即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンQ&A

カードローンを申し込む上で、様々な疑問が生じてきます。
さらに申し込んでからも、借り入れる際にも分からない事は多いでしょう。
そこで、カードローンを利用しやすく、よく質問される内容を集めていっています。

申し込みについて

カードローンでお金を借りるためには申し込みから考えないといけませんが、初めてカードローンを申し込むのに抵抗がある方が大半です。それでも、友人や家族の誰かからお金を借りることも出来ない状況では、消費者金融や銀行カードローンを申し込まなければいけません。

後々トラブルになることを避けたいと考えますが、カードローンを申し込むだけなら、何のトラブルが発生することはなく、非常に簡単に申し込むことが出来ます。正社員だけでなく、パートやアルバイトの方でも収入があれば申し込む資格はありますし、十分に契約することは出来ます。

私もプロミスを申し込む時は緊張したことを覚えていますが、ネット申込で簡単に完了できたことを覚えています。

審査について

消費者金融や銀行カードローンの申し込みが終われば、仮審査や本審査が自動的に開始されることになります。審査が始まれば申込者は審査回答があるまで待つことになり、緊張する段階です。

審査段階で唯一申込者が対応することになる可能性があるのが「在籍確認」でしょう。自宅への在籍確認ではなく勤務先への電話連絡ですので、本人以外が対応することもありますが、在籍確認を避けることは出来なくなります。

金利・限度額について

カードローンには金利と限度額が必ず関係して、皆さんが一番気になるのは金利に関してでしょう。なるべく低い金利を契約したいと考えるのが通常ですが、金利は限度額が大きくなるにつれて下がる傾向ですので、返済能力が高いと判断された方が金利を低く契約できる場合がほとんどです。

初めから低い金利で契約することは難しく、私がプロミスを契約した時は「年17.8%」の上限金利でした。50万円までの限度額になる可能性が高い消費者金融ですので、低い金利を期待するよりも審査に通るか考えることが重要です。

借入・返済について

お金を借りたら友人であろうと貸金業者であろうと返済しなければいけませんが、返済方法はネット返済やATM返済、口座振替と種類は豊富になっています。

仲の良い友人であれば、長期的に返済を待ってくれることもありますが、金融機関のカードローンで返済日を長期に待ってくれることは出来ません。長期間の返済の遅延は信用機関に「異動情報」で記録され、新たなカードローンを申し込むのは難しくなります。

返済が遅れても、大手なら取り立てが無いと考えがちですが、正当な理由があれば大手であろうと取り立て行為は許されています。最終的には給与の差し押さえになる可能性もありますので注意してください。

状況別

年齢が若くても高齢であっても審査基準に違いがあるわけでなく、もちろん男性と女性で違うカードローンがあるわけではありません。年齢制限の中で収入がある方であれば学生でもパートやアルバイト出、カードローンを契約することは出来ます。

もちろん自営業者でもカードローンを契約できますが、銀行カードローンなどは資金使途が事業性資金は認められていないので、審査に通る可能性が低くなることもあります。消費者金融は事業性資金への使い道は認めています。

闇金・違法な悪徳業者

個人間で問題になるケース

個人間のお金の貸し借りはオススメできることではありませんが、カードローンなどでお金を借りることに抵抗があれば仕方ないでしょう。しかし、友人から利息を取られたとしても違法性はありません。しかし、個人間の金利は「年109.5%」までしか認められていないので、それ以上の金利を提示された場合は違法になります。

家族が知らない間に借金を作ってしまうこともありますが、家族の借金を親族が肩代わりすることも必要ありません。しかし、家族であれば助けたい気持ちになるのは当たり前ですし、肩代わりした家族を何人も見てきた経験があります。

そこで家族や知人の関係が崩れてしまうこともよくあり、修復できない関係になってしまうこともあるので、返済出来ない借金は初めから作ってはいけません。

その他の質問

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ