管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

アルバイトや派遣社員もカードローンで借りる事は出来るの?

キャッシングやカードローンは、一昔前では「サラ金」と言われていた時代で、サラリーマンの方が利用されることがメインとなっていましたが、カードローンを利用する方は、現在では色々な業種や雇用形態の方が多いです。

カードローンの審査の時には、勤務先・勤続年数など様々な項目が審査対象になります。その審査項目の中でもカードローンを契約する為には、「安定した収入がある方」というのが重要になっています。

雇用形態の中でも、安定した収入が見込まれるのは「正社員」の方々で、会社に雇用期間が定められていあにので、安定して継続的に勤務されるからです。しかし、安定した収入=正社員のみではありません。

アルバイトや派遣社員でも安定した収入を得ている方も多く、カードローンを十分に契約できるようになっています。アルバイトや派遣社員を断っているカードローンはないと言えます。

そうは言っても、アルバイトや派遣社員の方よりも正社員の方が、審査において有利となる場合が多いのも事実です。安定して収入を得ていると言われると、公務員や正社員には勝てない部分はあります。

アルバイトや派遣社員でも、安定した収入と信頼を得ようと思う場合は、勤続年数が長いことが有利に働きます。勤続年数はなるべく2年以上はあった方が良いとされています。

2年以下でも審査を通ることは可能ですが、最低1年はあった方が良いかもしれません。

アルバイトが借りれないと思われる理由

アルバイトの方は、カードローンを利用出来ないと思っている方も多く、借り入れを検討することを諦めてしまう方もいます。

借りれないと考える理由に「年収が少ないから」と考える方も多いですが、年収の多さだけが本当の理由ではありません。

初めにも書いたように、安定した収入があればアルバイトの方でも、十分にカードローンを契約できるのですが、この「安定した」という項目が欠けている場合がアルバイトの方で多いから、アルバイトのカードローンが利用できないと考えてしまうようです。

安定を欠く要素は、勤続年数に表されるようになっており、勤務先を転々と変えてしまうフリーターの方が多いのも事実です。辞めやすく必要であれば働きやすいのがアルバイトですが、それでは勤続年数は短くなります。

長時間働いて多くの収入を得る必要はなく、アルバイトでも1つの勤務先で長く働くことで、安定した収入となります。

アルバイトで借りれる金額

アルバイトの方が、カードローンの審査に通ることと、実際に借りることが出来る金額は別問題になります。

フルタイムで働かれているアルバイトの方と、空いた時間の短い時間で働かれている方では、借入できる金額にも差が生まれてきます。アルバイトだからこれだけの金額というわけではなく、年収の多さなどで借入できる金額が決まります。

消費者金融の場合は、総量規制が関係してくるので、年収の3分の1までの貸付となっています。ですので、100万円の年収のアルバイトの方は、上限で30万円の限度額までとなります。200万円であれば60万円程度の限度額までとなります。

しかし、総量規制ギリギリの限度額まで貸し付けてくれる可能性は低い場合もあるので、希望限度額を入力する場合は少なめにすることが良いです。

派遣社員は派遣元が重要になる

派遣社員の方で、カードローンの申し込みをする場合に、勤務先を「派遣元」か「派遣先」にするのか迷われる方もいます。

その場合、給料を実際に貰っているところが勤務先ですので、派遣元となる派遣会社が記入するのが一般的になります。

派遣元の派遣会社に長く勤務されているのであれば、勤続年数も長くなることになるので、安定いた収入を得ていることと変わりません。

審査においても、勤務先となる派遣会社が大手なら有利に働く場合もありますし、長い勤務時間や条件を満たしていれば、社会保険にも加入できてカードローン契約に有効に働くことになります。

派遣社員が借りれないと思われる理由

派遣社員がカードローンを利用しにくいと考える理由には、「在籍確認」について不利な場面が多いことが挙げられます。

派遣社員だから在籍確認出来ないというわけではなく、在籍確認された企業側が応対出来ないことがあります。

  • 派遣会社が個人情報で断る
  • 派遣会社が登録されている方を把握していない
  • 派遣先企業も把握していない

上記は一例ですが、派遣元の派遣会社を入力することが一般的ですが、在籍確認をカードローン会社が行っても、個人情報として個人名の対応をしていないこともよくあり、在籍確認が出来ないケースはよくあります。

あと、登録されている派遣社員の方は多く、派遣会社もすべての方を把握していることはありません。「〇〇はいません。」と言われてしまうと、在籍確認が出来ないことに繋がります。

派遣先企業でも同じことが言えて、派遣されて間もないのであれば、小さな企業でも把握しきれていないことがよくあります。

派遣社員でも利用しやすくするための対策として、派遣元を入力するカードローンでも、派遣先企業のほうが在籍確認できやすい場合は、申込画面の備考欄などに派遣先企業の内容を入力して、説明を添えておくと良いです。

あとは、派遣会社の電話を受付される方に、電話があることを伝えることも良い手段になります。

しかし、派遣元も派遣先も在籍確認が困難なケースがある方は、カードローン会社に申込完了後に、電話で在籍確認の相談されると、在籍確認の代わる「給与明細書」「社員証」「社会保険証」の提出で大丈夫なこともあります。

条件が厳しくなる事もある

派遣社員に限らずアルバイトの方でもそうですが、フルタイムで長時間働いている方もおり、年収で見てみても正社員と変わらない方も多いです。

ですが、正社員に比べて契約を打ち切られる可能性が高いと判断されやすく、希望する限度額より少ない金額になってしまう可能性もあります。

希望限度額をかなり大きく申し込んでしまうと、最悪の場合は、すぐに審査通過出来ないこともあります。なるべく少な目に申請した方がいいでしょう。

さらに、契約できたあとに派遣先が変わってしまい、収入が減ることもあるはずです。その場合に、契約更新時や増額申請時に、限度額の減額になることもあるので、限度額を超えている金額は返済しなければいけませんので、注意してください。

借り入れ後も素早く返済

派遣社員やアルバイトでもカードローンを利用でいることはわかったと思います。
しかし、お金を借り入れると返済が開始されるのも当たり前です。

アルバイトや派遣社員は月給制ではなく、時給制や日給制がほとんどですので、毎月の給料が安定しません。
少ない月に借り入れする事が多いですが、多く収入がある月には、繰り上げ返済などを活用して、なるべく早く完済された方が良いですね。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ