管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

ノンバンクと銀行カードローンの違い〜それぞれのメリットとデメリット

ノンバンクと聞かれた経験がある方も多いとは思いますが、実際にノンバンクは何を指しているのでしょう?

バンクと言うと「bank」という英語で銀行という意味になりますので、ノンバンクと言われると「銀行では無い」という意味になります。

ノンバンクとされる貸金業者というのは、消費者金融・信販会社などになります。預金の預かりや為替などの業務はせずに、貸し付けなどの業務をメインにされているところです。

カードローンと言っても、ノンバンク系と銀行では特徴は違ってきます。ですので、カードローンはどこで申し込んで契約されても一緒とは言わずに、しっかり特徴を比較された方が、後で後悔する事はなくカードローンを利用出来ているかもしれません。

ノンバンクの種類

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社(信販系、流通系、交通系など)
  • リース会社

銀行以外のお金を借りれるところのことを指すことができるので、消費者金融をまず思い浮かべる方が多くなります。

消費者金融以外にも信販会社のカードローンも有名ですが、信販会社とクレジットカード会社は同じことを言いますが、カードローンを発行せずにクレジットカードのキャッシング機能でお金を貸す会社もあります。

流通系や交通系などと言われるクレジット会社です。

ノンバンク系カードローンの特徴

  • 審査時間が短く、融資実行までが早い
  • 口座開設が不要
  • 借入・返済の方法が多彩
  • 無利息期間を設けているケースがある
  • 総量規制の対象
  • 金利が高め

「ノンバンク=消費者金融」としてイメージすると、特徴を上手く捉えやすいと思います。しかし、消費者金融と信販会社のカードローンでは、特徴やメリット、デメリットに違いがあります。

消費者金融カードローン

実際に、私もカードローンの申し込みをして審査に通過した消費者金融ですので、1番馴染みのあるカードローンです。

消費者金融でよく見る機会があるのは、テレビCMや広告を出されている大手消費者金融でしょう。プロミスやアコムやアイフルは、特に見かける機会が多い消費者金融と言えます。

あとは、地域で営業されている中小の消費者金融もあり、違うところに出かけると、初めて見るところもあります。

消費者金融のメリット

  1. 審査や融資までのスピードが早い
  2. 借入方法・返済方法が豊富
  3. 審査基準が比較的低い

消費者金融の最大のメリットであり、一般的に皆さんがよく認識されているのが、審査のスピードが迅速なところです。審査が早いということに加えて、融資される時間もとても早く、即日融資が可能な消費者金融が多くあります。

  • ネット申込
  • 店頭窓口・自動契約機
  • 郵送・FAX・電話

消費者金融の申込方法は多彩で、自分に合った申込方法を選べるのが良いです。

最近の申込方法の主流は、インターネットを利用したネット申込となっており、わざわざ店頭に出向くことなく、申込を完了することが出来るようになっています。

さらに、契約をする場合も、そのままネット契約で済ませることが出来るようになっていることが多く、一度も店舗に行かなくても、借り入れや返済も出来るようになっています。

あと、プロミスやアコムやアイフルでは、街中の各所に自動契約機を設置しており、すぐにカード発行を希望したい場合は、自動契約機に出向いて発行出来るようになっています。

借入方法も多彩で、ネットから自分の口座に振り込み依頼が出来ます。多彩な借入方法の中でも、1番利用されているのは、コンビニや銀行などの提携ATMでの借り入れが多いでしょう。

返済方法では、大多数がカードローン会社の口座への銀行振込や、提携ATMからの返済が占めています。その後は、自動的に口座から引き落とされる口座振替が多いです。

現在、アコムとプロミスでは、対応しているインターネットバンキングから、返済出来るインターネット返済が出来ます。いつでもどこからでも、返済出来る大変便利な返済方法です。

消費者金融の審査が甘いわけではありませんが、他の銀行カードローンと比較してみると、審査通過率は高めに推移しています。

さらに、ある一定の安定した収入があれば、パートやアルバイトでも利用しやすいカードローンになっていますので、多くの方が利用しやすいメリットがあります。

消費者金融のデメリット

  1. 金利が高め
  2. 総量規制の対象

消費者金融のデメリットは、他の銀行カードローンに比べて比較的金利が高めに設定されているのが、デメリットになると言えます。

  • 貸付額10万円未満では年20%以下
  • 貸付額10万円〜100万円未満では年18%以下
  • 貸付額100万円以上では年15%以下
  • 参照:「利息制限法1条 利息の制限

利息制限法で貸付額の段階によって、上限となる金利が決められていますが、消費者金融の上限金利は18%ほどになっていることが多くなります。

そもそも、限度額10万円未満で契約することが少ないので、年18%の上限金利はギリギリのラインで高くなっています。審査の早さでは1番早く借りやすいというメリットもあるので、致し方ないでしょう。

あと、消費者金融は貸金業法の中で貸し付けを行っていますので、年収の3分の1までしか貸せない決まりの総量規制の対象となります。大きめの金額を借り入れる場合は、消費者金融は外さざるを得ないかもしれません。

ですので、比較的小口融資で早い借り入れを希望されている方に向いていると言えます。

信販系カードローン

信販系や信販会社と言われても、分からない方も多いと思いますが、「クレジットカード会社」と言われると分かりやすいかもしれません。

  • オリコ
  • セゾン
  • 三井住友カード
  • オリックス

クレジットカードは、皆さんがお買い物されるのに使いますので、今では1人で何枚も保有していることが多くなって、オリコやセゾンなど様々なクレジットカードを持っていると思います。

クレジットカード以外にも、信販会社はカードローンを展開している会社も多くあります。

信販系カードローンのメリット・デメリット

  1. クレジットカードにキャッシュ機能を付けやすい
  2. 金利優遇サービスがある
  3. 金利は消費者金融と同じか少し低いくらい
  4. 審査・融資時間が少しかかりやすい
  5. 総量規制の対象である

信販会社のカードローンという商品もありますが、1番皆さんが馴染みがあると思うのが、クレジットカードにキャッシング機能を付けるものだと思います。

カードローンが悪いわけではありませんが、わざわざカードローンを申し込みするのは、抵抗があるという方は多くいます。
しかし、クレジットカードにキャッシング機能を付けるのには、それほど抵抗がない方もいます。
クレジットカードを申し込みする時に、キャッシング機能に○を付ければ、審査に通過するとキャッシングが出来るようになります。

カードローンとキャッシングはそれほど差はないので、比較的簡単に申し込みが出来るメリットがあると言えます。返済方法も、クレジットカードを申し込む際に登録してある口座から、引きをとされる口座振替を利用することになりますので簡単です。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能の限度額は10万円〜50万円になっていることが多く、大きな限度額は設定されていません。その場合は、信販会社のカードローンの申し込みが必要になります。

次は、信販会社のカードローンについて書いていきます。

消費者金融のカードローンは、特別に優遇されるようなサービスは、さほどありませんが、信販会社のカードローンは、他にはないようなサービスが付いていることが多いです。

三井住友カード「ゴールドローン」では、毎月の返済に遅れがないのであれば、翌年の金利が引き下げられる金利優遇サービスがあります。最大で年1.2%の金利が引き下げられるようになっています。

オリックスVIPローンカードでは、オリックスグループのビジネスホテルやリゾートホテルの料金が特別価格になったり、レンタカーも料金が安くなるなど、他にはないサービスがあります。

三井住友カード「ゴールドローン」は、低金利の信販会社のカードローンですが、ほかは消費者金融とさほど変わらない金利となっています。融資される時間も、消費者金融ほど早くはなく、銀行カードローンよりは少し早いという感じになります。

ノンバンクと銀行カードローンの比較

銀行は返済用口座に、カードローンを利用する銀行の口座が必要になる場合が多く、口座開設が必須の金融機関も多いです。

しかし、消費者金融や信販会社のノンバンクでは、預金業務なども無いため、口座開設の必要もなくカードローンが利用出来るようになっています。

大手消費者金融に限らず、中小の消費者金融でも「無利息期間」を設けている場合が多くなっています。一定期間に完済や返済をする場合、その期間内の金利はゼロになるため、利息が発生しないというものです。

銀行カードローンの特徴

  • 金利が低い
  • 総量規制の対象外
  • 専業主婦でも借り入れできる
  • 審査時間が比較的長い

銀行カードローンの特徴は、ノンバンク系と逆と考えられる場合が多いですが、1つずつ紹介していきたいと思います。

金利が低い

銀行カードローンの最大の特徴でありメリットであるのが、金利が低めに設定されていることが言えます。いくつか理由はありますが、1つ目が審査が厳しくされていることで、貸し倒れが起きにくく、返済能力も十分にあると判断された方に貸し付けているという理由です。

もう1つが、銀行カードローンには保証会社を通して契約していることになっていて、実際に返済が長期に遅れて貸し倒れになってしまっても、銀行に対して保証会社が弁済してくれるようになっています。

ですので、銀行としては高い金利を取る必要もないわけです。

総量規制の対象外である

ノンバンク系とは違って、銀行カードローンは年収の3分の1を超える貸付も行って良いとされています。
ですので、大きな金額を借りたい場合には、銀行カードローンを選択される方が良いです。

例えば、年収300万円の方なら、消費者金融では100万円の限度額までしか認めてもらえませんが、銀行カードローンでは、十分に返済能力があると判断されれば、150万円の限度額でも契約できるケースはあります。

しかし、2017年ごろから、銀行カードローンが過剰貸付の要因などと言われるようになっており、金融機関によって、貸付金額を抑える動きも出てきています。

専業主婦でも借り入れできる

銀行カードローンでは、収入がない専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があると、審査に通ることも可能になっています。

ノンバンク系でも、配偶者に収入があれば貸付が出来るようになる「配偶者貸付」というものがありますが、「婚姻関係を証明する書類」「配偶者の収入証明書」「配偶者の同意書」など、提出しなければいけない書類が多く、主婦側も大変ですし、ノンバンク系自体が専業主婦への貸付を行わないようになっています。

審査時間が比較的長い

金利の項目でも書きましたが、審査を厳しくすることで金利を低く出来るメリットもありますが、厳しくするということは、審査に十分時間をかけることになります。審査時間は1日以上かかるケースもあります。

ですが、保証会社やグループ会社にノンバンク系を入れているおかげで、銀行カードローンでも早い審査が行えるようになっています。

あと、銀行カードローンには、口座開設が必要になる場合が多く、特に地方銀行などでは必須項目になっています。すでに、口座開設しているカードローンであれば気にする必要もありませんが、これから開設する場合にはそれだけの時間もかかってしまうので、注意してください。

ノンバンク系と銀行の金利と限度額

カードローンで主な金利と限度額をノンバンク系と銀行で比較してみます。

ノンバンク系の金利と限度額
金融名 金利 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
三井住友カード「ゴールドローン」 3.5%〜9.8% 700万円
銀行の金利と限度額
金融名 金利 限度額
三井住友銀行 年4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行 年2.0%~14.0% 800万円
三菱UFJ銀行 年4.6%~14.6% 500万円
イオン銀行 年3.8%~13.8% 800万円
住信SBIネット銀行 年0.99%~14.79% 1,200万円

ノンバンク系と銀行での金利と限度額の違いは、銀行カードローンの方が金利が低く限度額が大きいと、表を見ると分かっていただけると思います。

特に、店舗を基本的に持たない「ネット専業銀行」と言われる銀行は、さらに金利が低い傾向にあります。
表の中ではイオン銀行・住信SBIネット銀行があり、その他にもオリックス銀行やセブン銀行・じぶん銀行などもあります。

ノンバンク系と銀行カードローンはどっちがお得!?

ノンバンク系と銀行カードローンの違いは説明してきた通りですが、「違いがあるけど、どっちが良いの?」と疑問に思う方も多いと思います。お得になるのは、借り入れされる方の求めている条件や、その時の状況によって変わってきます。

  1. 早く借り入れたい
  2. 利息をなるべく抑えたい
  3. 周囲にバレないようにしたい
  4. 審査に自信がない

4つのシチュエーション別に解説していきます。

早く借り入れされたい方は消費者金融

審査の早さだけを見ると、やはり銀行カードローンよりノンバンク系に軍配が上がると言えます。1日や2日程度であれば、銀行カードローンでも十分に利用できる範囲ですが、口座開設なども考慮に入れるとノンバンクになります。

ノンバンク系でも消費者金融と信販会社を比較すると、消費者金融のほうが審査も早い場合が多いです。さらに、審査の結果が夕方などにずれ込んでも、消費者金融の多くは「自動契約機」などがあり、その場でカード発行が出来るので、提携ATMで借り入れできるようになっています。

利息を抑えるのは「短期」か「長期」の利用で変わる

カードローンの利用する目的が、少額で一時的な借り入れで、短期的に完済されるのか、大きな借り入れで長期的に返済していくのかで、ノンバンク系と銀行カードローンのお得は変わります。

「短期」で完済される場合、消費者金融がお得となります。理由は、無利息期間を利用することで、その期間の利息が発生しないように出来るわけです。

次の給料日に完済できるなどであれば、1ヶ月以内の返済になると思います。プロミスやアコムやアイフルでは、最大30日間の無利息期間があるため、実質利息が発生しない利用も出来ます。数カ月の利用期間でも、銀行の利息に比べても少なく出来る場合もあります。

「長期」で返済していく場合には、金利が低い銀行カードローンの方が、断然お得と言えます。長期利用は、利用額も多くなることが予想されます。

利息の計算は、借入金額と金利と返済期間を掛け合わせていくことになるので、なるべく金利を抑えたほうがお得と言えます。

周囲にバレたくない方は消費者金融

何処のカードローンを契約しても、バレるようなことは基本的にはありません。第三者にバレるような行為はしてはいけないようになっています。

カードローンを契約すると、自宅に電話連絡があったり、郵送物が届くようになります。初めの郵送物は、ローンカードや契約書類などがあります。封筒が開けられなければ、周囲にカードローンを利用しているということはバレません。

それでも郵送物や電話連絡を基本的になくしたい方は、カードレスローンの郵送物がないキャッシングをしている消費者金融が良いです。
主に「プロミス」「SMBCモビット」で、カードレスローンが利用できます。

審査・属性に自信がない方はノンバンク系

まず初めに、収入が無くて審査に自信が無い方は、そもそも何処のカードローンの審査でも通ることは出来ません。

安定した収入はあるけれど、比較的低い収入であったり、雇用形態がアルバイトなどの属性が低いとされる方は、消費者金融が良いと言えます。

審査は銀行カードローンより厳しくはなりません。
しかし、誰でも通るわけではありませんし、金利は多少高くなってしまうことは、頭に入れておいてください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ