管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンとは?〜特徴とメリット

メディアなどでもよく登場する言葉ですので、カードローンの事を知らない人はいないと思いますが、
「カードローンって具体的に何ですか?」と問われれば、言葉に詰まる方が多いのではないでしょうか?
「借金であることは分かるけど…」「ローンの一種だとは思うけど…」と、答えに窮してしまう事と存じます。

そこで、まずはカードローンについての説明をしていきたいと思います。

カードローンの概要

「カードローンとは?」と聞かれると、簡単に説明すると個人向けの無担保融資の事です。
個人向け無担保融資って何?となってしまいそうですが、お金を借りる際に担保を入れる必要がない、個人が利用することがメインとなる金融商品となります。

カードローンの無担保ローンとは違うものとしては、有担保ローンがあり、銀行融資や大口融資と言われるローン商品になります。

カードローンは、審査を行う場合に担保を入れないことになるので、審査基準が申込者個人の信用のみが判断基準となりますので、担保をとるローンよりも若干審査は厳しくなります。
つまり、あなたの信用に対して、「○○万円貸しても大丈夫」という判断によって、お金を貸してくれるわけです。

しかし、審査が厳しいからと言っても、あまり悲観することはありません。
若干、審査が厳しいだけで、高い審査基準が設定されているわけではありません。

申込条件にも書かれていますが、一般に定職に就き安定した収入があれば、基本的には審査は通りやすくはなっています。
定職と聞くと、正社員でなければダメだと考えてしまいそうですが、パートやアルバイトでも毎月安定して収入があると分かれば、十分に審査に通ることは可能になっています。

カードローンの特徴

カードローンの最大の特徴は「使用目的を限定されない」ことです。
つまり、借り入れたお金は何に使っても良いと言うことです。
フリーローンというローン商品もありますが、名前の通りで使用目的が限定されていないものです。
フリーローンの大枠の中に、カードローンがあると思えば簡単かもしれません。

例えば、教育ローンならば、教育目的以外への使用は厳禁ですし、自動車ローンも自動車関連の費用以外への使用は禁止されています。
このように、使用目的が限定されているローン商品を「目的ローン」と言います。

その点、カードローンの場合は目的を限定されずに、自由に使えると言うことです。

カードローンのもう一つの特徴は、契約した限度額の範囲内であれば、いつでも「借りる・返す」を行えることです。
借入残高などに応じて、毎月「5千円」や「1万円」の一定額を返済するのがカードローンの基本ですが、限度額内であれば、借入と返済は自由に行えます。

先程出てきたフリーローンがありますが、同じ使用目的を限定しないローンですが、カードローンと違うポイントとして、フリーローンは繰り返し利用できないということです。
これは案外大きなポイントで、お金が必要であると分かると、フリーローンに申し込み審査を受けて借りたり、返したりという作業は面倒なものです。
ですのでフリーローンは、契約した貸付額を口座に一括で入金されて、あとは返済していくのみの利用になります。

そういった意味でも、その時のお金が必要と分かれば、すぐにお金を工面できるカードローンは有効だと言えますね。

カードローンの返済の仕組みは、少し出てきましたが、借り入れたお金は一括で返済するわけではなく、借入残高によって決められている返済額を、毎月返済していく仕組みになっています。
カードローン会社によって多少変わってくることもありますが、これを「残高スライド定額リボルビング方式」などと言います。

例えば、借入残高50万円までであれば、毎月の約定返済額は5,000円で、借入残高が100万円までになると1万円になるなどです、
反対に、借入残高が減ってくれば、約定返済額が少なくなるという仕組みになっています。

カードローンのメリット・デメリット

最後は、カードローンのメリットとデメリットについてみていきましょう。

  • 契約しても使わなければ返済の必要なし
  • 審査無しで枠内で繰り返し使える
  • 繰り返し使えるので借金の認識が薄れる

カードローンのメリットは、審査に通り契約をすることが出来たとしても、カードローンを利用して借り入れを行わなければ、返済する必要性は出てこないので、万が一のために事前に契約することも出来ます。
フリーローンや目的ローンになると、希望する貸付額や使用目的を決めて申し込みをして、契約をすることが出来ると、希望していたお金は借り入れたことになります。
ですので、借り入れた翌月から返済がスタートしてしまうことになります。

使用目的が決めっているのであれば、フリーローンで契約しても良いのですが、目的がさほど決まっていない状態では、カードローンを契約するほうがメリットになります。

もう1つのメリットは、カードローンの特徴でも出てきました「限度額内で繰り返し使える」ということです。
使わなければ良いことにも繋がりますが、借り入れて完済するのも良いですし、さらに借り入れても良いので、その時の状況で使いやすいカードローンと言えます。
審査も、初めの申し込みしたときだけで良く、増額などを希望する以外に審査する必要はありません。

今まで紹介したメリットに付随するようなデメリットになりますが、利便性が高く、繰り返し審査もなく使えるカードローンですが、そのために借金をしているという感覚は、他のローンよりも薄くなりやすいというデメリットがあります。

銀行やコンビニのATMでお金を引き出す感覚で、すぐに借り入れすることが出来るので、お金が必要となると躊躇なく借りてしまう方も多いです。
感覚がマヒしてしまうと、多重債務などの借金地獄に落ちてしまう方も、後を絶ちません。

デメリットを聞くと、借金だからすぐに拒否反応を示す人は多いですが、初めでも紹介したようにカードローンは非常にメリットのある金融商品でもあります。

計画的に使えば、あなたにとって非常にプラスに働きますので、ぜひ頭ごなしに否定せずに利用を検討されることを推奨いたします。

まとめ

  1. カードローンは無担保融資の1つ
  2. 使用目的は限定されていない
  3. 契約した限度額内であれば、借り入れ・返済は自由

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ