カードローンでは、毎月決まった返済金額に上乗せして返済する「繰上げ返済」は可能になっています。さらに、繰り上げ返済だけでなく、借入残金をすべて1回で完済する「一括返済」も出来るようになっています。

カードローンだけでなく、住宅ローンやマイカーローンなどすべての借り入れは、当たり前ですが返済していかなければいけません。

住宅ローンやマイカーローンの場合は、「元利均等返済」や「元金均等返済」などの分割払いで返済してくようになっていて、併せてボーナス払いを併用することで、繰り上げ返済を自然に活用されるケースが多くあります。

特に、住宅ローンの場合は、返済期間が30年など非常に長くなってしまうケースが多く、年齢にあわせて収入増が見込めるケースがあるので、繰り上げ返済を上手く活用することが認知されています。

カードローンの場合は、借りたお金を毎月決まった金額を返済しているので、分割払いと考えてしまう方もいますが違います。カードローンの返済方式は「リボルビング方式」となっており、皆さんがよく知っている「リボ払い」となっています。

リボ払いのメリットとして、毎月決まった金額を返済するだけで良く、新たに借り入れをしても、返済額は基本的に変わらず生活費を圧迫することなく、返済していけるので、契約者にとったらメリットしかないように思えます。

しかし、借入残高が増えても返済額が増えないと喜んでいても、返済額には利息金も含まれているのが一般的で,返済が初期の頃は特に、ほとんどが利息となり元金がなかなか減らないという事になります。

特に残高スライド方式は、借入額多いときには返済金額も多くなりますが、借入額がある程度減ると返済額も少なくなります。

元金が減らずに返済期間が長くなればなるほど、利息金をどんどん払っていく事になります。

そこで、リボ払いだけでなく、余裕がある時やボーナスが入ったときなどに、繰上げ返済を活用した方が良いです。

繰り上げ返済はお得

繰り上げ返済がお得かと問われていますので、お得と答えましたが、お得という言うよりも返済する総額が最終的に少なくなりますので、お得となるわけです。

毎月決まった返済をする「約定返済」には利息が含まれているので、借入元金に充てられる金額は少額になってしまいます。

約定返済額以上に支払う繰り上げ返済には、利息が含まれていませんので、すべてが借入元金の返済に充てられることになります。

利息の決まり方は、借入元金に金利と借入日数をかけて算出されるので、借入元金が少なくなれば利息も少なくなります。さらに、元金が早くなくなることになるので、利息を払う期間も短くなります。

10万円などの少ない借入額でしたら、多くの消費者金融の毎月の最低返済額は、3,000円や5,000円までで済みます。かなり少ない金額で済むのかと思うでしょうが、上でも書きましたがメリットでもデメリットでもあります。

繰り上げ返済のやり方

消費者金融や銀行カードローンで返済する方法には、「自動引き落とし」「ATM返済」「振込返済」の3つが主な方法になります。特に銀行カードローンの場合は、口座を利用してカードローンを契約することが多いので、必然的に自動引き落とし「口座振替」の返済方法になることが一般的です。

繰り上げ返済をする場合には「口座振替」だけでは出来ないようになっており、ATM返済や振込返済を活用することになります。

ATM返済で繰り上げ返済する場合は、いつもの約定返済方法とさほど変わらないやり方ですので、迷う方も少ないと思います。

振込返済のやり方は、ATMに出向くよりも、今ではネットバンキングによる振込返済が出来るカードローンも多くなっていることが多いです。

あらかじめ指定された返済口座も決められているので、全額返済や一部返済など金額を決めて繰り上げ返済が出来るようになっているので、各カードローンの会員ページで繰り上げ返済の振込が出来るようになっています。

無利息期間と一括返済の併用がさらにお得

少ない借入残高になると返済額も少なくなると言いましたが、その分借入残高も減りづらくなるのも事実。

繰り上げ返済も良いですが、もともと借り入れる金額が少ない方で一括で返済出来る金額なら>全額返済した方が良いです。

もし、年18.0%で5万円を30日間で完済した場合の利息と、毎月4,000円で返済し続けた利息の違いは、30日間で完済した場合は「750円」ほどで、約定返済の場合は「5,800円」ほどの違いがあります。

一括返済だけでもお得になるのが分かりますが、プロミスやアコムなど消費者金融で多く見られるサービスで、無利息期間サービスを併用すると、期間内に完済することが出来ると、利息の発生を抑えることが出来ます。

無利息期間には、契約日翌日から開始されるのと、初回借入翌日から開始されるのと2つに分かれています。

プロミスのの場合は、初回借入翌日から開始されるので、借入を行っていなければ無利息期間は始まっていません。アコムやアイフルは契約日翌日から無利息期間となるので、借入していなくても無利息期間は消化されているので、注意が必要です。

もし、無利息期間内に完済できない場合でも、短い期間で完済できるのであれば、利息自体も少なくできる方法になっているので、銀行カードローンより少ない利息に抑えることが可能にもなっています。

即日融資が可能な人気のカードローン