オペレーター

カードローンの返済のコツを探されている人には、いくつかの理由があるはずです

「早く完済できないかな~」「利息をなるべく減らしたいな~」と思っていませんか?

何も考えずにカードローンの返済をしていればいつかは完済するので簡単ですが、思っているよりも返済期間が長く利息を多く払っていることになっています。

カードローンの基本的な返済のやり方を知ることで、早く完済できる方法や利息を減らす方法も分かりやすくなるので、1つずつ理解しやすいように解説していきます。

カードローンの返済方式は基本的に「リボルビング方式」

ハテナ

「リボルビング方式」って聞いたことがあるような名前ですけど?


たぶん上のように思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードなどでよく聞く「リボ払い」と同じ返済方式になります。

クレジットカードは他に「一括払い」「分割払い」がありますが、カードローンは基本的にリボ払いしか返済方式がありません

理由として、カードローンは借入額が数十万円以上になるケースがほとんどなので、一括払いは困難になるケースが多く、分割でも借入額が大きくなると返済が難しくなるからです。

リボ払いは借入額がある程度増えても、毎月の返済額は決められているので返済計画が立てやすいメリットがあります。

カードローンは「残高スライドリボルビング方式」が一般的~でも利息が多くなるデメリット

リボ払いは毎月返済する金額が一定になる返済方式ですが、カードローンではさらに借入残高の変動によって返済額が変わるリボ払い「残高スライドリボルビング方式」が採用されています。

残高スライドリボルビング方式のイメージ
  • 借入残高10万円以下:返済額4,000円
  • 借入残高20万円以下:返済額8,000円
  • 借入残高30万円以下:返済額12,000円

借入残高が増えれば毎月の返済額も増え、逆に借入残高が減れば毎月の返済額も一緒に減るのが「残高スライド方式」の特徴です。

残高スライド方式は細かく3種類程度に種類も分かれており、毎月の返済額に利息を含むか含まないか、返済額を金額で決めるのではなく「パーセント」で決める方法もあります。

下記の関連記事で詳しく解説しています。

毎月の返済額が減っていき生活費への圧迫も減るメリットがある残高スライド方式ですが、返済額が減れば借入残高が減るスピードも遅くなります。

借入残高がなかなか減らないと長期返済になり、利息を支払う回数も多くなるので支払利息の総額が増えてしまうデメリットがあります。

なので、カードローンの利息を減らすにはデメリットを解消しなければいけません。

今借りているお金を効率的に早く返済するコツとは?

オペレーター

これから借りるお金じゃやなくて、現在借りているお金を利息を減らして早く完済できる方法を解説します

リボ払いはどうしても利息が増えてしまう構造なので、カードローン会社が決めている返済額を毎月返済するだけでは、早く完済することは出来ません。

なので、下の2つのことを注意しながら返済すると上手に早く完済することが出来ます。

利息を減らして早く完済する方法
  • 毎月決まった額以上を繰り上げ返済「随時返済」を活用する
  • 低い金利のカードローンに借り換える

約定返済だけはダメ!!繰り上げ返済で早く残高を減らす「随時返済」を活用

約定やくじょう返済は毎月決められた日に返済する方法で、カードローン会社から決められる場合や自分で都合のいい日に決める2つのやり方があります。

約定返済は毎月1回必ず訪れる返済日なので、その日までに決められた最低返済額を返済する決まりになっています。約定返済を守ればカードローン会社から文句は言われませんので安心してください。

しかし、約定返済だけをしていても早く完済することは出来ません。

約定返済とは別に臨時的に返済する「随時ずいじ返済」を上手に活用すれば、借入残高を早く減らすことが出来ます。他に「繰り上げ返済」と言われる方法です。

随時返済で返済した金額は全てが借入残高に充てられるので、早く借金を減らす効果があります。

カードローン会社によって最底返済額以上を返済すれば約定返済と随時返済両方支払ったことになる場合や、随時返済だけで処理されて約定返済は決まった日に別で行われる場合もあります。

詳しくは公式サイトやコールセンターに問い合わせた方が良いと思います。

随時返済で繰り上げ返済をしなければ早く返済できないので、余裕があるときにうまく活用するようにしましょう。

今より金利の低いカードローンに借り換える

困る

毎月の返済額を増やすのは難しいです。

生活費に多少余裕があれば毎月の返済額を増やすのは簡単かもしれませんが、余裕が無いと返済額を簡単に増やすのは難しいです。

なので、返済額を増やさずに利息を減らすのは金利を低いカードローンに借り換えることになります。

借入残高が変わらなければ金利が低い方が利息も少なくなります。

現在契約しているカードローンが消費者金融ならば、銀行カードローンに借り換えるとほとんどが金利が低くなるはずです。消費者金融の上限金利は「年18.0%」が多く、銀行カードローンは「年15.0%以下」がほとんどです。

みずほ銀行は金利には非常に定評がありますし、ネット銀行では住信SBIネット銀行がおすすめなカードローンになります。

金利が低いカードローンに借り換えたとしても1つだけ注意点があります。

今支払っている返済金額よりも毎月の返済額が少なくなってしまうと、返済期間が長くなってしまい利息が増えてしまうケースがあります。

なので、金利の低いカードローンでも毎月の返済額は変えずに返済するのが、利息を減らして早く完済する方法になります。

カードローンの返済方法は5種類ある~上手に使い分けるのが返済のコツ

解決

随時返済をして繰り上げ返済をしていけば早く完済できるんですね!!

確かに随時返済をすれば早く完済できるのですが、カードローンには返済方法が多くあるので、間違った返済をしていると逆に損をしている可能性もあります。

返済方法の種類
  • ネット返済
  • 提携ATM返済
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 銀行振込
  • 店頭窓口返済

カードローンの5つの返済方法すべてが主流ではなく、「ネット返済」「提携ATM返済」「口座振替」の3つが主なカードローンの返済方法です。

あと、消費者金融と銀行カードローンでそれぞれで主流になる返済方法に違いがあります。

消費者金融と銀行の返済方法
消費者金融銀行カードローン
ネット返済、提携ATM返済口座振替、提携ATM返済

消費者金融などの貸金業者は、口座を開設するようなことはないため、ローンカードを利用して提携ATMで返済する方法や、金融機関のネットバンキングを利用したネット返済が主流になっています。

一方で、銀行カードローンは、口座開設をすることがカードローン利用の条件になっていることもあり、開設された口座が返済用口座に登録され自動引き落としされるのが一般的です。

約定返済は口座振替がおすすめ~でも随時返済は出来ないので注意

毎月決められた日に引き落とされる口座振替は、返済日を忘れていても返済額以上の入金額があれば引き落とされるので、とても便利な返済方法です。

他の返済方法でも約定返済は出来ますが「約定返済=口座振替」と言っても良いぐらいです。もちろん消費者金融でも手続きを行えば口座振替は出来ます。

しかし、口座振替で自動的に引き落とされる金額は最低返済額と決まっています。なので臨時で繰り上げ返済する随時返済は出来ないようになっています。

口座振替は便利ですが、随時返済をするには「ネット返済」「提携ATM返済」を利用する必要があります。

提携ATM返済で簡単に随時返済ができる~手数料無料のATMで返済しよう

提携ATM返済はコンビニATMや金融機関ATMがあり、コンビニはどこでも見かけることが多く、24時間365日営業しているところの設置されているATMも基本的に24時間稼働しています。

ですので、仕事に行く途中の早朝や帰り道の深夜などでも返済することが可能なので、随時返済がしやすくて早く完済できる方法です。

提携ATM返済は利便性が非常に高い返済方法になっていますが、返済時に手数料が発生してしまうケースがあります。

特に、消費者金融を提携ATMで返済する場合は、ほとんどが手数料が発生してしまいます。

なので手数料が発生しないように、返済する提携ATMを間違えなかったり、返済する時間帯を気をつけると手数料を抑えることが出来ます。

自社ATM・提携ATMの返済時の手数料
カードローン手数料発生の有無
プロミス
  • 提携ATM:必要
  • プロミスATMと三井住友銀行ATM:無料
アコム
  • 提携ATM:必要
  • アコムATM:無料
アイフル
  • 提携ATM:必要
  • アイフルATM:無料
SMBCモビット
  • 提携ATM:必要
  • 三井住友銀行ATM:無料
レイクALSA
  • 提携ATM:無料
  • 提携先の新生銀行レイクATM:無料
みずほ銀行
  • 必要
  • みずほ銀行ATMの平日8:45〜18:00:無料
三菱UFJ銀行
  • 提携ATM:無料
  • 三菱UFJ銀行ATM:無料
三井住友銀行
  • 提携ATM:無料
  • 三井住友銀行ATM:無料
>スルガ銀行
  • 提携ATM:無料
  • スルガ銀行ATM:無料
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
  • 提携ATM:無料
  • 自行ATMは無い

上の表を見て分かるように、銀行カードローンの多くは自行ATMに限らず、提携ATMでも手数料が発生しない場合が多くあります。

消費者金融は自社ATMであれば手数料無料になっているので、ATMの営業時間内に返済すれば良いです。

せっかく利息を抑えて随時返済しているのに手数料を取られてしまうと、全く意味のない繰り上げ返済になってしまうので注意しましょう。

ネット返済は24時間どこからでも繰り上げ返済が可能~もちろん手数料無料

ネット返済は銀行のネットバンキングを利用して返済する方法で、返済先が銀行カードローンだけではなく大手消費者金融でも利用できるところがあります。

銀行カードローンでネット返済をする場合は、カードローンと同じ銀行のネットバンキングである必要があります。消費者金融でネット返済が出来るのは「プロミス」「アコム」の2つに限られています。

ネット環境がありスマホやパソコンがあれば、コンビニATMに出向くことなく24時間返済することが出来きて、手数料が発生しないのも特徴になります。

WEB返済が出来るネットバンキング
主なネットバンキング対応銀行
プロミス三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行
アコム三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、楽天銀行

ネット返済に対応している銀行や信用金庫に、あらかじめネットバンキングの登録をしていることが条件です。

オペレーター

私はプロミスで返済する時はネット返済を利用しています。返済しようと思ったときにスマホで簡単に返済出来るので、とてもおすすめで随時返済がしやすいです。

今からお金を借りる人が利息を減らして早く返済するコツ

ハテナ

今はお金を借りてないけど、これからお金を借りるときに利息を減らすコツはあるの?

お金を借りるときは利息のことを考えるはずですが、すでに借り入れされている人よりもさらに注意すれば利息を減らす返済のコツがあります。

もちろん繰り上げ返済したり金利の低いカードローンを契約するのも重要です。

今から借りる人のコツ
  • 無利息期間のあるカードローンを契約する
  • 必要最低限だけを借りる

【初回契約者のみ】無利息期間で利息を減らす

現在契約しているカードローンに無利息期間があったとしても、一度でも利用していれば無利息期間は消化しているはずです。

これから借りることを考えているのであれば、無利息期間があるカードローンを新たに申し込むのも1つの方法です。

無利息期間に返済する金額は全て借入残高に充てられるので、早く完済できる返済のコツになります。

無利息期間があるカードローンは「プロミス」「アコム」「アイフル」が有名で、最大30日間は無利息になっています。

必要最低限だけを借りるようにする

基本的な考えですが、借りるときには必要最低限だけを借りようにしましょう。

「8万円だけ必要だけど10万円借りておこう」と思う人も多いようで、切りの良い数字で借りてしまう人や、万が一のために多めに借りる人がいます。

借りた金額と借りた日数で利息が増えていきますので、借りる必要が出たときに最小限借りるのが最も利息を減らして返済するコツになります。

カードローンの借りれる金額は10万円ごとではなく1万円ごとが多く、中には1,000円単位で借りることも出来るので細かく借りた方が得になります。