即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

複数のカードローンから借り入れは出来るの?

複数社のカードローンを同時に利用することは可能になっており、他社のカードローンを利用しているからといって、契約している他のカードローンを利用できなくなることはありません。

実際に、私はプロミスのカードローンとは別に、地方銀行のカードローンを2枚保有しており、3枚のカードローンを同時に利用して借り入れを行っています。

それ以外にも、フリーローンやマイカーローンなどの他のローン商品も契約しており、借入額としては大きくなっていると言えます。

カードローン選びは、色々なタイプ、その人に合った金利・利用状況で変わってくると思います。しかし、1つのカードローンに絞って、1つの契約したカードローンだけを、使って行かなくいけないわけではないです。

年収・借入額など、新たに申し込みなどをして借り入れる場合など、状況は様々ですので、一概に言えません。

複数利用は審査が厳しくなる

すでに2社以上のカードローンを契約されている方であれば、そのまま複数利用しても良いですが、そこからカードローンを新たに申し込みをされる場合は、審査が厳しくなり、審査落ちになってしまう可能性は非常に高くなります。

カードローン審査では、申込者の返済能力がどれぐらいあるのかということが審査されて、十分に返済できる能力があると分かれば、審査に通ることが出来て借り入れがすることが可能になります。

初めてのカードローンを申し込まれる場合は、「勤務先情報」「勤続年数」「年収」「雇用形態」などの収入面の審査が重要視されますが、2枚目以降のカードローンでは、信用情報も重要になります。

信用情報は、これまでに契約されて利用されているカードローンなど、どれだけ借り入れされているかや、返済が遅れていないのかということになります。

信用情報は、信用情報機関によって記録されていますが、記録される情報は非常に多く、申込情報や契約商品情報も記録されることになっているので、「いつ申し込んだ」「どれだけの契約を結んだのか」ということが、他のカードローン会社でも把握できるようになっています。

新たにカードローンを申し込まれる方も、信用情報で落とされてしまうこともありますが、すでに複数利用されている方でも、契約期間中に審査される「途上与信」によって、利用状況の悪化が分かってしまうと、新たな借り入れの利用停止となってしまうこともあります。

複数利用者は総量規制で借り入れ出来ない

2010年6月に完全施行された、年収の3分の1以上基本的に借り入れが出来ないという総量規制があります。

総量規制は、消費者金融や信販会社の貸金業者が対象となっています。

総量規制施行前に、複数社の借入額が、すでに年収3分の1以上借り入れしている方は、多かったと思います。その方は、新たな借り入れどころか、現在利用中のカードローン自体が、返済のみしか出来ないものになっているでしょう。

さらに、ある程度返済額を減らしてからではないと、新たな借り入れは出来ません。

カードローンを申し込みする時には、他社の借入状況を入力する項目が、必ずあります。借り入れしている件数とそれぞれの借入額を記入します。

複数社のカードローンを利用されている場合、他社との借入合計金額が100万円を超える場合は、消費者金融では収入証明書の提出が必ず必要です。

信用情報機関の記録を見ても分かるようになっていますが、現在の収入と借入金額の合計で、総量規制まで借り入れしていないか分かります。

銀行カードローンでは年収の半分程度

総量規制は貸金業者に適用されるので、銀行カードローンは総量規制の対象がになっています。

ですので、銀行カードローンを複数社利用している場合では、年収3分の1を超える貸付は出来ますが、無尽蔵に限度額を契約できるわけではありません。

一般的に言われているのは、年収の約半分ぐらいが借入総額となることが多いです。私の場合も、約年収の半分を超す借入総額が、銀行カードローンで利用できるようになっています。

しかし、銀行カードローンの貸付も厳しくなっているので、消費者金融に近い年収3分の1程度にまで抑えられる傾向にあります。

複数カードローンよりも1つのおまとめローン

複数のカードローンを利用することは禁止されていませんので、契約できれば返済能力を上回らない程度に利用すると良いと思います。

しかし、複数のカードローンを利用すると、利用している口数が増えているので、返済日が多くなったり、1社ごとの返済金額が重なると、1ヶ月に多くの金額を返済していることになります。

複数のカードローンよりも、1社のおまとめローンを利用されたほうが、返済口数も1つにまとまるので、返済日は1ヶ月1回になり、分かりやすくなります。

1社の借入金額が大きくなると、金利が下がることが一般的なカードローンですので、毎月の利息を抑えることも出来るので、毎月の返済金額を少なくすることも可能です。

消費者金融で、初めて契約できる金利は年18%になることが多いですが、銀行のおまとめローンであれば、200万円の限度額ぐらいで年10%前後の金利になることが多いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ