管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

永住権がない外国人でもカードローンで借りる事は出来るの?

日本に住んでいる外国人の方が、日本の消費者金融や銀行カードローンを利用できるようになっています。もちろん、日本に住んでいない外国人の方が、日本のカードローンを利用することは出来ません。

最近では、日本のグローバル化も進み、日本も多くの外国人の方が観光や買い物で旅行に来られる事が増えています。一時的に、短期間の旅行をされる方もいますが、長く移住を考えてこられる外国人の方も多いです。

その外国人の方々が日本で生活していく中で、やはりお金に困ることも多く、カードローン利用を考える方も多くいます。

ですが、日本に来られているすべての外国人の方が、カードローンを契約できるわけではありません。旅行で短期間しか日本に滞在しない外国人が、カードローンを契約してもすぐに自国に戻ってしまい、各金融機関がお金を返済してもらえずに終わってしまいます。

そうなっては、カードローン会社は丸損になってしまいますよね。ですので、外国人の方もしっかり返済能力があるのか審査されます。

外国人の必要書類が増える

カードローンをネットから申し込みする時には、申込フォームに必要事項に記入してから審査してもらうようになります。これは、日本人も外国人の方も変わりません。

申し込みの際には、外国人の方でも勤務先・勤続年数・年収・居住年数など記入し、それが審査項目になります。返済できることを証明しなければいけません。

仮審査に通り、本審査の段階になると、本人を証明する書類の代表として運転免許証のコピーなどを提出する必要が出てきます。本人確認書類も日本人でも外国人でも提出する事になります。

日本で運転免許証を取得されていない外国人の方も多いはずですので、「健康保健証+住民票」や「パスポート」でも、本人確認書類の代用できるところがほとんどです。

しかし、外国人の方になれば「在留カード」「特別永住者証明書」などが必要になります。本人確認書類とは別に、日本に長く住まわれていることを証明する書類を提出しなければ、外国人の方がカードローンを契約することは出来ません。

最初でも言いましたが、すぐに自国に戻ってしまう可能性がある方には、カードローンでお金を貸すことにはリスクが高すぎますので、どこの金融機関も認めていません。

永住権の有無で借りられるカードローンが違う

日本への短期滞在者の外国人の方は、カードローン利用はもちろん出来ませんが、中長期滞在者や永住権を有する外国人の方であれば、日本のカードローンを契約できる可能性はあります。

しかし、日本に滞在されている外国人で、永住権を持っている方と持っていない方では、申し込みが出来るカードローンに違いがあります。

  • 永住権あり・・・銀行カードローンと消費者金融の両方
  • 永住権なし・・・消費者金融のみ

銀行カードローンの申込条件には。「永住許可または特別永住許可を得ている者」とされており、中長期滞在されている外国人の方でも、永住権がない方は申し込みが出来ないようになっています。

外国人の必要書類でも出てきました「在留カード」は、日本に3ヶ月以上滞在されている外国人であれば発行される証明書になります。しかし、不法滞在者には発行されない在留カードですので、中長期滞在者としての有効な書類になります。

しかし、在留カードを持っているからと言っても、永住権を持っていることにはなりません。

  • 10年以上、日本に在留されている
  • 素行が良好
  • 独立の生計を営むに足りる資産や技能がある
  • 外国人の方の永住が日本国とって利益である

他にも細かい内容はありますが、外国人の方が永住権を持つためには「10年以上」日本に在留しているなどが大きな条件になります。

同じ在留カードを提出されても、永住権を持っている方には「永住」と記されているので、一目で永住権が持っていることが分かるようになっています。

通常の永住者とは違って、特別永住者というのは「在日朝鮮人、韓国人、台湾人とその子孫」の在留されている方のことを言い、戦前より日本に住まわれている方のことを指します。

特別永住者の方には「特別永住者証明書」が発行されるので、カードローンを申し込む場合には証明書の提出となります。

永住権がない外国人は消費者金融を選択

中長期滞在者の外国人の方で永住権がない場合は、消費者金融のカードローンを申し込むことになります。

銀行カードローンの方が、消費者金融に比べて金利が低い場合が多いですが、申込条件に当てはまらないので仕方ありません。

さらに、永住権を持っている方は、必ず銀行カードローンの審査に通るというわけではありません。審査は厳しいとされるのは銀行カードローンですので、急な出費で審査に通りたいと思う場合は、消費者金融を選択される方が良いと思います。

消費者金融ではありませんが、銀行系カードローンとして「J.Score(ジェイスコア)」のAIスコア・レンディングというキャッシングでも、外国人の方が利用できるようになっています。

AIスコア・レンディングの利用対象者には「留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。また永住権のない外国人の方もお申込み可能です」と記されいるので、永住権がない在留カードの持っている中長期滞在者でも、利用できるようになっています。

  • J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの審査の口コミ〜メリット・デメリット

外国人が借りるためのポイント

外国人の方が、なるべくカードローンでお金を借りやすくするポイントは幾つかあります。返済能力が十分にあるという証明をしなければいけません。

  • 安定した収入がある
  • 在籍確認が出来る
  • なるべく長期間に日本に在留している
  • 在留期間に余裕がある

安定した継続性が認められる収入がある

カードローンの利用で重要視されるのは、年収の多さではなく、毎月決まった返済額を確実に返済できるかということになります。ですので「安定した収入が毎月ある」ということが重要になります。

この安定性は日本人でも同じことになっており、年収が非常に多い方でも、毎月の収入に波がある方は敬遠されることが多いです。例えば「自営業」とされる個人事業主の方です。

外国人の方で、同じ職場に長期で働かれている「勤続年数」を長くなることが、安定した収入になるので、短期で職場を転々とされる外国人の方は、カードローンの審査には通りにくいと言えます。

在籍確認が出来る

カードローン会社から勤務先へのの在籍確認は、必ず行われることになっています。

外国人の方が働かれている勤務先へも行われますが、その場で同僚の方が出た場合でも、在籍確認がスムーズに進まなければ、在籍確認が出来なかったとして、審査に落とされることもあります。

職場の方と交流が少ない方の場合、電話口に本人が出ないと、同僚の方が認識されていないことが多いです。

もし、本人が電話に出たい場合は、カードローンを申し込まれたあとに、コールセンターに相談されることで、在籍確認される時間をある程度決められる場合もあります。

長期間日本に滞在している

外国人の方が、日本に来てからすぐにカードローンを申し込まれた場合、審査に落ちてしまう可能性は高いと言えます。

カードローン会社としては、帰国されることが一番心配されることですので、日本に住まわれて間もない期間は、要注意することになっています。

長期滞在されることは、勤続年数や居住年数に直結する部分になるので、日本人でも長い年数のほうがスコアリングとしては良い方向に進みます。

在留期間が1年以上ある

外国の方が日本に滞在される場合、目的に応じて在留期間に違いがあります。在留期間が終われば、本国に戻らなけらばいけなくなっています。

ですので、カードローンを申し込まれる際に提出される「在留カード」に記されている「在留期間(PERIOD OF STAY)」が短いと、契約してお金を借りられた場合、返済されないまま帰国されてしまう可能性が高くなってしまいます。

カードローンの更新期間は1年の場合が多いので、在留期間は「最低1年以上」あることが重要になります。もし在留期間を延長されることが分かっているのであれば、更新されたあとの在留カードを提出するようにしましょう。

外国人向けのカードローンはない

外国人の方が「借りやすい」や「審査が甘い」カードローンは無いのかと思う場合もありますが、それはまずないと思っていいです。審査内容も日本人と変わりません。

絶対とは言えませんが、むしろ外国人のほうが審査が厳しくされる可能性はあります。中長期滞在を示す書類の提出も必要になりますし、帰国されてしまうというリスクは、カードローン会社は考えとして多少なりとあります。

さらに言語の壁もあります。カードローンの貸付内容や契約内容などを、すべて日本語として理解してもらう必要が出てきます。話すことは出来ても、書類を読み書き出来る能力も必要になります。

しかし、外国人お断りとしているカードローンはなく、どこの金融機関のカードローンでも資格があれば申し込む事は出来ます。

貸付条件や商品内容などに書かれている「必要書類」の中に、在留カードなどが書かれていれば大丈夫です。あまり気にせず、申し込みをしてみた方が良いでしょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ