管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

返済が遅れるとブラックリストになってしまうの?

カードローンを契約しただけではブラックリスト入りとはなりませんが、カードローンの返済が遅れてしまうと、一般的に認識されているブラックリスト入りになってしまいます。

しかし、実際にブラックリストというものは存在しません。ブラックリストはよく一般的にも使われる言葉で、何か悪いことをしたら、その関連の事に近い物事で、今後スムーズにすることが出来なくなったり、何かしら障害が出てくるイメージを思い浮かべると思います。

間違った認識ではありませんが、ブラックリストに記載されるわけではなく、信用情報機関というところに、申込者の申込情報から信用情報まで記録されることになっています。

特にカードローンやキャッシングなど、お金が関係するものにはブラックリストはよく聞かれますよね。

そこでカードローンで悪い事と言えば、返済の遅れ「遅延」になります。しかし、少し遅れたぐらいではブラックリストとなる異動情報の記録はされません。

「返済が遅れて良いの?」というわけではなく、返済が長期で遅れることになると、信用情報機関(機構)などと言われるところに返済の遅れが生じているなど、事故情報が記載されてしまいます。

その機関では、事故情報以外にもクレジットカードを申し込んだ時の申込内容や状況、マイカーローンなどを契約したときの内容など、ローン関連の個人情報が登録されます。

こういった通常の個人情報も、加盟している各金融機関は共有し合って確認できます。

ですので、信用情報機関のすべてがブラックリストと言うことではなく、事故情報が記載されることを一般的にブラックリストと認識しています。

少しの遅れは異動情報にならないと書きましたが、少しでも返済が遅れてしまうと、新たな借り入れが出来なくなる「一時的な利用停止」にはなりますので、限度額に余裕があっても、借り入れが出来なくなります。

異動情報が記載される内容と期間

カードローンで、長期的に返済を遅れている異動情報が記載されますが、その他にも事故情報として記載されてしまう内容があります。

異動情報で記載されてしまう長期的な返済の遅れは、61日以上または3ヶ月以上の「長期延滞」の場合になります。それまでに遅れている返済分を完済すれば、異動情報は記録されないことになります。

異動情報の種類
異動情報 内容
長期延滞 61日or3ヶ月以上遅れている状態
代位弁済 債務者に代わって保証会社が返済
強制解約 契約内容や規約に著しく違反などがある場合
保証履行 保証会社が債権者に保証を履行した
債務整理 利息や元金の一部を減免される
自己破産 債務を免除される

信用情報機関に記録される異動情報は、永遠に記載されるわけでなく、一定期間を過ぎれば記録から消されることになります。

信用情報機関は、JICCとCICと全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つになります。

JICCに加盟してあるカードローンの場合、長期延滞の異動情報は「解消日から1年」は消えません。CICとKSCでは5年は消えなくなっています。

長期延滞以外の異動情報になると、すべての信用情報機関で5年は消えないことになるので、長期延滞も非常に重い異動情報であると言えます。

あと、KSCでは官報に載ってしまう「自己破産」「個人再生」になると、異動情報として10年間記録されたままになってしまうので、非常に長い期間でブラックリストになってしまうことになります。

最初の方でも書きましたが、カードローンを申し込んだ時点で、信用情報機関に「氏名」「生年月日」「住所」「勤務先」「電話番号」「申込日」などの申込情報が登録されます。

申込者の情報は、6ヶ月間残ることになり、信用情報機関に加盟してある金融機関や貸金業者は、閲覧することも出来ます。

それは何故かというと、違った新たなカードローンなどを契約する場合に、申込者の情報を確認することで、虚偽の報告がないかなど確認できます。あとは、返済能力の調査をする必要があることが、貸金業法によって決められています。

カードローンを申し込むことは、まったく悪いことではありませんが、頻繁にカードローンを申し込んでいると、やはり怪しまれる対象となり、審査に通りにくくなります。

しかし、6ヶ月残るからと言って半年間は新たなカードローンを契約できないわけではないので、ある程度期間をあけてから申し込むようにしましょう。

返済が遅れないためにも口座振替を活用

返済日が長期的に遅れなければ、異動情報は記録されませんが、一時的な利用停止も避けるほうが良いです。

利用停止はすぐに解除されることも多いですが、解除されるまでに数日間必要になるカードローンもあるので、返済が遅れていることに気づかずに、急な出費でカードローンを利用したい時に、お金を引き出せないということもありえます。

返済を忘れないためにも、返済方法を口座振替の自動引き落としをされていると、遅れる可能性は低く出来ます。銀行カードローンであれば、口座開設が必要なカードローンの場合は、自動的に口座振替になります。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行の口座開設なしのカードローンで、口座振替を利用するには口座開設が必要です。

消費者金融の場合は、口座振替をするためには、カードローン契約後に手続きする必要があるので、カードローン利用開始すぐに口座開設に出来ることは少ないです。

口座を登録してくない方も多いので、その場合は、「返済日お知らせメール」などを活用すれば、1週間前や前日などに返済日を知らせてくれるようになります。

私はプロミスを利用していますが、ネット返済が出来るので、口座振替は利用していませんが、三井住友銀行口座を利用しているので、ネット返済も口座振替も両方利用することが出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ