即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

年金受給者でもカードローンで借りられるの?

年金受給者であっても、カードローンを申し込んでお金を借りることは出来ますが、契約できるカードローンは限られていると言えます。特に、消費者金融では、公的年金だけが収入となっている高齢者への契約は、非常に難しくなっており、消費者金融のカードローンは諦める必要があります。

年金受給者と言っても、受給される年齢を早めている方もいますし、逆に受給される年齢を遅くして月当たりの受給額を増やされる方もいます。

多くの方が65歳前後で受給されていますが、年金しか収入源がない方になりますと、カードローンを契約してお金を借り入れることは、基本的に出来ない可能性が高いです。

100%とは言い切れませんが、収入源が年金だけとなると、返済能力がかなり低いと判断されても仕方ありません。

年金以外に何か安定した収入源があると、例えばシルバー人材や高齢で出来るバイトなど、返済能力が通常の年金受給のみの方よりも、高いと判断されやすいでしょう。そういった場合は、カードローンの審査に通ることも可能になってきます。

年金受給者の年齢に注意

年金受給者の年齢は、受取が出来る年齢は最低でも60歳の方で、受取を遅らせている方であれば70歳になります。

年齢が60歳以上の高齢になってくると、カードローンの貸付条件に記載されている年齢制限に引っかかってくる方もでてきます。

年齢制限は、各消費者金融や金融機関でそれぞれ違いますので、一律にすべての年金受給者が貸付条件の対象外となるわけではありません。

銀行系カードローンでは、65歳前後に設定されている事が多く、69歳や70歳まで契約出来るカードローンは少しあります。早いところでは60歳以下に設定している銀行カードローンもあり、注意して申し込みをする必要があります。

大手消費者金融では年齢制限を69歳以下までと設定しているところが多く、銀行カードローンより緩い制限になっています。

年齢が高いと年金以外の収入があっても厳しい

申し込んだ年齢が年齢制限の範囲内で、年金以外の収入減があるにも関わらず、審査で厳しい判断をされる可能性は高いです。しっかり安定した収入が、年金以外にないと、それは顕著に表れます。

65歳で定年を迎えて、その後に、再就職された方などは十分に審査通過出来る可能性は高いでしょう。

高齢になって、一時的な急な出費によってカードローンを利用することは、非常に有効な手段の1つになります。

しかし、年金受給額と少々のバイト代では、生活が困窮してしまう高齢者も多く、退職金の貯蓄から出費する方も多く聞きます。

生活のために、毎月貯蓄を切り崩している高齢者の方は、その後に収入が増えることは非常に難しいので、カードローンの検討は避けたほうが良いと思います。

カードローンでお金を借りれば、一時的な生活の余裕は出来るはずですが、翌月以降は返済をしていかなければならず、生活に困窮されていた中から、返済するためのお金を捻出しなければいけません。

カードローンは、公的融資に比べると、非常に高い金利になっているので、私は高齢者のカードローン利用はオススメしていません。なるべく、公的融資を利用されるか、生活保護を視野に入れて検討される方が、気も楽になるはずです。

年金受給者が公的な貸付制度を利用する

お金を借り入れる事の出来るのは、カードローンやキャッシングだけがすべてではなく、地方自治体や独立行政法人が行っている貸付や制度を利用されると良いです。

カードローンでは年齢制限に引っかかり利用出来ない高齢者でも、公的機関の貸付制度では高齢者世帯向けに貸付を行っています。

年金を担保として貸付を行うことは禁止されていますが、年金担保貸付事業と恩給・共済年金担保融資の2つだけは、年金を担保にして貸付が出来るようになっています。

使用目的も非常に広くなっており、生活費へ使うことはもちろん許されていますが、カードローンや住宅ローンなどの一括返済の資金への使い道も許されているのが特徴です。

あと、生活福祉資金貸付制度の貸付条件である「高齢者世帯」であれば、年齢65歳以上でも借りれるようになっています。

上記の貸付制度の金利は、生活福祉資金貸付制度の保証人ありであれば無利子で借りれたり、他の貸付事業でも2%ほどのかなり低く設定されており、返済する負担はかなり少ないです。

生活保護のように給付ではないので、必ず返済しなければいけないと決められているので、節約しながら生活をしなければいけませんが、住宅や土地などの財産を取られるようなことはありません。

年金担保の悪質な貸付に気をつける

公的な貸付制度には、年金を担保に貸し付けしてもらえる「年金担保貸付事業(制度)」と言うものがあります。年金の種類で変わりますが、2つの機関のみが年金を担保に貸付が許されています。

それ以外の貸付業者が「年金担保で融資出来ます!!」などを売りにしているなら、それは悪質な違法業者になりますので気をつけてください。

年金は偶数月に口座に振り込まれるようになっているので、悪質な貸金業者が、返済される金額を回収できないリスクが非常に少なくなります。

年金を根こそぎ取られてしまったり、通常ではあり得ない事になりかねません。ですので、少しでも怪しいと思ったら、お金を借りることは避けてください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ