管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンの金利はどうやって決まるの?

カードローンを利用していく上で、切っても切り離せないのが金利です。

金利がどうやって決まるのかというと、カードローンの借入額で金利が決まるのではなく、契約する借入限度額によって金利が決まるようになっています。

例えば、借入額が10万円の方と100万円の方でも、契約している限度額が200万円と一緒である場合、契約している金利は同一のパターンは多くあります。

各カードローン金利を比較

カードローンの金利は、各カードローン会社で様々でありますが、グレーゾーン金利が無くなってからは、各社近い金利にはなっています。

しかし、消費者金融のカードローンと銀行系では、カードローン商品としての特徴が、また違ってきます。

消費者金融、銀行系でそれぞれ金利の比較をしてみます。

消費者金融
金利
プロミス 年4.5~17.8%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0~18.0%
ノーローン 年4.9~18.0%

大手消費者金融では、年3.0%~18.0%の間が一般的です。

銀行系
金利
三井住友銀行 年4.5~14.0%
みずほ銀行 年2.0%~14.0%※
三菱UFJ銀行 年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%〜14.79%
じぶん銀行カードローン 年1.7%〜17.5%
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」 年3.9%〜14.9%
J.Score「AIスコアレンディング」 年0.9%〜12.0%

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

銀行系カードローンは、年1%台〜14%台の間の金利を設定していることが一般的になっています。

やはり、銀行系は消費者金融と比べて上限金利では、3%以上低いです。各社によって申込・審査条件が違ってきますので、一概に銀行系カードローンを申し込めば良いわけではないです。

消費者金融には無利息期間を設けているカードローンが多いです。そういったものも利用すると良いでしょう。

あと、下限金利は消費者金融や銀行系カードローンで様々ですが、上限金利は消費者金融では差ほど変わらず、銀行系カードローンでもそれほど変わりません。飛び抜けて高い金利を、設定しているカードローンはないと言えます。

上限金利の決め方には、利息制限法と出資法の2つの法律によって決められており、10万円未満の元金を貸し付ける場合は、「年20%」までの金利に抑えなければいけないと定められています。

利息制限法の上限金利
元金 金利
10万円未満 年20%まで
10万円以上100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

大手消費者金融などが「年18.0%以下」に金利を設定している理由は、10万円以上の限度額で契約するようになっていることが多く、年20%では利息制限法に抵触してしまうことになるからです。

限度額で金利が決まる方法

年○○~○○%の間で、実際に限度額によって、どの様に金利を決められるのでしょう。代表として銀行系からみずほ銀行カードローンの金利・限度額の関係性を見てみます。

みずほ銀行カードローンの限度額と金利
限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

上の表を見てもらえればわかりますが、限度額が上がるにつれて、契約する金利も低くなっていきます。金利は、借り入れた金額で決まるわけではないので覚えておきましょう。

例えば、同じ50万円を限度額100万円の方と、限度額500万円の方では金利は変わってきます。100万円の方は年12%で、500万の方は年5%となるわけです。
50万円借り入れたからといって、どの方も年14%になるわけではないのです。

みずほ銀行カードローンのように、限度額に対して金利が1つに決まっていれば分かりやすいですが、同じ銀行カードローンでも三井住友銀行では、「100万円以下は年12.0%〜14.5%」「100万円超200万円以下は年10.0%〜12.0%」と金利に幅があるカードローンが多くなっています。

100万円の限度額を契約したから年12.0%に絶対なるわけではありませんし、200万円でも年10.0%になるとは言えません。契約される方の状況で変わります。

消費者金融の場合は、銀行カードローンよりいくらの金利で契約できるか分かりにくくなっています。

年3.0%〜18.0%と金利は書かれていますが、限度額によって段階的に下がる表は見当たりません。100万円以上の限度額になれば、利息制限法によって年15%までの金利に下げられることは確実ですが、それ以下になる保証は分かりません。

私がプロミスを契約した時は、限度額50万円で年17.8%の金利で契約しました。地方金融機関のカードローンも2枚持っていますが、「たぶん年9.0%なると思いますが…」と言われましたが、結局は年12.0%になっていしまった。

金利差で実際に利息計算すると差が大きい

上で説明した限度額100万円の方と500万円方で、50万円を返済するパターンで、利息の計算をしてみました。
100万円の方の初回の利息)
残高500,000×金利0.12(12%)×1ヶ月30日×1年365日=4,931円

500万円の方の初回の利息)
残高500,000×金利0.05(5%)×1ヶ月30日×1年365日=2,054円

初回の利息返済だけですが計算してみると、4,931円と2,054円となり利息2,877円の差になります。

みずほ銀行カードローンの月々の返済額は、50万円の借入残高の場合は1万円と決まっていますので、利息はこの1万円の中に含まれます。ですので、金利が高い場合は、同じ借入額でも残高の減り方は少なくなります。

みずほ銀行公式サイトで、ローンシミュレーションしてみた結果が下記の表です。

限度額100万円 限度額500万円
返済回数 70回 58回
返済総額 696,762円 564,439円
利息合計額 196,762円 64,439円

返済回数・返済総額・利息合計額を見てみると、かなりの差が出来ているのが分かるでしょうか。回数はちょうど1年間となる12ヶ月分違ってきていますし、利息は13万円違いが出てきています。

では、利用限度額をかなり高く契約しようと思いますが、いきなり300万、500万という限度額は無理に等しいです。まず最初の契約できる限度額は、高くても100万円の限度額が一般的になっています。例外もありますが。

そこから、返済していきカードローン会社への信用度を高くしていき、限度額の増額(増枠)していきます。

カードローンの申し込みをして審査も通過したが、1度も借入もせずにいきなり増額は出来ません。さらに、返済の遅延や滞納がある場合は、増額への高い障害になりますので、気をつけてください。

まとめ

①金利は借入額ではなく限度額で決まる
②限度額が高くなると金利は低くなる

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ