間、休日が異なる

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る


プロミスの営業時間内に審査回答される時間

プロミスの審査回答時間は「9時〜21時」となっています。プロミスのネット申込で深夜に申し込んだとしても、21時以降になると審査回答は翌日9時以降になってしまいます。

プロミスの営業時間内に申し込めば、当日中に絶対審査回答されるというわけではなく、審査結果が分かる時間は「希望連絡時間」なので、当日中に審査が分かりたい方は、なるべく早めに申し込まれたほうが良いです。

プロミスから即日回答だけが希望であれば、遅くても20時までに申し込んでも可能になりますが、契約手続きや即日融資を受けたい方は、2時間前の19時までに申し込みされたほうが良いです。

プロミスでは、土日祝日も審査回答する営業時間は同じなので、19時までの営業時間内に申し込むと、休みの時でも即日融資で借りられる可能性は高くなります。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る

自動契約機の申し込みできる営業時間は22時まで

プロミスの自動契約機ですが、24時間営業しているわけではありません。自動契約機でカードローンを申し込みが出来る営業時間は9時~22時となっています。(一部21寺まで)

プロミスの自動契約機は、平日だけでなく土日祝日も営業しているので、平日に自動契約機に行く事の出来ない方でも、休みを利用して自動契約機でカードローンの申し込みが出来るのが良いですね。
※場所によって営業時間は変わりますので、ご注意ください。

カードローンを申し込みするだけが、プロミスの自動契約機の役割ではありません。

自動契約機の出来ること
  • 新規申し込み
  • カードの受取
  • 限度額の増額申請
  • 利息の利率の変更
  • 返済日の変更
  • カード再発行
  • 暗証番号の変更
  • 契約内容の変更

自動契約機で出来る内容は、カードローンを新たに契約するだけでなく、利用中の方でも利用内容(限度額・利率・返済日)の変更が出来たり、カード再発行や暗証番号の変更も出来るので、もしかすると利用する可能性もあるので、営業時間は覚えておいたほうが良いです。

自動契約機で申込や契約する時には、プロミスで必要になる書類を忘れずに持参しましょう。

自動契約機の申込は事前のネット申込で時間短縮が出来る

自動契約機の営業時間内に行けば、申し込みから行うことが出来ますが、契約機で新規申し込みを行う場合は、審査結果を受けて契約を交わすまで、長時間の間で自動契約機にいる必要があります。

最短30分の審査時間であるプロミスですが、審査時間が長くなり、契約手続きなども含めると1時間以上待つのが一般的です。

オススメな自動契約機の利用方法は、まずスマホやパソコンで、プロミスのWEB申込を完了させてから、契約だけを自動契約機で行う方法です。

申込から契約までが一番スムーズに進む方法になりますし、時間のムダも無くすことが出来るはずです。

契約だけをプロミス自動契約機で行う場合は、ネット申込時に「来店契約」を選択することになります。

その後に審査結果が分かれば、契約機に出向くことになりますが、「はじめての申し込み」と「現在申し込み手続き中」という画面表示が出ていますので、「手続き中」のボタンをタップすることで、契約手続きに進めることが出来ます。

自動契約機ではプロミスのカードが直接発行されるので、そのまますぐに併設されているATMなどで借入が可能です。

プロミス有人店舗の営業時間

お客様サービスプラザの店舗の営業時間は「10時〜18時」で、平日のみが営業日となっており、土日は休業日になります。
※店舗によっては営業時間は変わってきます。プロミス公式サイトでご確認ください。

プロミスには無人契約機だけでなく、「お客様サービスプラザ」という有人店頭窓口があります。カードローンの申し込みから借入・返済まで担当者と相談しながら出来るのが特徴です。

しかし、お客様サービスプラザの店舗はすべての地域にあるわけでなく、大都市や限られた場所にあります。プロミスの公式サイトで近くに店頭窓口があるか調べる事が出来るので、窓口を利用したい場合は調べるとすぐにわかります。

実際に私の近くにあるか検索しましたが、プロミスの契約機コーナーなどは、画面上にたくさん表示されましたが、サービスプラザは表示されなかったです。GPS検索は止めて店舗窓口で検索すると、隣の県などにもなく、いくつか県境を越えないとないという状態でした。

プロミスATMの営業時間

自社ATMである「プロミスATM」は自動契約機や有人店舗に併設されており、プロミスATMの営業時間は「7時〜24時※」となっています。
(※ATMにより営業時間、休日が異なる)

朝早くからでも借り入れたり返済も出来ますし、自動契約機でカード発行を終えたあとにでも、併設されたプロミスATMを利用する時間も余裕があります。

プロミスATMでプロミスカードを利用して、お金を借りたり返済したりするのは当たり前ですが、プロミスATMで返済する場合には、カードなしで利用できるようになっている特徴があります。

いつもプロミスカードを持っていると、バレてしまうか心配な方で、返済だけを考えている方にとっては、カードを持たなくてっも返済できるのが大変便利と言えます。「氏名、生年月日、電話番号」を入力することになります。

プロミスATMを利用する場合には、手数料の発生がありませんので、無料で利用することが出来ます。返済の度に手数料がかかってしまうと、利息以外のコストが多くなってしまいます。

提携コンビニATMの営業時間は24時間

プロミスのローンカードで直接引き出す場合に、店舗や契約機に併設されているプロミスATMでは24時までしか営業していません。

24時を過ぎてしまった場合には、コンビニや金融機関に設置されているプロミスの提携ATMを利用すると良いです。

月曜日の早朝や深夜時間帯には、メンテナンスで稼働していない場合もありますが、コンビニATMは基本24時間365日営業しているので、いつでも利用出来ます。

提携ATMで注意したいのが「手数料」となっており、プロミスでは三井住友銀行ATMであれば「手数料無料で利用できますが、それ以外の金融機関ATMやコンビニATMを利用する時には、手数料が発生します。

近くにプロミスATMもなく、コンビニATMしかない方で、手数料を抑えたい方になると、ATM以外での方法で借り入れは「振込キャッシング」、返済は「ネット返済」を利用されると良いです。

プロミスの年末年始の営業時間

プロミスは、1月1日の元日に申込を受け付けているのはネット申込だけで、他の自動契約機やプロミスコールなどの営業は休止しています。

さらに、ネット申込が元日を行ったとしても、審査回答を行っていません。翌営業日である2日から審査が順次行われます。

友人店舗やオペレーター対応の電話は、年末早くから休業になりますが、無人契約機は12月31日も営業しています。

しかし、31日の営業時間は「9時〜18時」と短縮されることになるので、審査を受けるのも短くなってしまいますので、注意してください。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る