自宅に固定電話が無く、携帯電話しか持っていなくても、カードローンを申し込みすることは可能ですし、もちろん審査に通ればお金を借りることも可能になっています。

さらに、カードローンを申し込む際に、スマートフォンから手軽に出来るカードローンもかなり増えてきました。

若い方で、一人暮らししている方や賃貸住宅でも固定電話の回線を引く必要もなく、スマホで事足りる場合が多く、携帯電話しか持っていない方に、この質問が多くなったと思います。

現在、携帯電話が普及し、小学生でも持っているという時代です。

しかし、年齢の高めの人から「消費者金融の審査で信用度が低くなるよ」などの話を聞くこともあるようで、実際に固定電話なしでは審査に影響があるのでしょうか?

固定電話なしの申込はカードローン審査が不利にならない

昔は、自宅に固定電話回線を引いているのと引いていないとでは、審査で重要視されていた項目でしたので、固定電話なしで申し込みが出来ないようになっていました。

昔と言っても、携帯電話が出だしてかなりの年数は、固定電話がないと、審査でかなり不利な状態になっていたのは事実ですね。

固定電話があるという事は、固定回線の権利を持つとうことになるので、「生活環境」「仕事などをそこでしっかり行えている」「住所がハッキリしている」などで、その人の信用・返済能力が大きいとなっていたわけです。

さらに、住所特定が出来るという事は、カードローン会社も連絡が取りやすくなり、信頼度は高かったです。

しかし、現在は固定電話も光回線などに変わってきており、回線を引くこと自体が簡単で、費用も格安になっています。固定電話を資産と考えることが難しくなっているので、審査に影響を及ぼす項目にはなっていません。

プロミス申込画面の固定電話ありの場合
プロミスの申込画面で固定電話ありを選択した場合は、固定電話番号を入力することになる
プロミス申込画面で固定電話なしの場合
プロミスの申込画面で固定電話なしを選択すると、固定電話番号の入力が消える

プロミスの申込画面で自宅番号の選択をすることが出来るようになっているので、どちらでも申込が出来るようになっています。

それよりも安定した収入があるということが、審査への重要な内容になっています。

固定電話よりも連絡がすぐに取れる携帯電話が重要

現在、固定電話を付けるよりも、携帯電話だけで生活できる環境が整ってきています。カードローン会社も、携帯電話が普及したことに伴い、固定電話の重要性が低くなってきています。

皆さんも経験があるかもしれませんが、買い物や契約の際に、固定電話の番号だけ記入すると、担当者の方に「すぐに連絡が取れる電話番号はありませんか?」と聞かれたことはありませんか?

ローン商品などの金融商品であれば、固定電話はある方が審査に多少有利に働くこともありますが、それ以外の買い物になると、連絡がすぐに取れることが重要になっています。

さらに、最初の方でも書きましたが、スマホや携帯からカードローンを申込完了が出来てしまうカードローン会社がほとんどです。

緊急性などの時に、携帯電話の方が連絡が取りやすいとも、今の時代はされていますので、携帯電話の方が無いというのも逆に影響してきます。

ですので、携帯電話だけしかない方でも、カードローンの申し込みや契約は出来るということです。

固定電話を登録できる方は申告しよう

固定電話をお持ちで、尚且つ携帯電話・スマートフォンを持っている場合は、両方記入しているほうが良いと思います。

固定電話の重要性は、昔ほど無いとしても、プラス材料になるには間違いないです。

携帯電話しかないことを考えるよりも、「安定した収入」「仕事の勤続年数」「過去の返済の遅延」など、審査に非常に影響する項目で、少しでも自分が悪くなるような項目がないか心配するほうが良いです。

少しでも不安な材料があるなぁと思う場合は、先ほども言いましたが、携帯電話と固定電話の両方の電話番号を記入できる方は、記入する事をオススメします。

カードローンから固定電話へ連絡される内容

携帯電話と固定電話の番号を両方登録された場合、何かあればすぐに連絡が来るのは携帯電話になっています。

カードローンを申し込むと、申込内容の確認がメールか電話連絡のどちらかで確認されることになりますが、固定電話に契約内容の確認が行われることは、まずありません。固定電話しか登録されていなければ別ですが。

私も固定電話と携帯電話の両方を登録していますが、長年に渡って、固定電話に消費者金融から連絡は一度もないです。

返済の遅れがあると固定電話に連絡がある

カードローンで借りたお金は、必ず返済期日までに返済しなければいけませんが、返済が遅れてしまう方もいます。

返済が遅れた場合でも、すぐに連絡が入るのは携帯電話の番号になります。数日間返済が遅れたからと言って、固定電話に連絡が入るようなことは、消費者金融や銀行カードローンでもありません。

固定電話に直接、消費者金融や銀行から電話があるのは、返済が1ヶ月以上遅れが生じてきた場合です。利用されているカードローンによっても、期間は違ってきます。

督促状のハガキなども送られてきますが、すべての返済の催促の連絡を無視していると、自宅へも連絡が来ることになります。

固定電話への連絡の場合、カードローンサービス名を名乗ることはなく、担当者の個人名ですので、カードローンを利用していることはバレません。貸金業法でも「第三者」へ利用していることなどは、バラしてはいけないように定められています。

固定電話への連絡は一度だけでなく、無視している限り連絡が1日で3回程度あることになるので、怪しまれる可能性はあります。

もし、61日以上や3ヶ月以上の「長期返済の遅れ」になると、延滞の異動情報(金融事故)になってしまい、信用情報にキズが付く「ブラックリスト入り」になってしまいます。

勤務先の固定電話は登録が必要

勤務先の電話番号も必ず登録することになり、会社の携帯番号などは登録は許されていません。

勤務先の番号は「在籍確認」を行うためのもので、内容確認で使われることはありません。

基本的に、勤務先の固定電話の連絡は「在籍確認」に使われ、在籍確認は必ず行われる作業で、担当者が直接に勤務先へ電話連絡することになります。メールなどの連絡方法で在籍確認されることはありません。

しかし、在籍確認以外に勤務先へ連絡があるのは、自宅の固定電話と同じで、長期延滞が発生している場合です。

勤務先への催促の連絡も認められている行為ですので、返済を無視しても意味がないので、必ず遅れないようにしましょう。

スマホだけで申込から契約まで即日融資が出来る

固定電話がなくても携帯電話があれば、カードローンを申し込みすることは可能と書きましたが、カードローンの申込だけでなく、カードローンのネット契約や、ネットキャッシングの振込融資で借り入れすることも、スマホ1台で利用することが出来ます。

わざわざ店舗に出向く必要もありませんし、ネット環境とスマホだけで、借りたい時に借りることが出来ます。審査に通ることは大前提です。

スマホ1台でネットキャッシングする場合は、平日14時までに申込から契約と振込依頼を完了させておく必要があることが多く、なるべく午前中までにカードローンを申し込みするようにしましょう。

もし、平日14時までに契約などが完了していなければ、自動契約機に出向いてカード発行すると、提携ATMで借りることも出来ます。

プロミスは、原則24時間振込が可能になっているので、平日や土日関係なく21時までに契約を完了させれば、即日振込で借りることも出来ます。

あとプロミスは、スマホとセブン銀行ATMを利用する「スマホATM取引」が利用可能で、カード発行も必要なくセブン銀行からお金を引き出すことが出来ます。