管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

学生ですがカードローンでお金を借りる事が出来るの?

学生の方でも、お金が必要になった時に、カードローンを契約して、お金を借りることは可能な事です。しかし、年齢が満20歳以上ではないと、カードローンの契約は出来ないのが一般的です。

学生でも大学など入学されると、親元を離れ一人暮らしを始め、学生同士の付き合いなど意外と出費が嵩む場合が多いです。さらに、教材費や授業で使う書籍などお金が必要なのは学生も一緒です。

では、満20歳以上であれば、誰でも借りれるわけではないのです。やはり、返済能力がないとカードローンの審査には、通過する事は出来ません。

返済能力とは、毎月「安定した収入」があることが、絶対的な条件になります。学生で一般的に収入源になるのは、アルバイトになると思います。

学生アルバイトでも、毎月安定して収入が見込めると判断されれば、十分にカードローンを契約する事も可能です。

しかし、同じ学生であっても20歳未満の未成年の場合は、カードローン会社の年齢制限によって、申込対象となっていないので、お金を借りることは出来ません。アルバイトで、毎月安定した収入がある未成年の学生であっても、申し込みは出来ません。

未成年の契約は、親(法定代理人)の同意がなければ破棄できるようになっているので、貸金業者の年齢制限が満20歳以上になっています。

もし、満20歳未満の学生ローンといってお金を貸してくれるような金融は、違法業者の可能性が非常に高く、厳しい取り立てにあってしまう可能性があるので、年齢に気を付けて貸付条件を見るようにしましょう。

満20歳以上の学生がキャッシングする方法

学生がカードローンでお金を借りるためには、満20歳以上の年齢に気をつけることと、毎月安定した収入を貰っていることが条件になりますが、それ以外にも、カードローンを申し込む時に、気をつけておくほうが良い点があります。

  • 希望限度額を低めに設定する
  • 勤続年数を長くする
  • 消費者金融を選択する

希望限度額を低めに設定する

そもそも学生アルバイトとなると、学業を優先しなければいけませんので、フルタイムでアルバイトが出来る状態でない方がほとんどでよね。そうなると収入の低さは致し方ないことです。

そこで、希望限度額を大きく申し込みをすると、まずカードローンの審査に通ることは出来ないことが多々あります。

学生で、通常のカードローンを申し込みをする場合は、10万円か20万円あたりが妥当な限度額だと思います。

さらに、消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制の対象ですので、年収3分の1までしか貸付できないようになっています。収入が低いとなると、希望する限度額は規制を超えることは出来ません。

もし、大きな限度額を学生の時に契約出来たとしも、収入源となるとアルバイトのみが多いです。返済することが非常に困難になる場合もあります。

カードローンを契約してしまえば、簡単にお金を借りることが出来るのが、カードローンの特徴です。提携ATMなどでローンカードで引き出す感覚で、借りることが出来てしまいます。

学生の間や若い方で、お金を簡単に引き出せる感覚を覚えてしまうと、クセになってしまう可能性が高いです。カードローンでお金を借りる事は、借金していると思わないといけません。

勤続年数を長くする

ウソをついて勤続年数を長く言うのはダメですが、アルバイトでも勤続年数が長いほうが、短い方よりも審査に有利になります。学生でない場合も同じです。

安定した収入というのは、転職を繰り返していないというのも1つの目安になります。学生の場合は、審査が厳しくされる立場ですので、なるべく審査に有利になるような条件がある方が良いです。

消費者金融を選ぶ

カードローンには、大きく分けると消費者金融と銀行カードローンがありますが、どちらも本人に安定した収入があれば、学生でも申し込めるようになっています。

銀行カードローンは、消費者金融に比べると、金利が低く契約できることが多いので、収入が少ない方にありがたのですが、審査に厳しいとされているので、なかなか学生の間で契約することは難しいことが多いです。

消費者金融の審査が甘いわけではありませんが、学生でも申し込めるようになっている消費者金融の方が、審査に通る可能性が高いと言えます。

消費者金融であれば、審査時間も短いですので、学生でも早い借り入れが希望の場合は、消費者金融がオススメとなります。

学生専用ローンで借り入れる

20歳以上の学生も含みますが、通常のカードローンを利用できない20歳未満の学生でも利用できる「学生ローン」で、お金を借り入れることも検討された方が良いです。(※高校生以下の学生は不可)

消費者金融のカードローンより金利が、1~2%低い学生ローンもあります。金利が低い傾向にある銀行カードローンも良いですが、学生ローンより審査が厳しいとされることもあります。

学生ローンを申し込みをしたら、両親に連絡される心配をする学生さんもいますが、それは一切ないです。

学生ローンの場合、バイト先に在籍確認をしないところもあり、バイト先に電話連絡がある事自体が怪しまれる学生でも、安心して申し込めるようになっています。

教育ローンも検討対象にする

通常のカードローンとは別に、国や銀行が取り扱っている教育ローンを利用しても良いと思います。金利も年3%前後とかなり低い金利で、借り入れることが可能になります。

しかし、教育ローンと言うことですので、学生ローンや通常のカードローンとは違い、使用目的は限られていおり、教育費関連にしか使うことが出来ず、生活費への足しには利用できません。

もし、学生本人が教育ローンを契約したい場合は、通常のカードローンと同様に、20歳以上で安定した収入が必要になります。

学生本人が、教育ローンなどを契約されるよりも、親御さんが国の教育ローンや銀行の教育ローンを契約される方が良いと思います。学生本人が契約する場合は、独立した生計がなければ申し込みできないようになっているからです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ