管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

闇金や悪徳業者は簡単に見分けられるの?

カードローンでお金を借りるときに、貸金業者に申し込みをしますが、その時に冷静に判断できれば、健全な貸金業者なのか、それとも悪質な貸金業者なのかは簡単に見分けることが出来ます。

まず、健全な貸金業者と闇金などの違法業者を見分ける手段として押さえるポイントは、貸金業者として各都道府県や財務局に、登録をしているかどうかが重要になります。

貸金業者として登録をすると、登録番号が与えられて、それを広告や店舗に表示する義務が、貸金業者としてあります。

新聞や雑誌に広告を出している貸金業者で、登録番号の表示がなければ、表示義務に違反していることになります。もしかすると、登録自体していない悪質な業者かもしれません。

大手消費者金融などの公式サイトを見てみると、最下部に「登録番号:関東財務局長(〇〇)第△△△△△号」などと記載されています。

登録番号を表示していても見極めが肝心

登録番号を表示していないと、感が良い方ではすぐに悪質業者とわかる場合が多いです。

しかし、広告などに登録番号をしっかり表示していても、悪質な業者は数多くあります。

登録番号自体が架空のものを使用したり、他の貸金業者のものを詐称して使っていたり、悪質な業者はどんな手でも使ってきます。そこで騙されてしまう方も多いようです。

金融庁では、貸金業者として登録されている一覧を、PDFファイルで見れるようにしています。もし怪しいかもしれない貸金業者であれば、一度見てみる価値はあるはずです。

PDFファイル「金融庁:貸金業者一覧」

悪徳な違法業者を見極める手段

登録番号を確認するなどは難しいと考える方でも、簡単に見極めることも出来ます。

  • ダイレクトメールによる勧誘
  • 甘い言葉の罠
  • 小口融資

ダイレクトメールによる勧誘

大手や中小の健全に経営されている消費者金融である場合、公式サイトなどを開設して、利用者が考えながら申し込めるようになっています。

しかし、違法業者は大々的に広告を出すことは、捕まってしまう可能性があるので、基本的にダイレクトメールで勧誘することが多いです。

一度でも違法業者で借りてしまったことがある方の場合は、違法業者のグループのリストに登録されてしまうので、次々と借金の勧誘のメールが送られてくるはずです。

借金に困っている方は、新たな違法業者で借りて返済してしまう悪循環になってしまう可能性が高くなります。

甘い言葉を見極める

悪質な業者や闇金は必ずといって、他の金融機関ではあり得ない甘い言葉で、お金が必要な方を勧誘してきます。

  • あり得ない低金利(年利1台%など)
  • ブラックOK!!
  • 多数借り入れ者でもOK!!
  • 審査なしで即日融資可能
  • など

悪質な業者ほど表示されている金利は、あり得ないほどの低金利です。消費者金融や銀行のカードローンで、初めて契約した場合の金利として、18%~15%ほどになるのが通常です。

低金利で定評のある銀行カードローンで、500万円や800万円などの高額な借入額をして、やっと実質年率3%や4%台となります。

下限金利だけを表示することは誇大広告になってしまうので、貸金業法では禁止されている行為になります。低い金利に誘われて、契約すると法外な金利を取られてしまう結果になります。

他の金融機関でカードローンを契約できない方で、通称「ブラックリスト」と言われている滞納者や債務整理をした多重債務者の方が多いです。弱い立場の方に甘い言葉は、効果的に反応してしまいます。

さらに、返済能力があるかないか判断する審査自体ないと言うカードローンは、絶対にありません。

大口融資より小口融資が多い

昔の金融の映画などを見てみると、「数百万円を返せ!!」など高額な返済に追われている債務者の方がよく登場してきます。

しかし、現在の悪質な業者や闇金は、小口融資が多くて短期の貸付が特徴です。

高額な融資で高金利では、そもそも債務者は返済できない可能性が高いです。闇金からしてみれば、債務者が飛んでしまっては、元も子もありませんよね。

2万円貸し付けて、10日後3万円返済しろと言われると、何百万円返すよりわずか1万円増えるだけですので、意外と返済しやすいと考えてしまいます。

しかし、実際に金利を見てみると、10日で5割増しの返済ですので、よく言われる「トゴ」というものです。トイチは聞いたことあるかもしれませんね。

トゴを年率で見てみると、年1,800%ほどになってしまいます。

利息制限法で10万円までの貸し付けなら、上限金利「年20%まで」と決められていますので、その上限金利と比較しても90倍になります。

返済しやすいように見せかけておきながら、かなりの高金利で返済している事に気づかない方もいます。

違法業者の名前に油断するな

プロミス・アイフル・アコム・SMBCモビットや三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行など、大手消費者金融や銀行カードローンなら、一度は聞いたことあると思います。こういった大手の金融機関なら、現在では安心してカードローンを使うことが出来ます。

以前に一部の消費者金融などで、貸金業法改正直後などに違法な行為で、営業停止などがありましたが現在は大丈夫です。

しかし、悪質な貸金業者は大手の名前やロゴを無断使用して、あたかもグループ会社を装い、貸金業を営むこともあります。

悪質な業者は広告方法にも特徴があり、怪しい雑誌や街角のあちらこちらに貼ってあるビラ広告などは怪しんで良いでしょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ