即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンの借入限度額は増額は出来るの?

カードローンで契約する借入限度額は、申込者の返済能力によって変動してきます。一度契約した借入限度額は、その後に必要に応じて限度額を増額することが可能になっているので、安心してください。

カードローンを初めて申し込みされる時に、勤務先名・年収・勤続年数・家族構成・雇用形態など記入することになり、その記入内容から申込者の返済能力を審査されることになります。

返済能力が高いと判断されれば、希望限度額よりも大きい限度額を提案されたり、返済能力が低いと判断されれば、少ない限度額を提案されたり、審査自体に通ることが出来ないとなります。

私の場合は、プロミスで少ない限度額で希望しましたが、契約の連絡の際に、「50万円まで契約できます」と提案されたので、希望限度額より増額した形で契約しました。

やはり、申込時の希望限度額が低いと、カードローン審査の時に通りやすいですので、大きな限度額が必要ない場合は、初めは低い限度額で申し込みをされた方が良いです。

少ない限度額を契約したからと言って、その後に大きな限度額は絶対に契約できないというわけではありません。

契約したカードローンを繰り返し長く利用することが、借入限度額を増額する上で重要なことになっています。カードローンを利用しなければ、いつまで経っても限度額の増額は出来ないと考えてください。

借入限度額の初回契約は少ない

カードローンを始めて申し込む時は、少ない借入限度額を希望するほうが良いと書きましたが、返済能力が非常に高いと審査で判断された方でも、いきなり大きな限度額を契約できるとは言えません。

私が、50万円の限度額でプロミスと契約出来ましたが、この50万円までの限度額に収まることが多いのが消費者金融のカードローンになっています。

銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンの場合は、初めの契約時でも50万円以上の限度額を契約することが多いです。私も信用金庫で150万円のカードローンを契約したことがあります。

返済能力がなければ、そもそも大きな限度額は契約できないので、あまり無理せずに申し込みするようにしましょう。

消費者金融で増額できるのは「年収3分の1まで」

消費者金融は即日融資も可能なカードローンが多く、急な出費にも対応しているので、カードローン利用者は多くなっています。

しかし、借入限度額は少なくなりやすいので、限度額の増額をされる方は多いですが、消費者金融で限度額を増額できる上限は「年収3分の1まで」となっています。

なぜ年収の3分の1までしか借りることができないのかと言うと、貸金業者は総量規制の対象であるので、過剰な貸付を抑制するように決められています。貸金業者は消費者金融だけでなく、クレジットカードを発行している信販会社も対象となっているので、銀行系カードローン以外は対象と考えておくと良いです。

例えば、年収300万円の方が消費者金融で増額できる限度額は「100万円」までとなり、それ以上の限度額に増減することはできないようになっています。

銀行カードローンで限度額を増額する場合は、銀行自体が総量規制の対象外ですので、年収3分の1を超える限度額でも契約できるようになっています。

大きな限度額に増額することを、初めから考えているのであれば、銀行カードローンを初めに検討するほうが良いかもしれません。

増額の申込は収入証明書が必要

カードローンを申し込みする時には、本人確認書類を必ず提出するようになっています。

増額の申し込みする時も本人確認書類を提出することになりますが、それ以外に「収入証明書」の提出が必要になることがあります。

消費者金融などの貸金業者で増額する場合は、「限度額50万円を超える場合」と「他社との借入金額100万円を超える場合」には、必ず収入証明書の提出が必要になります。

総量規制対象外の銀行系カードローンでも、2018年以降は収入証明書の提出が「50万円超」としている金融機関がほとんどになっており、増額する場合は書類の提出が必要になります。

限度額が50万円や満たない場合でも、増額の申込条件によって、収入証明書の提出が必要となるケースもあるので、増額する時は提出する書類と考えておきましょう。

増額の目的は金利を下げる効果もある

カードローンを初めて契約する時には、上限金利で契約することが非常に多くなっています。上限金利は金利が高めに設定されているので、なるべく金利下げたいと思うでしょう。

契約する限度額を増額することで、金利を下げる効果があります。

利息制限法によって、「10万円以上100万円未満」の貸付元金であれば「年18%まで」の上限金利となっていますが、「100万円以上」になると「年15%まで」の上限金利に引き下げられます。

消費者金融の上限金利は「年18.0%」としているところが多く、金利を下げるためには100万円以上の限度額を契約することが望ましくなります。

しかし、消費者金融の場合は、年15.0%以下の金利に下げるために限度額を増やしても、金利が下がる保証はありません。

銀行カードローンの場合は、契約限度額100万円ごとに金利が下がるように設定していることがほとんどで、金利が下がることが明確になっています。

金利だけを下げてくれるというのは非常に難しいことですが、カードローン利用を繰り返すことで、限度額の増額と金利の引き下げが出来るという流れになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ