即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンは【無担保】【保証人なし】で借りれるのはナゼ?

意外とカードローンが【無担保】【保証人なし】で契約できることに疑問に思う方が多いようで、質問される方も多いですね。

カードローンはなぜ、無担保でさらに保証人も必要ないのでしょ?逆に担保・保証人を必要とされるローンとは、いったい何なんでしょう?順に回答していきます。

カードローンの金利を見れば分かる

消費者金融や銀行カードローンの金利を見た事は皆さん見たことがあるでしょうか。

消費者金融と銀行系カードローンの金利
カードローン 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%※
三菱UFJ銀行「バンクイック」 年1.8%〜14.6%
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%〜14.79%
楽天銀行「スーパーローン」 年1.9%〜14.5%
じぶん銀行カードローン 年1.7%〜17.5%
Jscore「AIスコアレンディング」 年0.9%〜12.0%
スルガ銀行「リザーブドプラン」 年3.9%〜14.9%

※※:住宅ローン利用で年0.5%引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

上の表は、消費者金融と都市銀行やネット銀行などの銀行系カードローンの金利の比較になっています。

消費者金融の金利が高い上限金利の場合は年18%ほどで、低い下限金利の場合は4%前後になってくると思います。最近は限度額が大きなカードローンが増えていますので、年2%前後のカードローンも増えています。

さて、上記のカードローンの金利は、高いのか低いのかは分かりますか?それに答えるには、担保・保証人を必要とするその他のローンを見てみましょう。

人生の中で一番大きい金額を借りると思われるのが「住宅ローン」。住宅ローンを借りる場合には、担保としてその土地や建物を入れる場合がほとんどになります。

万が一、住宅ローンを借りた方が、ローンの返済が出来なくなる状態になった場合、その担保としていた土地や建物を銀行が売却する形で償却することで、実際返済されるお金の穴埋めをするという形になっています。

銀行側として、貸倒れになるリスクを最小限に留めるためとなるのが、担保を保証に入れてもらうということになります。

銀行の住宅ローンのリスクを低くなっているので、金利は1~2%とされている事が多く、高くても3%ほどでかなり低い金利になっています。これが、担保のあるローンは金利が低いとされる要因です。

では、カードローンに戻って説明すると、カードローンの金利は、住宅ローンなどと比較すると高く感じるでしょう。

カードローンの上限金利は年15%〜18%程とされています。住宅ローンと比べても、年13%〜15%ほど高いですよね。

それもやはり、無担保・保証人なしで貸し付けてくれるわけですから、カードローン側としてはリスクの高い貸付を行っているので、金利は自然と高くなってしまうわけです。返済出来ない状態に陥っても、今まで高めの金利で回収している状況になっていくわけです。

ですが、この無担保・保証人なしがカードローンの特徴で、お金を借りる人が手軽に借りれるという所が、おススメする理由ですね。

初回契約限度額も低い

カードローンは貸金業者や銀行側のリスクが高いので、金利も高く設定されていますが、無担保・保証人なしの貸付であるので、初めて契約される場合の限度額は、非常に少額になるケースが多くあります。

消費者金融の最大限度額は「500万円〜800万円」に設定されていることが多く、銀行カードローンでは「500万円〜1,200万円」となっています。

住宅ローンのように担保や保証人を入れているのであれば、高額な融資も出来ますが、カードローンでは担保がないのに、いきなり最大限度額のような高額な限度額を契約することは出来ません。

消費者金融であれば50万円以下の限度額の契約がほとんどで、銀行カードローンでは100万円前後になることが多くなっています。

特に、消費者金融の場合は総量規制の対象でもあるので、50万円超の限度額を希望する場合は、収入証明書の提出が必要ですし、高額な融資には慎重になっています。さらに、年収3分の1まえでの貸付までしか行えないのが貸金業者になっています。

銀行カードローンの場合は、年収にもよりますが、100万円を超える限度額も契約できるケースもありますが、いきなり最大限度額出来ません。

カードローンでも保証が必要になるケース

カードローンは、個人向け無担保ローンという商品になっており、担保を必要としないことになっていますが、保証に限っては必要とされていることになる場合があります。

カードローンの中でも銀行カードローンは、貸付条件の説明を見てみると「当行指定の保証会社から保証を受けられる方」と記載されています。この保証会社とは、消費者金融や信販会社の貸金業者が担っています。

銀行カードローンは、様々なカードローンの中でも金利が1番低いカードローンと認知されています。

債務者が、カードローンの返済出来ない状況になっても、この保証会社が肩代わりしてくれるというわけです。保証人を入れる代わりに、保証会社が銀行側に「代位弁済」をしてくれるようになっています。

これによって、銀行カードローンはリスクを少なくすることが出来るので、低い金利のサービスを提供できる訳なんです。

債務者は、代位弁済が行われたからと言っても、返済しなくても良い訳でなく、返済する相手が銀行側から消費者金融などの保証会社に移っただけなんです。保証会社からの債務返済の特則が来るようになっているので、返済することには変わりません。

保証会社があるから銀行カードローンは審査は甘いの?

「銀行カードローンには、保証会社が入っているから審査は甘いの?」と考えてしまう方もたまにいるようですが、審査の甘いカードローンはありません。

消費者金融のように無担保・保証人なしが通常のカードローンであれば、保証会社があるんだから、銀行カードローンは審査に通りやすいと考えてもおかしくはありません。

しかし、銀行カードローンは銀行も審査を行いますが、基本的には保証会社の保証が受けられる方ですので、保証会社が審査を行います。

保証会社の保証はだれもしてくれませんので、保証会社の審査は厳しくなっています。さらに、銀行カードローンの金利は低く、限度額も比較的高くなるということは、厳しい審査であるのは仕方ありません。

例えば、三菱UFJ銀行「バンクイック」の保証会社はアコムになっています。アコムのカードローン審査を通っていても、バンクイックの審査に必ず通るとは限っていません。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ