即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

銀行融資の担当者や融資課長

一般の方がお金を借りる場合は、最近ではネット申込が主流となっているため、担当者に直接会って申し込みをすることは少なくなってきています。
ですが、企業が銀行から融資をしてもらうためには、直接銀行や信用金庫に出向き、融資のお願いをするのが通常です。というか当たり前ですね。

銀行にはいくつかの窓口が設置されていますが、一般的に一番手前側に数カ所、預金や様々な支払いを行う預金課の窓口があります。
預金課ですので、皆さんも銀行口座の開設などで、一度くらいは訪れた経験があると思います。

その窓口とは別に、銀行によっては違いますが、少し囲まれた窓口があることに気づくはずです。
そこには「融資のご相談」などと書かれており、そこで銀行融資などの窓口になります。

融資の窓口と言っても、その場で融資を決定できるわけではなく、融資課のお偉いさんに繋いでくれる窓口だけの役割と考えてください。

銀行の課と担当者

銀行には分かりやすく分けると3つの課に分けることが出来ます。
営業回りなどとよく言われる、会社や事業主に直接出向いてくれる営業マンがいる「営業課」、先ほども紹介した窓口業務を主にされている「預金課」、それと融資関係の業務をすべて行っていく「融資課」になります。

遅ればせながら、私の身内には銀行関係者が多く、地方大手銀行の支店長や融資課長など、窓口担当者も数名います。
いわゆる銀行ファミリーですが、私は全く違います。
特に、融資課長は兄弟がしており、相当大変なような話を聞いたことがあります。

やはり銀行員も人間ですので、良くできる方もいれば、全くでは無いですが、力不足の方も多くいます。
融資を担当してくれる方が、良くできる担当者なら融資が実行されるまでがスムーズに進む事が出来ますし、そうでない方が担当者になってしますと、「ここの印鑑が不足していました」など、書類作成の不手際で手こずる場合があります。

融資を実行してくれる肩書き

窓口などで対応してくれる担当者は、融資の決定権は全くありません。
しかし、この融資担当者が稟議書の作成を行うことになっているますので、その稟議書が融資課長に渡されることになります。
ですので、良い担当者になると、融資が上手く運んでいく可能性もあります。

融資の決裁権は、支店長や銀行本部にありますが、実質的には融資課長が融資を決定すると言っても良いかもしれません。

担当者が作成した稟議書に、融資課長や支店長などが目を通していくことになりますが、不備や説明できない内容が無い限り、そのまま融資課長の承認を得ていれば、支店長もそのままいくケースが多いです。
しかし、融資額が相当多額になっている場合や、融資期間が10年以上の長い場合などは、支店長だけでなく本部へ決裁権が及ぶことがあります。

融資課長との信頼関係を築こう

簡単に、融資課長に直接会いに行くことは難しいですが、融資担当者に幾度となく会いに行くことで、信頼関係を築き、将来的には融資課長との信頼関係を築きていく事が重要になります。
私は、融資課長が兄弟ですので、自然に会うことは出来ますが、融資をお願いしたことはありません。
冗談でお願いしても良いですが。

冗談はさておき、融資を行ってもらえると、返済するのは当たり前ですので、この点は十分に遅れが発生しないように、気をつけなければいけません。
やはり人間ですので、会わなければ信頼関係を築くのは難しいので、理由をつけて会わなければいけません。
簡単なものとして、会社の事業での融資になるので、事業が上手く進んでいる報告書の提出などが良いです。
会社の現状も融資課長が分かりますし、今後の融資の話へつながる可能性もあります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ