管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

15時以降でも即日融資が可能な方法

前日の夜や当日の午前中に、当日にお金が必要になる事が分かっていれば、その時に即日融資可能なカードローンに申し込みをしていれば、条件が揃っていてよほどの事が無い限り、当日中に借り入れる事は可能です。
ですが、銀行の振り込みのに対応しているカードローンでも、平日14時や14時50分を過ぎてしまうと振り込みは翌営業日になってしまいます。

基本的な即日融資の流れ《振込融資編》

カードローンで即日融資を希望する場合は、審査の可否を関係なく考えると、時間に制約されていると言えます。
そのためには、スムーズな流れによってカードローンの申込を進める必要があります。

  1. なるべく午前中までに申し込む
  2. 審査開始
  3. 最短30分〜2時間程度で審査結果
  4. 必要書類の提出
  5. 契約完了
  6. 利用開始

消費者金融などの売りとしているのが、審査時間が早いということですが、「最短30分審査」や「最短1時間融資」と銀行カードローンと比べると、断然審査時間が短いと言えます。

「審査時間が短いんだったら、いつでも申し込めば良いのでは?」と考えてしまいそうですが、審査時間が短くても、必ず即日融資が可能とは言い切れません。

手持ちの銀行口座などに、即日振込で借り入れする時には、平日15時以降の振込は受け付けてはいません。
特別な条件などが揃っていない限り、どうやっても無理な時間帯となってしまいます。

それでも最短30分審査なら、午後に申し込んでも大丈夫と考えますが、申込者の条件や申込状況などによって、審査時間は延びてしまう可能性があります。
それを避けるためには、なるべく午前中までに申込を終えている方が安心は出来ます。

消費者金融の即日振込が可能になる時間
消費者金融 即日振込受付時間
プロミス 平日14時50分まで
アコム 平日14時30分まで
アイフル 平日14時10分まで
SMBCモビット 平日14時50分まで

大手消費者金融の即日振込受付時間のタイムリミットは「平日14時10分〜平日14時50分」の間になっていることが分かります。
他の消費者金融や、振込先がゆうちょ銀行などになると、平日14時までに即日振込が出来ない時間帯となる場合もあります。

自動契約機を利用《提携ATMで即日融資編》

「お金が必要になるのがお昼を過ぎてた」「今からカードローンを申し込んでも平日15時を過ぎてしまう」など、銀行振込の対応している時間帯を過ぎると、必ず即日融資が出来ないと考えてしまいそうですが、即日融資が不可能になるわけではありません

平日15時を過ぎたからと言っても、カードローンの審査自体が終わったと言うわけでなく、各カードローンサービスの審査をしている時間帯は夜の21時ぐらいまでされている事が多いです。
申込者が審査に通ることが出来て、無事に契約出来ると、その時から基本的には、お金を借り入れる事は可能になります。
しかし、銀行振込の時間は過ぎてしまったので、即日融資を諦める方も多いと思います。

平日15時を過ぎてしまった場合などは、ローンカードが直接発行される自動契約機や窓口を利用するようにしましょう。
ローン専用カードを利用すると、カードローン会社が提携している金融機関やコンビニなどのATMなどで、すぐにお金を引き出す感覚で借入することが出来ます。
自動契約機や無人契約機が営業している時間は、21時や22時までが大半ですので、仕事が終わった後などでも十分に行く事が可能なはずです。

まずはネット申込をするとスムーズ

直接利用したいカードローンの無人契約機に行くのも良いですが、そこで審査結果をされるまで時間を消化しなければいけません。
早い場合でも最短30分ですが、1時間以上かかってしまうことも多くあります。
時間に余裕がある方なら、その場で待つことが出来るかもしれませんが、仕事中に時間を割いて、無人契約機内で待つのは困難かもしれません。

ネット申込は、どこのカードローンでも24時間いつでも申し込みする事は可能ですので、まずは申し込みを済ませていて、審査を受ける形にしておくことが良いです。
その後、審査を通過出来れば自動契約機で15時以降でも、スムーズにカードが発行されます。

プロミスの自動契約機の流れ

即日融資が可能として有名なカードローンで、自動契約機があるプロミスで例として説明してみます。

  1. ネット申込を開始する
  2. ネット申込の入力項目で「来店」を選択
  3. 審査開始
  4. 在籍確認
  5. 審査通過後、契約機に出向く
  6. 必要書類の提示
  7. その場で契約。カード発行

プロミスのカードローンを申し込みをして、自動契約機で契約する場合には、ネット申込の記入項目の終盤で「WEB」か「来店」を選択することになります。
WEBを選択すると、ネット契約へ進むことになり、申込完了後に「書類提出のお願い」というメールが送られてくるようになっています。
メール内のURLから書類提出の流れに進むようになっています。

話を戻しまして、「来店」を選択すると、自動契約機か窓口に来店して契約する流れになるので、必要書類の提出はメールではなく、契約機や窓口に持っていくことになります。

必要書類を提出して不備がなければ、その場で契約してカード発行されることになります。
自動契約機に併設されているプロミスATMや、近くの提携しているコンビニATMや銀行ATMで、借り入れすることが可能です。

21時を過ぎると借入方法は限られる

初めてカードローンを契約される方ではなく、以前からカードローンの契約を済ませている方の中で、カードを持っている方は21時を過ぎても提携ATMなどでお金を借り入れることは可能です。

ですが、契約は終わっているけどカードが届いていない契約者や、新規契約者の場合は、提携ATMで借りることは出来ません。
そうなると振込融資を利用することになりますが、原則平日15時以降は対応出来ません。

上でも紹介した自動契約機でカード発行されていると良いのですが、自動契約機の営業時間も21時までが多く、それ以降のカード発行は出来ない状態です。

条件を満たせば平日15時以降も振込可能

振込で借り入れるネットキャッシングは、振込依頼の受付は24時間対応していても、やはり即日振込の受付時間は14時前後で、殆どのカードローンは終了してしまいます。
これは、何度も説明しているので、耳が痛いかもしれませんが。

近くにカード発行できる自動契約機や窓口がないけど、それでも平日15時以降でも振込で借り入れたい方も多いはずです。

プロミスとアコムであれば、手持ちの口座は決められたものに限りますが、原則24時間365日で振込がすぐに実施されるようになっています。

24時間振込融資が可能な口座
プロミス ジャパンネット銀行or三井住友銀行
アコム 楽天銀行

平日だけに限らず、土日祝日でも対応している銀行口座であれば、プロミスでは「受付完了後10秒程度」、アコムでは「受付完了後1分程度」で振込実施がされます。

アコムで初めての借り入れなら時間延長

アコムを契約をして、初めて借り入れする時に、振込融資を受ける場合、平日15時以降になっても振込がすぐに行われる、嬉しいサービスがあります。
振込依頼受付時間は平日18時まで延長されることになり、振込実施される時間は「当日19時まで」となります。

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

楽天銀行は24時間振込が出来るので、それ以外では3つの金融機関の口座であれば、時間延長サービスを受けることが出来ます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ