即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

銀行融資の借入方法:証書貸付・手形貸付・手形割引・当座貸越

企業が銀行から融資を受けたい場合には、信用保証協会の保証が付いている「保証付融資」や、銀行が独自で融資を行う「プロパー融資」がありますが、その融資方法の中身でも「証書貸付」「手形貸付」「手形割引」「当座貸越」の4つの借り入れる方法があります。

保証付融資やプロパー融資と同様に、どの企業でも4つの借入方法を利用することは出来ず、融資先となる企業の信用度の高さによって、利用できる借入方法は違ってきます。

一般的に、起業間もない中小企業や信用度が低い企業などは、証書貸付となる場合が多く、銀行融資で証書貸付が一番貸し出しで利用されている融資方法になっています。

銀行融資の4つの借入方法の主な特徴

借入方法 特徴
証書貸付 借り主側が金銭消費貸借契約書を銀行側に提出するようになっている。主に長期融資の場合に使われることがメインで、長期になるほど借り主の信用度が必要。
手形貸付 借り主は借用証書の提出ではなく、銀行に手形を差し入れることで融資してもらえる。短期融資に使われる融資方法で、スピーディな借り入れが可能。
手形割引 売上代金を回収するまでに、手元にお金が必要な場合に使われる。銀行が手形を買い取る形ですが、期日までの利息に相当する手数料が取られる。
当座貸越 銀行と会社との契約で、融資枠や金利を設定すると、その融資枠内で借入・返済を自由に行うことが出来る。

証書貸付

銀行融資で一番利用されているのが「証書貸付」ですが、契約書面で長期の返済計画が銀行側や会社側が立てやすいというのがあります。さらに、長期的に利息の回収が見込めるので、銀行側としては、貸付しやすい方法となります。

証書貸付の返済方法は、皆さんがイメージされやすい毎月分割で返済してくことが通常になっています。資金使途になるのは「設備資金」「長期運転資金」になることがほとんどで、借入額も比較的高額になります。

そのため、期日に一括返済となるのは通常困難な返済方法になり、元金を等分割して返済額に利息を上乗せして返済する「元金均等返済方式」が、企業が支払う返済方式によく利用されます。

もう一つの返済方式では「元利均等返済方式」があり、毎月の返済金額の中に元金返済金額と利息分が含まれ、毎月一定金額返済する方法になります。

毎月返済金額が分かりやすいので、一般の方への返済方式に利用されやすいですが、元金の減り具合が遅くなりやすいので、多くの利息を支払っているケースがよくあります。

手形貸付

手形貸付というのは、手形を企業側が発行して銀行が受け取ることで貸付を行う融資方法で、一定期間の資金繰りが悪い時の「つなぎ融資」として使われることが一般的です。

工事や建設などの仕事は、仕事の受注をされてから完了までに、お金の入金がされないのが通常です。しかし、その期間に必要な資材や人件費などのお金を工面する必要があります。

工期が完了すれば、受注された仕事への支払いが一括で行われるので、その後に手形貸付で借りたお金を一括返済するのが一般的です。

手形割引

手形割引は、企業間取引で商業手形で代金の支払いをした場合に、受け取った側の企業の資金繰りが良くない時に、その手形を銀行に担保に預けて融資を受ける方法になっています。

手形で現金を受け取れるには、3ヶ月以上から1年の場合が多く、下請け企業の場合は資金繰りに悪戦苦闘されていることが多いと聞きます。

期日まで待てば額面通りの金額を受け取ることが出来ますが、それでは会社の運営が上手く回らなければ意味がありません。

手形の額面から割り引く形で利息を払い、差し引かれた金額が口座に振り込まれるというのが手形割引です。売上金を期日前に受け取れるので、企業のメリットは良いと言えます。

しかし注意点はあり、お金が融資されたから安心していると、手形発行元の企業が倒産など不渡りを出してしまうと、発行元だけが悪いのではなく、融資を受けた企業に返済義務が生じることになってしまいます。

せっかく融資を受けれたにも関わらず、額面通りの金額を返済しなければいけませんので、企業運営がうまう回らなくなってしまいます。

ですので、手形割引の場合は、融資を受ける企業だけが審査対象となるのではなく、手形発行元の企業が重点的に審査されるのが一般的です。

証書貸付と手形貸付の違いとメリット・デメリット

証書貸付と手形貸付の大きな違いは、返済方法の違いがあります。

証書貸付は運転資金の短期融資であろうと長期融資であろうと、毎月分割返済になります。手形貸付は期日の一括返済が通常です。

しかし、それぞれの返済方法の違いや長期融資によって、メリットとデメリットが生まれることになります。

証書貸付のメリット・デメリット

証書貸付のメリットは一括返済ではないので、借りたお金を完済するまでには、かなりの期間に猶予があります。返済計画案や銀行の担当者と相談しながら行うことも可能ですので、一括返済のような多くのお金を用意する必要はありません。

事業が上手くいくようになれば、毎月の返済も困ることが少なくなりますので、事業を上手く回しやすいメリットがあります。

しかし、証書貸付のデメリットになるのは、設備資金ではなく「長期運転資金」を借りる場合に起こりやすくなります。

長期運転資金は、返済期間が10年以上になることも多いので、金利が低く抑えられていても、支払う利息は多くなります。その時は気づかないことも多いですが、最終的な利息を見るとビックリしてしまうことがあります。

あと、設備資金のような見積書や領収書などはないので、本当に必要な資金以上の借入をしてしまうことがあり、後々返済に困ってしまうデメリットがあります。

なるべく余裕をもって運営したい考えもありますが、必要以上の借り入れは、最低限以上の利息を支払うことになりますので、注意してください。

手形貸付のメリット・デメリット

手形貸付のメリットは、設定した期日までにお金を支払うようなことは発生しないということになります。

取引先の企業から、数ヶ月先の売掛金があるのであれば、その間に返済期日があるような証書貸付であれば、返済に困ってしまうことになります。

銀行側も数ヶ月先の売上となる詳細も見ることになるので、比較的審査を受けやすいメリットがあります。さらに、短期融資で金利も低い融資方法ですので、支払う利息は非常に少なくて済みます。

しかし、期日になると手形額面の一括返済となるので、工期の遅れや思うような不動産の売買が出来ずに、売上が期日までに間にあわないケースもあります。

手形貸付を利用する企業は、資金繰りのつなぎ融資が必要ですので、額面通りの資金は売上がないと用意出来ない場合があり、期日に間にあわなければ、倒産してしまう大きなリスクがあることになります。

当座貸越は難しい

当座貸越の融資方法は、会社側としては融資枠が決まり契約できると、必要なときに融資枠内で借り入れが自由に行うことが出来るので、大変メリットが多い方法です。

しかし、銀行側は、返済期日も明確に決まっていませんので、融資したお金の回収がしにくいというデメリットがあるので、あまり利用したくない融資方法になります。

基本的な返済方法は、返済期日の元金一括返済になっています。返済期日というのは1年〜3年の間で決められることが多いのですが、この期日も更新によって延びることになります。

当座貸越で借り入れがある状態でも、そのままの借入額を移行することになるので、返済することはありません。更新するためには、契約時より業績が悪化していなければ十分に大丈夫です。

個人のカードローンの契約と似ていて、カードローンも1年契約や3年契約になっていますが、気づかないうちに更新されていることになっています。

返済が滞っているのであれば強制解約もありますが、借入状況が悪くなければ、借り入れしている状態で更新されます。同じですよね。

しかし、一部優良企業を除けば、当座貸越が利用できる企業でも、他の証書貸付や手形貸付よりも高い金利で契約することになります。銀行側のリスクが高い分、金利も高くなるのは仕方ありません。

起業間もない会社は証書貸付

事業を起こして、まだそれほど経っていない会社は、融資をお願いされた銀行にとっても、貸し出して大丈夫なのか不安材料がいっぱいです。

その場合、銀行が行う融資方法は「保証付き融資」という、もし会社が貸倒になった場合でも、全額から8割程度を信用保証協会が保証してくれる融資を、主に使うことになり、融資方法も証書貸付となります。

証書貸付は長期融資でも利用しますが、貸し倒れリスクを少なくするためには、比較的短い融資期間となる場合もあります。あと、返済方法も分割払いになるので、初めての貸付の場合でも返済リスクは少なく出来ます。

会社が成長して、他の融資方法でお金を借り入れる事が出来るようになると、会社として信用度が高まってきたと言えます。

一般的に保証付き証書貸付から始まり、手形貸付と移行していきます。保証付きがなくなりプロパー融資で借りることが出来るようになれば、相当の評価をされている証拠になります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ