即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンの返済方法〜返済の仕組みと利息を減らすやり方とコツ

カードローンでお金を借りると、必ず返済日に間に合うように、利息を合わせて返済しなければいけません。

使い慣れている方が多いクレジットカードの支払方法では、自宅に送られてくる「利用明細書」を確認して、支払う口座に必要金額を入金することで、自動的に引き落とされる「口座振替」をされているでしょう。

しかし、カードローンの返済は、返済日までにお金を返済する方法は1つとは限らず、数種類の中から自分に合った返済方法を選択するようになっています。

カードローンで借入金を返済する場合には、請求書などが毎月送られてくることはなく、自分で返済金額を確認するのが一般的です。

ネット環境があれば「会員ページ」などから返済金額を確認できるようになっていますし、ネット環境がなくても契約書などからも確認出来ます。

ですが、決められた返済方法を守っていても、なかなか返済が終わらないことで悩む方も多いので、返済の仕組みや上手く効率的に返済するコツなど、基本的な返済方法から見てみましょう。

カードローンには5つの返済方法がある

毎月返済する金額が確認できると、その確認できた返済金額を利用しているカードローン会社に返済しなければいけません。

わざわざ、カードローン会社の窓口に返済しに行く方法もありますが、店舗数もそれほど多くなく、現在の返済方法ではマイナーな返済方法になります。

返済方法の種類
  • WEB返済
  • 提携ATM返済
  • 口座振替(自動引き落とし)
  • 銀行振込
  • 店頭窓口返済

カードローンの5つの返済方法すべてが主流でというわけでなく、「WEB返済」「提携ATM返済」「口座振替」の3つが、主なカードローンの返済方法であると言えます。

カードローンは、消費者金融などの貸金業者と銀行カードローンに分けることが出来ますが、それぞれで主流になる返済方法に違いがあります。

主な返済方法の分け方
消費者金融 銀行カードローン
ネット返済、提携ATM返済 口座振替、提携ATM返済

消費者金融などの貸金業者は、口座を開設するようなことはないため、ローンカードを利用して提携ATMで返済する方法や、金融機関のネットバンキングを利用したネット返済が主流になっています。

一方で、銀行カードローンは、口座開設をすることがカードローン利用の条件になっていることもあり、開設された口座が返済用口座に登録されるようになっており、そこから自動引き落としされるのが一般的です。

WEB返済とは

WEB返済とは、銀行のネットバンキングを利用して返済する方法で、銀行カードローンだけではなく大手消費者金融でも利用できるようになっています。

銀行カードローンでWEB返済をする場合は、同じネットバンキングでない利用が出来ないケースがほとんどです。

大手消費者金融で利用できるWEB返済になっていますが、利用できるのは「プロミス」「アコム」の2つに限られています。

インターネット環境があれば、コンビニATMに出向くことなく24時間返済することが出来きて、手数料が発生しないのも特徴になります。

WEB返済が出来るネットバンキング
主なネットバンキング対応銀行
プロミス 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行
アコム 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、楽天銀行

WEB返済に対応している銀行や信用金庫に、あらかじめネットバンキングの登録をしていることが条件です。

以前であれば、ネットバンキングは後から申し込まなければいけませんでしたが、最近は口座開設と同時にネットバンキングも利用できるようになっています。

あとは、プロミスやアコムの会員ページから、返済金額を指定してから、手順通りに進むと、指定した金融機関のネットバンキングにつながるようになっています。大変簡単ですので、利用されることをオススメします。

ATM返済とは

返済利用しやすくて、どこのカードローンでも主な返済方法になるのが「ATM返済」です。

ATM返済はカードローンと提携しているATMでないと、返済できないようになっていますが、提携しているATMは銀行などの金融機関に限らず、コンビニATMを提携しています。

コンビニ自体はどこでも見かけることが多く、24時間365日営業しているのが一般的で、設置されているコンビニATMも基本的に24時間稼働していることが通常です。

ですので、仕事に行く途中の早朝や帰り道の深夜などでも、返済することが可能になっています。

ATM返済の手数料

提携ATM返済は、利便性が非常に高い返済方法になっていますが、返済時に手数料が発生してしまうことが多くあります。特に、消費者金融のカードローンで返済する場合は、ほとんどが手数料が発生してしまいます。

しかし、手数料が発生しないように、返済する提携ATMを間違えなかったり、返済する時間帯を気をつけると、手数料を抑えることが出来ます。

自社ATMや提携ATMの返済時の手数料発生
手数料発生の有無
プロミス 必要
プロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料
アコム 必要
アコムATMは手数料無料
アイフル アイフルATMは手数料無料
SMBCモビット 必要
三井住友銀行ATMは手数料無料
新生銀行カードローン レイク 提携ATMすべて無料
みずほ銀行カードローン 必要
自行ATMの平日8:45〜18:00は手数料無料
三菱UFJ銀行カードローン 提携ATMは手数料無料
三井住友銀行カードローン 提携ATMは手数料無料
スルガ銀行カードローン 提携ATMは手数料無料
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 提携ATMは手数料無料

消費者金融から様々な銀行カードローンで、どのように返済時の手数料が発生するのか表にまとめました。

上の表を見て分かるように、銀行カードローンの多くは自行ATMに限らず、提携ATMでも手数料が発生しない場合が多くあります。

消費者金融は自社ATMであれば手数料無料になっているので、ATMの営業時間内に返済すれば良いです。

口座振替は返済日を忘れないオススメの返済方法

クレジットカードや公共料金の引き落としを、口座振替にされてる方は多く、引き落とされる時に手数料も発生しません。

カードローンの口座振替も同じように、返済時に手数料もなく、返済日になると自動的に引き落とされるので、返済日を忘れることはありません。

銀行カードローンで口座開設が必須のところは、カードローンを申し込む時に返済用口座となるのが一般的で、開設が必要ない銀行カードローンは口座振替は、口座開設しないと利用できません。

消費者金融の口座振替は、契約後に別途手続きをしなければダメですので、なかなか返済方法の主流にはなっていません。

さらに、通常であれば契約時に好きな返済日を選択できるのですが、口座振替を返済方法に選ぶと、あらかじめ決められている日が返済日になってしまうことがあります。自分には都合の悪い日でも、それは動かすことは出来ないようになっています。

約定返済と随時返済の返済方法の違い

WEB返済やATM返済は実際に返済する時のやり方になりますが、約定返済と随時返済の返済方法は「いつに返済するのか」という返済期日や返済サイクルのことを言います。

約定返済と随時返済の違い
  • 約定返済・・・あらかじめ決めた毎月の返済期日に返済する方法
  • 随時返済・・・利用者の都合で好きな日に返済する方法

毎月決まった日に返済する方法を「約定返済」と言い、約定返済だけでも最終的には借入金額を完済することは出来るようになっています。

指定できる返済期日はカードローン会社によって違いがあり、1ヶ月内で好きな期日を選択できるところと、「5日、15日、25日、末日」といった一定の指定日から選ぶところに分かれます。

あと、約定返済にも「サイクル制」と言われる返済方法があり、アイフルとアコムでは35日ごとに返済期日になる約定返済があります。

随時返済は、好きな日に返済できる自由度の高い返済方法になります。

しかし、随時返済だけ利用することは出来ないようになっており、約定返済で返済しながら随時返済で返済額を増やすという流れになります。

約定返済だけでなく「随時返済」も併せて返済すると、最終的な支払う利息を少なくすることが出来ます。

約定返済は、すべての返済方法が利用可能になっていますが、随時返済は「口座振替」では出来ないようになっています。随時返済をするには、提携ATMやWEB返済などの自ら返済を行う方法になります。

随時返済で利息を減らしたいのにも関わらず、提携ATMで手数料が発生しては意味がありませんので、随時返済する場合には、手数料に気をつけるようにしましょう。

ムダがない「利息を減らす」返済方法のコツ

お金を借りて契約通り返済していけば、カードローン会社から注意されることもなく、無事に借入を完済することは出来ます。

しかし、もっとムダをなくして利息を抑えて返済できていたかもしれません。カードローンの利息の計算は「借入残高×利用日数÷365日×金利」で算出されます。

計算式から利息を減らす返済方法は、下記の2つの方法に絞られます。

利息を減らす返済方法
  • 利用日数を短くする
  • 金利の低いカードローンに借り換える

随時返済で借入残高と利用日数を少なくする

借入残高と利用日数を減らす方法になるのが、約定返済だけをするのではなく「随時返済」も併せて返済することが有効な利息を減らす方法になります。

100万円を年15%で30日間借りていた時の利息は「12,329円」になりますが、5万円を返済するのと10万円を返済するとしても、利息の金額は変わりません。

10万円を返済したほうが借入残高へ充てられる金額が増えるので、早く借入残高が減ることになり、完済できるまでの利用日数も少なくなります。

約定返済は、基本的に「最低返済額」を毎月返済するだけですので、なかなか借入残高が減りにくいです。最低返済額以上の返済をするためには、随時返済を利用して追加で返済することになります。

追加で返済した金額がすべて借入残高から引くことになるので、大きな金額の随時返済をすれば、それだけ最終的な利息総額を少なくすることが出来ます。

金利の低いカードローンに借り換える

毎月の返済額をなかなか増やせないと思う方は、現在契約いているカードローンより、金利の低いカードローンへ借り換えることをすれば、利息を減らすことが可能になります。

年15%よりも年10%のカードローンの方が、100万円を30日間利用した場合の利息の差は「4,000円」以上変わることになります。

金利の低いカードローンは審査が厳し目になる可能性がありますが、返済をする上では最も効果的な利息を減らす方法になります。

注意

金利が低くなって毎月の利息の返済額が減っても、約定返済の最低返済額も減った場合は、利用日数が延びてしまう可能性があるので、支払う利息総額が変わらないケースもあります。

最低返済額が減って喜ばずに、借り換えをしても随時返済を併せて利用することが最も効果的になります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ