即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

銀行融資の「資金使途」〜運転資金と設備資金

企業や事業主として、銀行から融資をしてもらう場合には、目的もなく融資をお願いすることは無いはずです。

しっかりしている企業であれば、融資を受けたい場合の使い道、いわゆる「資金使途」を明確に銀行に伝えることで、銀行側も融資に前向きに考えてくれます。

子供が親に、使い道の分からないお小遣いをおねだりしても、親としてはなかなかお小遣いをあげることは出来ませんね。規模は全く違いますが、簡単に言うとそうなります。

資金使途と言われるものには、大きく分けると2種類あり、会社の「運転資金」と「設備資金」に分けることが出来ます。

設備資金というのは、その名の通り会社の設備を整えるために必要になった場合に、銀行に融資してもらう資金使途になります。一言に設備資金と聞くと、古くなった設備を買い換える為に、融資してもらう資金と考えますが、それ以外もあります。

今までとは異なった機械や設備を購入する場合もありますし、事業に関する新規開店の店舗や不動産購入なども、設備資金の資金使途になります。

設備資金の融資の場合は、設備を整えたりする事によって、どのように収益が増えてくるのかというのが、審査のポイントとなり、収益増を見込めない設備資金の融資では、銀行も融資の認可を認めることは出来ません。

設備資金の特徴と借りる条件

銀行融資を受ける運転資金と設備資金の申込する上で、用意する書類や内容が同じというわけではありません。

上でも解説しました通り、設備資金は機械を買い替えたり、新たな不動産購入で事業拡大などになるため、比較的高額な借入になります。

さらに、すぐに資金を使ったからといって効果がすぐに表れたりするものではなく、壊れやすいものでもないので、返済期間が長いのが設備資金の特徴になります。返済期間としては10年前後になることが多いです。

設備資金は必要書類が多い

カードローンのように本人確認書類と収入証明書の提出だけで、設備資金や運転資金を借りることが出来ないのは当たり前ですが、運転資金よりも設備資金のほうが必要書類が多く、手続きが複雑になることが多いです。

  • 商品のパンフレット
  • 見積書、契約書、領収書など
  • 不動産に関する書類など

どのような設備に対して使うのかということで、提出する書類が増えますが、購入しようとしている商品のパンフレットや見積書などが、提出する代表的な書類になります。

曖昧な価格の商品である場合は、市場価格との違いを見るため、詳しく説明を求められることもあるので、分かりやすい書類を用意することが重要になります。

運転資金は細かく分けられる

一言で運転資金という資金使途と言っても、5つの細分化することが出来ます。

運転資金の資金使途
運転資金の種類 内容
経常運転資金 企業や会社が運営していく中で必要になる資金
季節資金 1年の中で一時期に必要になる資金
つなぎ資金 のちに入金・回収出来る予定があるが、それまでの資金繰りのための資金
決算資金 賞与や納税をするたまに必要になる資金
赤字資金 赤字の補填をするための資金

運転資金が必要になったときには、どのような目的で資金が必要になったのか、細かく説明しなければいけません。

経常運転資金とは

経常運転資金というのは、「正味営業運転資金」や「所要運転資金」などとも言われ、経常や所要の意味が「必要なこと」ということから、企業が通常通り営業をしていく上では、必ず必要になってくる資金のことを言います。
運営が上手く行っていても、取引先や顧客の方への商品を仕入れるために、資金が必要なときなどになります。

売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買い入れ債務(買掛金+支払手形)=経常運転資金

上の計算式によって、経常運転資金が算出されますが、あまりピンとこない(私も含め)方も多いはずです。

銀行からの融資は別として、例えば、500万円の自己資金を持っているとします。
お客さんに売るための商品A100万円を5つ仕入れると、棚卸し資産500万円となります。
この時は言ってみれば、これが経常運転資金が500万円となります。

この商品Aが1つ売れましたが、お客さんの支払いはまだ先の場合、売掛金100万円と計上されます。
すると、棚卸し資産は1つ売れたため400万円となりますが、経常運転資金は売掛金100万円と棚卸し資産400万円の合計500万円に変わりありません。

次に、もう少し安い商品展開もしたい為に、商品Bの50万円を仕入れたとします。
しかし、この仕入れの代金は、後日にまとめて支払う契約にしており、買掛金50万円と計上します。

  • 棚卸し資産・・・400万円+50万円
  • 売掛金・・・100万円
  • 買掛金・・・50万円

50万円の商品Bを仕入れたので、経常運転資金は50万円増えるかのようですが、下記の計算で経常運転資金は変わりません。

売上債権(売掛金100万円)+棚卸し資産(400万円+50万円)-買い入れ債務(買掛金50万円)=500万円

このように、自己資金だけで営業していければ良いですが、企業では掛け売りなどが基本で、現金の回収は数ヶ月遅れることが通常です。
回収するまでの期間でも、新たに商品を仕入れしなければいけませんので、経常運転資金として銀行の融資を受けるようになります。

顧客からの商品代金の回収は、2、3ヶ月で行われるため、融資としては3ヶ月程度の短期融資が基本となっています。

季節資金とは

名前を見れば分かると思いますが、一年の中で、ある季節になると必要になる資金の事を言います。
企業によって、どの季節に必要になる資金は違ってきますが、よく代表的に言われるのがアパレル業界です。

服には夏服・冬服とその時期に合った生地を調達しななければいけません。
夏に夏服の生地を調達するのは遅すぎで、一般的には半年ほど前になる冬場に、夏服の生地を調達するようになっています。
経常運転資金内で賄うことが出来れば良いですが、季節商品の初めの頃は、商品を一気に確保しなければいけませんので、このような季節資金が必要になります。

さらに、商品を売り出すのは半年先など、資金の回収は先となるのが一般的ですが、融資期間としては短期融資となり、資金回収が出来る時期に合わせた一括返済や、その時期までの分割返済をしていくことになります。

決算資金

これも名前の通りで、決算の時期に行われる役員報酬や納税の支払いに必要になる資金のことを言います。
「利益から払えば良いじゃん」と思う方も多いですが、多くの利益を出している企業でも、現金として多額の資金を用意しているのは少ない場合もあります。
大企業になると、報酬や税金となると、それは多額な費用となります。

これに、従業員などに賞与を与えている企業では、この賞与の費用も決算資金として、銀行融資を受けることもあります。

決算期に必要になる資金や、6月や12月のボーナスへの資金など、決まった季節に必要になる資金ですので、季節資金として言われることもあります。

運転資金と設備投資の流用

お金を借りた事業主であれば、困った時には使い道なども考えずに、借りたお金を何にでも使ってしまおうと考えてしまうことも多いはずです。

設備資金で借りたお金を運転資金に使ってしまったり、逆に運転資金を設備資金に流用してしまったりもあるはずです。それぞれの目的と違った資金使途の使い方は良いのでしょうか。

設備資金を運転資金への流用はご法度

買い替えなどにより必要になった設備資金を無事に借りた場合に、急に運営面で必要になったお金があった時に、設備資金を流用することは認められていません。

銀行などの金融機関が設備資金に使っても良いという審査を行ったわけで、それ以外に使った後の返済計画などの審査は行っていません。

設備資金を借りる時には、メーカーや販売店からの見積書を提出することになりますが、見積書通りの商品を額面通りに購入するのが、設備資金となります。

しかし、見積書より低価格な商品の購入に踏み切ったり、勧められたことにより、設備資金全額を使わなかった場合には、残りの設備資金は返還するのが当たり前になります。

もし余った設備資金を運転資金に回すようなことをすると、資金使途違反となります。違反したことが分かると、設備資金の一括返済を求められることや、新たな融資が困難になるケースがあります。

借入金の残金があるなどは、設備購入後の領収書の提出でバレることになり、どのような設備を購入したのかもバレることになります。事前に値引きされたことにより金額が変わる時には、銀行に伝えることで減額などの対処をしてくれることになります。

運転資金を設備資金への流用の危険性

運転資金の名目で銀行融資を受ける時は、経営状況で発生する増産費用や季節費用など、過去の決算書から分かるようになっています。ですので、何かの領収書や見積書を提出するようなことはないので、使い道は分かりづらくなっています。

分かりづらい資金使途のために、運転資金で壊れた設備を購入することもよくあることです。

しかし、運転資金を設備資金に流用することは、企業の経営圧迫や悪化になることが懸念されます。

そもそも、返済期間の長さの考えが違い、設備資金は長期返済が目的になっています。ですが、運転資金はその時の一時の穴埋めなどの利用目的になるので、短期返済となります。

実際に、長期返済で借りれる設備資金を短期で返済しなければいけないことになるので、資金繰りが余計に悪くなります。さらに、設備投資によって効果が表れるのは長期になることが多く、収益面でも辛くなります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ