即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

総量規制の除外と例外~それぞれの違いは?

消費者金融などの貸金業者でお金を貸してもらう時に、住宅ローン・マイカーローンなどの目的ローンに比べると、比較的利用しやすくなっているのが、個人向け無担保融資である人気のカードローンですが、年収に関係して借り入れが出来る限度額の上限が法律で決められています。

それは「総量規制」というものですが、年収の3分の1を超える借り入れは出来ないといことに決められています。さらに、50万円を超える希望限度額には、収入証明書の提出が必要になります。総量規制の対象となるのが、消費者金融や信販会社などの貸金業者になります。

ですが、同じように銀行でカードローンを利用する時には、収入証明書は50万円~300万円を超える場合で、各金融機関によって違いますし、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。

それは、銀行カードローンは貸金業法の総量規制の対象外で、銀行自体が銀行業法で運営されているということです。

では、総量規制はその他の貸付に対して、すべて対象になるかというと、そうではありません。総量規制の「除外」「例外」となる貸付があります。

総量規制の除外項目

  • 土地・マイホームの不動産購入や改修資金の貸付(つなぎ融資も含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 手形の割引(融資手形を除く)
  • 不動産担保貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • NPOバンクからの貸付

総量規制の除外項目は、上記の内容になります。
皆さんが馴染み深い借入もあるでしょうが、あまり聞かれた事がない貸付もあります。

馴染み深い「住宅ローン」や「高額医療費」は除外

土地を購入したり、その土地に家を建てたりするときに、お金を借りる場合には、総量規制の除外項目になっています。土地や家を購入する場合は、多くの資金を用意しなければダメなケースがほとんどです。その額は数千万円以上にもなります。

高額な資金が必要なのに、年収は400万円や500万円ほどで総量規制の対象となってしまうと、ほとんどの方が住宅ローンなどの借入が出来なくなってしまいますよね。そのため、総量規制から除外されているわけです。これは、車を購入する場合にも同様のことが言えます。

あと、馴染み深い方も多いかも知れないのが「高額医療費の貸付」になっていますが、「何それ?」と疑問に思う方もいるはずです。
小さな病気や怪我であれば、病院窓口で支払う金額は3割負担で済むので、それほど大きな金額にはなりにくいので良いですが、大きな病気や怪我になってしまうと、そうはいきません。

3割負担といっても、医療費が100万円かかってしまうと、窓口支払いは30万円となってしまいます。ここで高額医療制度を使えば、70歳未満一般の方であれば、9万円程度の支払いで済むように、それ以上の金額は払い戻されるようになっています。

しかし、高額医療制度で払い戻される期間は3ヶ月程度かかってしまい、次の収入がある時までの生活が困窮してしまう場合があり、その時に活用する貸付である「高額医療貸付制度」は総量規制の除外になっています。

そもそも総量規制ギリギリの借入をしている方が、高額な医療を支払いすることが出来ないのに、総量規制の対象となってしまっていては、すごく支障をきたしてしまうためです。

総量規制の例外項目

  • 顧客に一方的に有利になる借り換え
  • 緊急での医療費の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
    配偶者貸付
  • 個人事業者に対する貸付

例外の代表「借り換えローン」

総量規制の例外で代表的なものとして、おまとめローンや借り換えローンといったローン商品ですが、現在複数社の借り入れがあり、金利がそれぞれ高く返済額が多い場合に、新たに現在の借り入れ残高を、一括返済出来る金額を1社から借り入れることです。

なぜ借り換えたり、ローンを1社にまめることが例外になるかと言うと、借入先が分散していると、1社ごとの借入金額は少なくなっていることが通常です。さらに、借入額が少ないと言うことは、金利は上限金利で契約されているのが通常です。

「借入総額は多く、金利は高い」というのはローンで一番最悪な状態にあると言えますが、それを1社にまとめると言うことは、借入総額は変わりませんが、1社の借入額は大きくなり金利は低くなるのが通常です。これが、金利自体が下がり利息が少なくなることで、最終的な元金と利息を合わせた総支払額が少なくなるので、債務者の一方的に有利になる借入になるので、総量規制の例外になります。

消費者金融は総量規制の対象となりますが、おまとめローンが目的の貸付なら、消費者金融でも融資が出来るので、プロミスアコムアイフルでも貸金業法に基づく貸付として大まとめローンをローン商品としています。

除外と例外の違い

総量規制の除外と例外は一緒と思われる方もいますが、気づいている方もいるはずですが、それは違います。

  • 除外・・・貸付残高に含まれずに貸付が行われる
  • 例外・・・総量規制の対象となり、貸付残高に算出されるが例外的に貸付を行われる

総量規制の除外と例外を簡単に説明するのは難しいですが、「除外」とは総量規制の除外項目の貸付けされる場合は、総量規制の貸付残高に計算されません。そもそも総量規制の対象から外れており、貸付けが行われて以降に、総量規制対象の貸付けも行える事も出来ます。

では「例外」とは、例外項目の貸付けを行う際に、例外的に、年収の3分の1を超える場合でも、返済能力があると貸付を行える。ですが、貸付自体は総量規制の対象となり、貸付残高に合算され、今後の総量規制対象の貸付は出来ない。

例えば、今までにカードローンなど総量規制の対象となる借入をされたことがない「年収300万円」の方が、住宅ローン2,000万円を借りたとします。その住宅ローンが、もし総量規制の除外ではなく例外となっていると、例外であれば、総量規制の対象であることには変わりませんので、次にカードローンなどで10万円でも借りようとしても、年収の3分の1以上は超えている状態ですので、カードローンなど契約することは出来ません。

総量規制の例外で借りたお金は、常に総量規制の対象になっているので、常に年収の3分の1の範囲内でしか借り入れが出来ないわけです。ですので、例外で借りれたお金にも関わらず、それ以降に総量規制対象のローンを借りようとしても無理になっていますので、注意してください。

難しい説明になってしまいましたが、かなり簡単に書くと、「除外」は総量規制と関係がなく、「例外」は総量規制の対象であるが、特別貸付が行えるというものです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ